【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
ブログ運営

もしもアフィリエイトのメリット10つ・デメリット2つを徹底解説!

 

ブログを収益化する上で大事なのがASPの選定。

ASPは小さいところも入れると本当にたくさんあるので悩みますよねー!

そんな中、僕がブログを始めた時から愛用しているのがもしもアフィリエイト

大手のA8とかクローズドASPも使っているんですが、結局一番お世話になっているのはもしもアフィリエイトです。(※個人ではもしもアフィリエイト使っているんですが、会社では広告主としてバリューコマースにお世話になっています笑)

そんなもしもアフィリエイトのメリット・デメリットについて、この記事では徹底的に紹介していきたいと思います!

 

もしもアフィリエイトとは

もしもアフィリエイトとは、アフィリエイト案件で広告主と媒体主をつなぐ広告代理店です。

いわゆるASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれるやつですね。

大手のA8やバリューコマースと比較すると知名度もそれほど高くなく案件も少ないのですが、ブログ始めたての初心者ブロガーにはオイシイASP。

ASPって法人とがっつり組んでいるところが多かったりするんですが、もしもアフィリエイトは個人に優しい個人に特化したASPです。

また、Amazon・楽天などの物販アフィリエイトメインであればもしもアフィリエイトが割とオススメです。※理由は後述

さらにさらに代表の実藤さんが元アフィリエイターのため、アフィリエイターの気持ちが分かるサービスに仕上がっているんですよね!

初心者アフィリエイターがつまずきそうなところに上手くサポートが入っている!

実藤さんのインタビューはこちらに載っていますので是非見てみてください!

もしもアフィリエイト実藤社長インタビュー

 

もしもアフィリエイトのメリット10つ

それでは早速もしもアフィリエイトのメリットについて見ていきましょう!

 

振り込み手数料が無料

これ意外と嬉しいんですよねー!結構稼げるようになるとあまり気にならなくなりますが、最初のうちはかなり大きい。

5000円の成果金額に対して500円とかかかったら10%も取られていることになりますからねー!

これが初心者には非常に嬉しい点です!他のASP各社は基本的に手数料がかかってきます。

 

1000円から振り込み可能

もしもアフィリエイトでは、1000円から振り込みが可能になっています。

他のASPさんは5000円からじゃないと振り込んでくれないことがほとんどなのですが、もしもアフィリエイトであれば少額からでも振り込んでくれるのは嬉しいですね。

また振り込み先を住信SBIネット銀行の口座にすれば1円からでも振り込んでくれるんです!

最初の方は成果金額も少額なので、ちょっとしたお金でも振り込まれるのはめっちゃ嬉しいですよねー!

初めて成果が発生してよっしゃー!ってなってるのに全然振り込まれない・・・という事態は避けることができます。

ただ、振り込むまでの期間がだいぶ長いというデメリットはあるんですが・・・

 

アマゾンアフィリエイトへの審査が通りやすい

アマゾンアフィリエイトへの審査が通りやすいです。

結構アマゾンアフィリエイトに直接審査を出すと通らないんですが、もしも経由なら比較的通りやすいです。

僕自身別のサービスを運営していた時、アマゾンアフィリエイトの審査落とされまくったのですが、このブログはもしもアフィリエイト経由にして1発で審査受かりました。

手っ取り早くアマゾンアフィリエイトやりたいならもしもアフィリエイトはオススメですね!

始めたばかりで、アマゾンアフィリエイト審査通そうと躍起になるけど通らなくてガツンと落ち込むパターンあるのですが、もしもアフィリエイト経由ならそんな悩み必要ありません!

 

W報酬制度

報酬に対して10%のプラスがある!というかなりお得な制度。

しかし、このサービスAmazonアフィリエイトと楽天アフィリエイトには適用されないんですよね・・・

ほとんど物販アフィリエイトのAmazonアフィリエイト・楽天アフィリエイトで収益あげているのであまり恩恵を受けていないのですが、非常に嬉しいサービスであることは間違いないですね!

 

プレミアム報酬制度

プレミアム報酬制度という制度があります。

頑張って成果を出したご褒美みたいな感じで成果金額が基準を超える度に報酬がもらえます。

がっつり稼いでいるアフィリエイターさんにとっては魅力的ではないかもしれませんが、最初のうちはちょっとした報酬でも嬉しいですよね。

実はもしもアフィリエイトにはサイトオーナーランクというのがあって、そのランクに応じて、もしもプレミアム報酬の多さも変わります。

 

かえればの管理人「かん吉」さん激押し

わかったブログの運営者であり、かえればリンクの管理人である「かん吉」さん激押しのASPです。

そのため、もしもアフィリエイトからのかえればリンク作成は非常にスムーズに行えます。

かえればリンクを使えば、アマゾンや楽天のアフィリエイトリンクが非常に綺麗に作れますよー!

かえればのサイト上で、もしもアフィリエイトの特単案件の紹介もあるので参考にできますしね笑

 

自動マッチング

個人的にはあまり使ったことはないのですが、自分の作成した記事に相性の良い案件を自動でマッチングしてくれます。

これにより、自分が気付かなかった潜在的なアフィリエイト案件を獲得することが可能です。

 

メールでレポーティングがくる

成果が発生・承認される度にメールでレポーティングがされる設定にできます。

成果を確認するのは楽しみですが、わざわざサイトに行くのも面倒なのでメールでレポーティングしてくれるのはありがたいですね。

メールの成果報告で毎日一喜一憂してます笑

 

案件別の成果が透明化

案件別に成果発生率やEPC(Earnings per Click)を見ることができます。

これによって、どのメニューの効率が良いかを確認することが可能です。

 

日本アフィリエイト協議会の正会員

もしもアフィリエイトは日本アフィリエイト協議会の正会員になっています。

アフィリエイト業界の健全な発展に貢献している由緒正しきASPということが証明されているんですね。

 

もしもアフィリエイトのデメリット2つ

ただもしもアフィリエイトも良いことばっかりじゃありません。

 

案件の少なさ

はい。案件は確かに少ないです。

これ紹介したいなーと思ったときにもしもアフィリエイトで探してもないことがほとんど。

まあ、正直そういう特定案件は別のASPさんを使えばいい話なんですけどね!

僕は、基本もしもアフィリエイトを使っていて、特別な案件に関してはA8を使っています。

 

支払い期間の長さ

これは割とネックですね。

支払い期間がめちゃくちゃ長いです。

やったー!成果発生だー!と喜んだものの

それが承認されるのが約1か月後、そして承認が確定した金額が月末締めでその翌々月末に振り込まれます。

そのため最短でもお金が振り込まれるのは成果発生から3か月くらいは見ておいた方が良いでしょう。

個人でちょこちょこやっている分には良いですが、出ていくお金もそこそこ大きい法人となるともしもアフィリエイトの支払い期間では資金繰りが悪化する可能性が高いです。

そのため、法人アフィリエイト会社はもしもアフィリエイトを使っていないのでしょう。

逆に、もしもアフィリエイトはこの支払い期間の長さを使って、キャッシュコンバージョンサイクルをマイナスに保っています。

キャッシュコンバージョンサイクルとは顧客から代金を回収するまでの期間です。これがマイナスだと常に自社にはお金が存在する状況になり、様々な投資などに使うことができます。

そんな仕組みがあるからこそ、初心者に嬉しい様々な仕組みが実現できているんですけどね!

 

※ちなみに楽天アフィリエイトの紹介率が低いというデメリットをあげる方がいますが、そのデメリットは2017年に解消されています。

※また、楽天アフィリエイトは2019年にカテゴリー別の紹介率制度に移行する可能性が高く、もしもアフィリエイト内でもAmazonと同様の待遇になることが予想されます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここで、もしもアフィリエイトのメリット・デメリットをまとめておきましょう!

 

 

 

もしもアフィリエイトは最初に使うASPとして最適であり、オススメです!

慣れてきて色んな案件に手を伸ばしたくなってきたら、A8など大手ASPを使うと良いでしょう!

是非もしもアフィリエイトを使ってみてくださいねー!

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。