【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
コメディ

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のあらすじと感想を魅力たっぷりに伝える!

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」というボリウッド映画を観てきました!

最高過ぎてたまらない!
笑いあり泣きあり恋愛ありアクションあり!

「きっと、うまくいく」でボリウッド映画の魅力にドハマりした僕ですが、今作の「バジュランギおじさんと、小さな迷子」も「きっと、うまくいく」に負けず劣らずの完成度でした!

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」は2019年1月18日に日本で公開。インドだけでなく世界中で大ヒット!

残念ながら日本では公開している映画館が少なく、それほど大きな話題になっていませんが、ぶっちゃけ話題のボヘミアンラプソディーとかアリーとかよりも断然バジュランギおじさんの方がオススメ!

ということで、この記事では「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のあらすじと感想について書いていきたいと思います!

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のあらすじ

感動度
コメディ度
オススメ度

パキスタンの農村で暮らす少女シャヒーダーは幼い頃から声が出ず、両親はそれに悩んでいました。

母親はシャヒーダーの声が出るよう願掛けに隣国のインドへ向かいます。しかし帰国途中にシャヒーダーは母親とはぐれてしまうのです。

インドへ迷い込んだ少女シャヒーダーは、心優しき男パワン(バジュランギおじさん)と出会います。

パワンは、シャヒーダーをどうにかパキスタンで待っている親の元へ帰してあげようと奮闘しますが・・・

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」の感想と魅力

この映画一言じゃ語りつくせない最高の出来栄えなんですよー!

宗教の違いに訴えかけるテーマ

この映画のテーマは「宗教の違いや人の違いなんて気にしないで愛を大事にしよう」「信じあって生きていこう」

今でもイスラム教・ヒンドゥー教は宗教上の問題からお互いを避けていますが、みんな同じ人間。人間同士信じあって生きようよ、というメッセージをひたむきに生きるバジュランギおじさんから感じることができます。

イスラム教・ヒンドゥー教の対立をそれほど知らない僕でも分かりやすく視聴することができました。

宗教の違いは難しい問題ですが、それを乗り越えてより良い世の中になっていくといいですね。

コメディ

コメディ要素がたっぷり盛り込まれています!インド人ってこんなギャグセンス高いんだ!誰が観ても聞いても笑えるような非常にレベルの高い笑いを届けてくれます。

劇場は終始笑いであふれていました!

子役の少女が可愛い

いや、ほんとこれ。

しゃべれないパキスタンの少女がめっちゃ可愛い。しゃべれないからこそ色んなしぐさで気持ちを表すんですが、一つ一つのしぐさが可愛すぎます。

ダンス

ボリウッド映画定番のダンスはやっぱり良いですよー!

映画の世界観を崩すことなく、程よいノリのダンスで映画にメリハリを付けています。

ボリウッド映画の中にはそんな至る所で踊る必要あるん!?っていうパターンもあるけど、「バジュランギおじさんと、小さな迷子」は気分のアガるちょうど良いダンスを見せてくれました。

アクション

アクションシーンもちょいちょいあります!バジュランギおじさんことパワン、幼少の頃に父親に鍛えられたからかめっちゃ強いんです。

体もムキムキ。え?なんでこんな強いん!?てくらいハチャメチャに強い笑

恋愛

恋愛要素もあるんですよ、実はこの映画!

バジュランギおじさんことパワンの恋人を演じるのは、あの有名女優カリーナ・カプール。「きっと、うまくいく」でもヒロイン役を演じていましたね!

パワンはお金を貯めて家を持つことができたら結婚させてやると恋人の父親から言われているんですが、そのお金を少女をパキスタンに送り返すのに使おうとするほどのお人好し。

そんなパワンの恋愛にも注目です。

感動で涙が止まらない

いやーもう号泣でした。涙止まらんです。

親とはぐれた少女がパキスタンの親元に帰るっていう感動間違いないストーリーに宗教の違いを乗り越えるっていうテーマが乗っかって、感動必至の内容になっています。

個人的に涙腺は弱くない方なのですが、この映画では耐えられませんでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

こんなに色んな要素が詰め込まれていたら感情がグチャグチャになっちゃいそうなんですが、それを上手くまとめあげた最高の映画に仕上がっています。

ボリウッド映画を観たことない人は是非「バジュランギおじさんと、小さな迷子」を観てボリウッド映画のとりこになってください!

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。