【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
おすすめ商品まとめ

ベアフットシューズは裸足感覚で履けて体にも良い!?ランニング用からサンダルまで!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたんです!

みなさん普段どんな靴を履いていますか?最近の靴は、基本的に靴底が厚くてクッション性が良いタイプが多い。

しかし、その全く真逆の仕様で大人気のシューズがあるんです!

その名も

「ベアフットシューズ」

この記事では、普通の靴とは一線を画したシューズであるベアフットシューズについて見ていきたいと思います!

ベアフットシューズとは

ベアフットは裸足という意味。

すなわち、ベアフットシューズは裸足の感覚で履けるシューズ!

普通だと数㎝あるソールですが、ベアフットシューズは、数㎜しかありません。

ソールが非常に薄くて平らなため本当に裸足で歩いているような感覚に包まれます。

ウマたん
ウマたん
普段かかとのクッション性が高いスニーカーを履いているとベアフットを履いた瞬間に物凄く違和感を感じるはず!

ベアフットシューズの魅力

正直ベアフットシューズの良さを伝えるのは難しい!履いてもらうと分かると思うんですが、最初は違和感でしかないです。

ただ、その違和感の中に秘められた魅力があるんです!ベアフットシューズの魅力について見ていきましょう!

履き続けるとむしろベアフットの方が履きやすくなる

人間は、靴が存在する以前は外でも裸足で歩行していました。だから、もともと人間は裸足の方が歩きやすいように出来ているんです。

しかし、物心ついた時からかかとの高い厚底の靴ばかり履いていたため、それに慣れてしまいどうしてもベアフットには違和感を感じてしまいます。

ただ、それを乗り越えるとむしろベアフットシューズの方が履きやすくなるんです。

普段使わない筋肉を鍛えてくれる

普通のシューズは、かかとから地面に着地するのですが、ベアフットシューズは前足から着地します。

そのため普段使わない筋肉が鍛えられ、足裏だけでなくふくらはぎや太ももの刺激します。

女性で美脚を作るためにベアフットを履く人もいますし、ランニングで長距離の負荷に耐えられる足を作るためにベアフットを履く人もいます。

ベアフットのデメリット

ただベアフットのデメリットも十分あります。

クッション性がないので最初は疲れる

正直、慣れるまでは疲れます。そして逆にベアフットに慣れた後に普通のシューズ履くと違和感を感じるっていうね!笑

身長が低くなる

そりゃあソールが薄いので身長は低くなりますよー笑

最近のスニーカーとかアウトドアシューズって、普通のタイプでもかかとが3㎝ほどあったりするので、、それと比べるとやはりベアフットは身長が低くなってしまいますよねー。

オススメのベアフットシューズ

ベアフットシューズの魅力とデメリットを見てきました。続いてはオススメのシューズについて見ていきたいと思います!

メレル ベアアクセス フレックス

【価格】 10000+税
【オススメ度】

メレルはベアフットシリーズの先駆者であり様々なベアフットシューズを展開してきました。

こちらのベアアクセスフレックスは、そんなメレルの最新ベアフットランニングシューズ。

軽くて屈曲性も高く、ランニングシューズとして最適です。かかとからつま先までの高低差がない0㎜ドロップという設計になっていますが、ソール自体の厚さは多少あります。

メレル ベアアクセス フレックス ニット

【価格】 16800+税
【オススメ度】

ベアアクセスフレックスニットは、元々メレルから展開していたベアアクセスフレックスのアッパーを3Dニットと呼ばれる縫い目のない靴下のようなモノに変えたシューズです。

普通のタイプよりも履き心地がさらに良くなっています。

ベアアクセスフレックスに関してはこちらの記事に詳しくまとめています!

あわせて読みたい
メレル2018年春夏新商品”ベアアクセスフレックスニット”の履き心地と評判!  こんにちは!   今年2018年の春夏に販売されたメレルの新商品ベアフレックスニットの履き心地が最強に良かった!!!   ...

トレイルグローブ ニット

【価格】 16800+税
【オススメ度】

先ほどのベアアクセスシリーズは、メレルの定番ベアフットシリーズであったジャングルグローブとは違う設計になっていますが、こちらのトレイルグローブ ニットはジャングルグローブと同じアウトソール・ミッドソールを用いています。

ウマたん
ウマたん
ビブラムソール搭載!

ジャングルグローブの履き心地が懐かしい!という方にはオススメします!

メレル ジャングルグローブ

【価格】 13000+税
【オススメ度】

メレルの定番ベアフットシューズであるジャングルグローブ。

見た目は少し窮屈そうですが、履いてみると意外と足幅もあって履き心地抜群。

これまで紹介してきたトレイルグローブなどと比べてさらにソールが薄くなっています。

今までのシューズはどちらかというとランニングなどに用いられるシューズですが、ジャングルグローブは街歩きに使われるウォーキングシューズ。

メレル ジャングルグローブ スムース

【価格】 14000+税
【オススメ度】

ジャングルグローブ スムースは、通常のジャングルモックを表革レザーにしたタイプ。

少しフォーマルなシーンでも履けるかな?

ジャングルグローブシリーズはこちらに詳しくまとめています。

あわせて読みたい
元アウトドア店員がメレルのジャングルグローブを評価してみたこんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです! 普段何気なく履いているスニーカー。 クッション性が良く、長時間履いても疲れにくいの...

ただ・・・ジャングルグローブめっちゃ履きやすくて人気あったんですが、現在廃盤・・・復活しないのか・・・

キーン クリアウォーターCNX

【価格】 12000+税
【オススメ度】

こちらは、ベアフット感覚のサンダル!サンダルというとそもそもどれもソールが薄くてベアフットのように思えるかもしれませんが、ベアフットはただ薄いだけではないんです。

しっかり人間の足型に合うように人間工学的に設計されていながら薄くなっているのがベアフット。

キーンのサンダルはどれもソールが厚くてクッション性が高いんですが、このクリアウォーターCNXはベアフット仕様でソールが薄い。

耐久性が高くしっかりした作りだけどソールが厚いのは嫌だ!という方にはこちらのクリアウォーターCNXをオススメします!

ビブラム ファイブフィンガー

ビブラム社の最強ベアフットシリーズ「ファイブフィンガー」

その名の通り、5本の指をしっかり使って歩行することになるので、ただのベアフットでは鍛えられない筋肉の使い方をすることになります。

もちろんビブラムソールですので、耐久性も問題なし。

夏仕様のタイプから防寒シリーズまでたくさんのシリーズが展開しています。

ビブラムソールに関しては以下にまとめています!

あわせて読みたい
ビブラムソールの魅力とオススメシューズ7選こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 ビブラムソールという特別なソールを知っているでしょうか? トレッキングシューズ...

ビブラム フロシキ

ビブラム社のファイブフィンガーに続く、新たなベアフットのスタイル。

ウマたん
ウマたん
本当にビブラム社は面白いコンセプトのシューズを出すよねー!

その名の通り、風呂敷のように広げた生地に足を包み込み、足全体を巻き込むようにテープで止めたら完成。

まとめ

ベアフットシューズは、なかなか最初の取っ掛かりが難しく履いてみるとやはり違和感を感じます。

ただ、人間本来の歩行を取り戻すにはベアフットシューズを履くしかない!

是非日々のシューズにベアフットという選択肢を入れてみてください。

 

 

ABOUT ME
ウマ
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。