【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
キーン

KEEN(キーン)シャンティの魅力と注意点【元アウトドア店員が教える】

 
こんにちは!
元アウトドア店員のウマたんです!
 
この記事ではKEEN(キーン)から展開するオススメのサンダル「シャンティ」の魅力と注意点についてご紹介していきたいと思います!
 
キーンのサンダルはどれも履きやすくてオススメなんですが、シャンティは特にクッション性が抜群で、長時間履いても疲れない!
 
ウマたん
ウマたん
履き心地の良さでは、他のキーンサンダルに勝るんだよ!
ニューポート、UNEEK、ヨギの裏に隠れがちな「シャンティ」ですが、ファンの多いコンフォートなオススメサンダルなんです!

KEEN(キーン)のサンダル

 

KEEN(キーン)は2003年にアメリカのオレゴンで立ち上がった新しいブランド!まだ出来てから15年程しか経っていないんですね!

しかし、キーンの勢いは物凄い!創業と同時に発売されたニューポートは新たなサンダル市場を創り出し大ヒット!

最近では、ユニークという革新的なサンダルを発売し、これまた大ヒット!常に挑戦心を忘れずに躍進し続けています!

キーンのサンダルは、従来のサンダルの常識を覆す革新的なタイプが多く、どれを履いてみても驚きます。

機能性と履き心地が融合し、アクティビティでもタウンユースでも使えるハイブリッドサンダルが多い。もちろんタウンユースに特化したレザーサンダルとかも販売してますけど!

そんなキーンの中でも脚光を浴びずに地味な存在として映るのが今回紹介する「シャンティ」。「シャンティ」は最近のシリーズではなく結構前からあるタイプ(いつからあるんだろう・・・?)。

話題になるサンダルではありませんが、コアなファンが多い履き心地抜群のサンダルなんです。

そんな「シャンティ」の魅力について見ていきましょう!

シャンティの魅力

 
シャンティの魅力はたくさんあります!具体的に見ていきましょう!

クッション性抜群のEVAフットベッド

シャンティは、足裏と接するフットベッドと呼ばれる部位にEVA素材のフットベッドを用いています。そのため、非常に足当たりが良くクッション性抜群。長時間履いても疲れません。
 
キーンが展開しているサンダルの中でも最上級のクッション性です(リアルトには負けるかな・・ぐらい)。
 
一度履くと、その履き心地に夢中になってしまうこと間違いなし!

価格が安い

シャンティは、キーンの展開するサンダルの中で最も安いタイプ。
 
キーンのサンダルは、サンダルなのに1万円近くするものがほとんどなので、なかなか手が届かない。
 
しかしシャンティは5000円前後で購入することが出来るのでお財布にも優しいんです。
 
コスパを考えるとキーンのシャンティは最高ですよ!

品質の良さ

シャンティは一つ一つ手作りで丁寧に作られます。
 
そんな製造の工程を見てみると人の手がしっかり入っていることが見て取れます!
 
工程には大きく分けて型を作る作業工程とプリント柄を貼り合わせる作業工程があります。
 
型作り

1.まずは靴の原型となる金属製の金型を作ります。最後の仕上げには、職人の手作業が必要となります。
2.完成した金型は非常に精巧な作りで、大きさは実際の靴の半分くらいです。これにEVA原料を射出、発泡させ、金型から外すと靴の原型が出来上がります。
3.出来上がった靴の原型は発泡により、靴のサイズよりも大きくなっています。これに足の形になっている木型を入れ、発泡の収縮を利用して、木型にフィットさせます。両足のサイズが合っているかの確認を、1足1足作業員がチェックします。

 
プリント貼り

1.プリントしない箇所にマスキングテープを張り付けます。
2.プリントフィルムをアッパーに熱圧縮させます。
3.取り付けられているマスキングテープを丁寧に取り外しプリントの出来栄えをチェックし、はみ出しなどを丁寧に補修し、完成!

 
やはり人が一つ一つ丁寧に作っていることが分かると大切に履きたいという気持ちになりますね。

カラーの種類が豊富

定番のブラック・ホワイトカラーに対して、カラフルなプリント加工を施したシャンティアーツというタイプが毎年違うカラーで登場します。
 
翌年は購入できない可能性が高いので、好きなカラーが出たら早めに購入しておくことをオススメします!
 

シャンティを購入する上で注意しておくべきこと

 
シャンティを購入する上ではいくつか注意しておくことがあります。

サイズ感が難しい

一つ一つ人の手で作っているため、同じサイズでも若干アーチの高さが違うということが起こり得ます。甲高の人は要注意。
 
そのため、実際にサイズを合わせてから購入するか無料返品可能なオンラインショップで購入することをオススメします。

デザインによって価格が違う

シャンティはデザインで値段が変わります。
 
単色なプリントと比べて、オシャレなグラフィックプリントを施した場合500円高くなります。
 
どれも履き心地は変わらないのでデザインで選ぶと良いでしょう!
 
先ほどもお伝えしましたが、基本的に定番タイプは毎年登場しますが、アーツの特別カラーはほぼ毎年変わるので、気に入ったデザインがあればなるべく早く購入することをオススメします。

シャンティ

【価格】 5300+税
【履き心地】
【オススメ度】
やはり、シャンティの魅力は安さと履き心地の良さ
 
1足持っているとちょっとした外出に重宝するのでオススメです!
 
同じくキーン定番サンダルのヨギとよく比較されるのですが、シャンティとヨギの違いは軽量さと耐久性。シャンティの方が軽いですが頑丈さはヨギに劣ります。
 
そのため、ちょっとした外出や室内履きにはシャンティの方がオススメ!個人的にはシャンティの方が好きです。
 
こちらのシャンティアーツも色んなデザインがあって可愛い!
 
ウマたん
ウマたん
是非自分に合ったタイプを見つけてくださいね!

まとめ

シャンティの魅力が伝わりましたでしょうか?少しでも参考になれば嬉しいです。
 
最後にシャンティの魅力と注意すべきことをまとめておきます。
 

■履き心地抜群
■価格が安い
■品質が良い
■カラーの種類が豊富

■サイズ選びに注意!
■デザインによって価格が変動!

キーンが展開する他のサンダルはこちらにまとめているので良ければご覧ください!
 
あわせて読みたい
アウトドア店員がおすすめするKEEN(キーン)のサンダル20選の評価とランキング!  こんにちは! 都内のアウトドアセレクトショップで5年間ほど働いていたウマたんです!   夏になるとサンダルを使うシーンが多く...

 

ABOUT ME
ウマ
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。