【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
豆知識

元アウトドア店員が教える”滑らない靴の選び方”とオススメシューズ

こんにちは!元アウトドア店員のウマたんです!

アウトドアショップで働いていると、

滑らないと言われたのに滑るんですけど!

とかいう話をよく聞きます。

正直、

”滑らない!”

”グリップ力最高!”

と謳った靴が多すぎるんですよねー!

でもこれって嘘ではないんですけど、お客さんの求めている”滑らない”とは違うことが多いんです。

”山登りなどで滑らない”

”濡れた路面で滑らない”

”凍った路面・積雪地帯で滑らない”

は機能が違うのでそこを間違えて使用してしまうと、

滑らないと言われたのに滑るんですけど!

となってしまいます。

そこで、この記事では元アウトドア店員として、滑らないのメカニズム・勘違いをお話した後に、オススメの靴を紹介していきます。

なぜ滑らないと謳った靴が滑るのか(濡れた路面)

一番よくあるのが、トレッキングシューズを雨の日、街で履いていたらめちゃくちゃ滑ったというもの。

これ実は結構当たり前だったりするんです(濡れた路面で滑りにくいように工夫されたトレッキングシューズもあります)

トレッキングシューズは、山のゴツゴツしていて足場の悪い場所でいかにグリップ力を発揮し、滑りにくく疲れにくい歩行をサポートできるかがキモになっています。

そのため、街の平らな路面での歩行は前提とされていないことが多いのです。

ゴツゴツした路面でグリップ力を発揮するために、トレッキングシューズはアウトソールがゴツゴツしています。

アウトソールのゴツゴツをラグと呼ぶのですが、ラグパターンが複雑でかつラグが深いものが多い。

そうすることで、足のゴツゴツと靴のゴツゴツが噛み合い滑らないようになっているのです。

例えばここで平らなスニーカーを履いたらどうなるでしょうか?

そもそも滑るというのは摩擦が少なくてツルっと滑ってしまうというもの。

だから、平らなソールとゴツゴツした路面では接地面積が小さく、摩擦が少なくなり滑りやすくなってしまうのです。

だから山ではゴツゴツのアウトソールで上手くゴツゴツ面を噛むように設計されたトレッキングシューズを履くべきなのです。

ここまでは、なんだよそんなの分かりきったことじゃないか!という感じかもしれません。

 

さてそれでは、このトレッキングシューズを平らな路面で使うとどうなるでしょう?

そう、トレッキングシューズはアウトソールがゴツゴツなので平らな路面で使うと接地面積が小さく・・・

滑りやすくなってしまうのです!!

まさに山でスニーカーを使うのと同じような状況!

これが意外と落とし穴なんです。

だからなんでもかんでもトレッキングシューズは滑りにくいと信じて街で使うと、あれ?なんでこんなに滑るんだ!?となってしまうわけです。

接地面積が小さいほど滑りやすくなるということを覚えておいてください。

トレッキングシューズを街で使うのは山でスニーカーを使うのと一緒

濡れた路面でも滑らない靴

さてそれでは、街ではどんな靴を履くべきなのでしょうか?

なるべく接地面が多い平らなアウトソールの靴を履くべきでしょう。

素材によって摩擦係数が違うのでできるだけ摩擦係数の高いラバーグリップなどを使った靴の方が滑りにくいです。

また、メーカーによっては特別なスタッドレスタイヤのようなサイピングという切れ込みを施した靴が存在するのでそちらを使ってみるのも1つの手ですね。

思いつく滑らない靴を挙げていきますね。

どうしてもアウトドアショップで扱っていたブランドに偏ってしまうのでご容赦ください。

メレル カメレオン

こちらのカメレオン(メレル)は当時滑りやすすぎると多くの批判を受け、そこから改良を重ねて今の滑りにくいソールが誕生しました。

アウトソールにはサイピングと呼ばれる細かい切れ込みが入っておりスタッドレスタイヤと同じ要領で滑りにくくなっています。

カメレオンシリーズはこちらの記事でまとめていますので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
カメレオン7ストームが新登場!?メレル「カメレオン」シリーズの履き心地と評価!  こんにちは! 元アウトドアショップ店員のウマたんです!    そんな方にオススメしたいのが、トレッキングシューズからタウ...

キーン ジャスパー

キーンのジャスパーは大人気コンフォートシューズ。

トレッキングシューズではなく、街歩きも前提としたコンフォートシューズなので、アウトソールの接地面が広く、他のトレッキングシューズと比べて滑りにくいです。

カラーも豊富で、普段使いからキャンプ・フェスまで重宝されているアウトドア界の大人気シューズです。

ジャスパーに関してはこちらの記事でまとめています。

あわせて読みたい
KEEN(キーン)「ジャスパー」の評判と魅力にアウトドア店員が迫る!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマたんです!   今回は、KEEN(キーン)の大人気シューズ「ジャスパー」そ...

なぜ滑らないと謳った靴が滑るのか(凍った路面)

さてさて、濡れた路面で滑らない靴は分かりました。

しかし・・・さらに問題が生じるのが、凍った路面!

凍った路面では普段滑りにくいと謳った靴もパフォーマンスが下がり滑りやすくなってしまうことがあります。

雪面だと接地面の温度は氷点下。ソールが硬化し、普段のパフォーマンスが発揮できないことがしばしば。

だから滑らないはずのシューズでもあれ?となることがしばしば。

普通のトレッキングシューズなんて、凍った路面に使ったらもうツルンツルンですよ!笑

凍った路面でも滑らない靴

そこで、雪面では硬化しないような特別な加工がしてある靴を履くのがオススメです。

もちろん先ほどご紹介したメレルのカメレオン等も滑らないのですが・・・やはり本気で滑らない靴を選ぶなら特殊な加工がされている靴を選ぶのが吉ですよね!

そこでここではそんな特殊な加工がされている靴を2つほど紹介しておきたいと思います。

メレル ジャングルモックアイスプラス

これこれ!最強のウィンターシューズ!最強に滑らないシューズ!

メレルのアイスプラスシリーズです。

ビブラム社が作り上げた、凍った路面で最大のグリップ力を発揮する画期的なアウトソール”アークティックグリップ”を搭載しています。

ここではジャングルモックだけ取り上げますが、他にもトレッキングシューズなどいくつかのタイプに導入されています。

是非、騙されたと思って試してみてください!本当に滑らないから!

アークティックグリップに関してはこちらの記事で詳しくまとめているので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
メレルのアークティックグリップ搭載のアイスプラスブーツが最高!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 雪が降ると怖いのが滑って転倒。それで怪我なんてしたらたまったもんじゃありません。 ...

ノースフェイス スノーショット6

やはり冬のシューズと言えば、ノースフェイスが強いですねー!

こちらのスノーショットは、雪面でもパフォーマンスが衰えないような特殊な素材を使ったアウトソールになっています。

とは言え、さきほどのメレルアイスプラスほどのグリップ力はありません。

しかし、こちらでも十分適応可能です。暖かいし防水だし軽いし、それでもって安い!

スノーショットに関してはこちらの記事でまとめています!

あわせて読みたい
ノースフェイスの冬ブーツ「スノーショット」の履き心地が最高なのでレビューする!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 だんだんと冬が近づいてくると気になるのが防寒対策。 まして雪なんて降った日には対策...

滑らない靴の選び方 まとめ

いかがだったでしょうか?

滑らないはずなのに滑る・・・

そこにはいくつかの罠があったのでした。

ポイントをまとめたのでご覧ください!

・トレッキングシューズはタウンユースで使うと逆に滑りやすいことが多い

・雨の日は接地面が広い靴かサイピング加工された靴を使う

・冬は硬化しないアウトソールの靴を使う

これらのことを意外と知らず、トレッキングシューズは滑りにくいもの!と勘違いしタウンユースで履いている人が多いので注意しましょう!

 

ABOUT ME
ウマ
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。