【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
豆知識

意外と知らない!?使うシーンによって違うトレッキングシューズの選び方

こんにちは!

元アウトドアショップ店員のウマたんです。

この記事ではトレッキングシューズの選び方についてお伝えします。

トレッキングシューズをタウンユースと併用する人が増えてきていますが、トレッキングシューズとしての良さとタウンシューズとしての良さは違うので注意が必要です。

そこらへんも含めお話できればなと思います。

 

登山用トレッキングシューズで気にするべき3つのポイント

まずは、登山用のトレッキングシューズで気を付けるべき3つのポイントを見てみましょう!そもそもトレッキングシューズって登山用なのでこの言い方おかしいですね笑

 

サイズ感

トレッキングシューズのサイズを合わせるときは注意が必要です。

トレッキングシューズは厚手の靴下と組み合わせるため、普通の靴下で試し履きする場合はかかとに人差し指1本分の余裕を持たせることが必要です。

一番良いのは自前の厚手の靴下を履いて試してみることですけどね!

 

横方向へのねじれに対する強さ

見た目は一緒でも、横へのねじれに弱いトレッキングシューズと強いトレッキングシューズがあります。

タウンユースで使う分には気にしなくても良いですが、登山に使う場合はなるべく横方向へのねじれに強いトレッキングシューズを選ぶべきです。

ねじれに強いトレッキングシューズはシャンクと呼ばれるプレートがシューズ内に搭載されています。

実際にトレッキングシューズをねじってみると強度が分かります。

くるぶしまで固定できると足のホールド感が増すので、出来るだけミッドカット・ハイカットの丈の長いシューズを選ぶと良いでしょう。

 

アウトソールのラグの深さ

アウトソールのラグパターンが複雑で深いほどしっかり岩肌を噛むことができるので、ゴツゴツした地面でのグリップ力を発揮します。

逆にラグの深さは、タウンユースでの平坦な路面ではデメリットになりかねないので注意が必要です。

 

タウンユースメインで使うトレッキングシューズで気にするべき2つのポイント

それではタウンユースメインで使うトレッキングシューズで注意すべきポイントについて見ていきましょう!

 

柔軟性

登山に使うトレッキングシューズには横方向へのねじれの強さが重要だというお話をしましたが、タウンユースではそんな強度は必要ありません。

むしろ足が柔軟に動くようなタイプを選ぶべきです。

くるぶしまで丈がないロウカットを選ぶと良いでしょう。

 

アウトソールのラグパターン

トレッキングシューズは基本的にアウトソールのラグが深くなっています。

しかし、街の路面は山道のようにデコボコしているわけではないので、むしろラグが深い方が滑りやすくなります。

そのため、タウンユースメインで使う場合はなるべく地面との接地面積が広いアウトソールを選ぶべきです。

 

タウンユース用のシューズとしてはメレルのカメレオンストームなどがオススメです。

アウトソールにサイピングという切れ込みが入っているので比較的滑りにくくなっています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

トレッキングシューズの選び方は非常に難しいです。

最近、見た目だけでトレッキングシューズをタウンユース用に購入する人が多いのですが、しっかり見極めないとトレッキングシューズの持つ良さが全く発揮されないという事態になりかねません。

是非ご自分に合ったトレッキングシューズを選んでください!

メレルとキーンのトレッキングシューズに関してはこちらの記事でまとめていますので良ければご覧ください。

あわせて読みたい
元アウトドア店員がオススメするメレルのトレッキングシューズ4選!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです! メレルと言えば、トレッキングシューズがオススメ! ただいくつか種類があってなかなか...
あわせて読みたい
元アウトドア店員がオススメするKEEN(キーン)のトレッキングシューズ5選!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 みなさんはどんなトレッキングシューズを使っているでしょうか? この記事ではタウンユ...

 

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。