メレル

元アウトドア店員がメレルのモアブを徹底レビュー!滑る?滑らない?

メレル モアブ
ウマたん
ウマたん
当サイト【ウマブロ】の本記事では、メレルのモアブシリーズについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ライトトレッキングでもタウンユースでもオススメなモアブ!!
 
こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!!
 
アウトドアショップで働きたてのころ防水のシューズが欲しいなと思い一番最初に購入したのがこちらのモアブ
 
メレルが展開するタウンユースでも使えるライトトレッキングシューズです!
 
 
【価格】13800
【オススメ度】
5年間ほど履き続けて履きつぶすくらい本当に使いやすくて機能性たっぷりのトレッキングシューズなんです。
 
今回はそんなトレッキングシューズとしてタウンユースでもトレッキングシーンでも使える非常にオススメなシューズ”モアブ”のご紹介です!
 
ウシたん
ウシたん
メレルのトレッキングシューズはいくつかあるけど、その中でもモアブはオススメなの?

ウマたん
ウマたん
もちろん用途にはよるけど、個人的には一番愛着があるしオススメかな!特に街履きとして使うなら非常にオススメだよ!

非常に履き心地が良く機能も抜群なメレルのモアブ
 
どういうところが魅力的なのか見ていきましょう!
 
以下のYoutube動画でも詳しく解説していますよ!
 

メレルモアブの魅力

メレル モアブ 全体
 
それでは早速モアブの魅力を見ていきましょう!
 

たっぷり詰まった機能性

モアブの特徴はなんと言っても機能性の高さ!
 
完全防水のGORE-TEX、強靭なアウトソールのビブラムソールを搭載しています。
 
メレル モアブ アウトソール
 
ラグパターンが複雑で、どんな天候でもどんな足場でもパフォーマンスを下げることなく快適に使うことができるのです!
 
ただ雨の日のタウンユースでは若干滑りやすくなっているので注意が必要です!
 
滑るシューズの特徴と滑らないシューズの選び方については以下の記事を見てみてください!
 
元アウトドア店員が教える”滑らない靴の選び方”とオススメシューズ当サイト【ウマブロ】の本記事では、滑らない靴の選び方とオススメの滑らない靴を元アウトドア店員が徹底的に解説していきます!グリップ力が高いといわれるシューズも街歩きでは滑りやすい可能性があるから要注意!...

軽さ・履きやすさ

アッパーにはメッシュ素材を用いているので軽量でなおかつ通気性が良いです。
 
トレッキングシューズだと表革のレザーを用いていたり硬いシャンクが入っていたりと、重量的に重くなってしまうことがしばしばあります。
 
しかしモアブはそのような部分を徹底的にそぎ落とし、軽くて気軽に履けるトレッキングシューズとして確立されているのです。
 
メレル モアブ アッパー
 
確かに足首のホールドや足への負担は大きくなってしまう可能性はありますが、日本の山レベルであればモアブくらいのライトトレッキングシューズで十分です。
 

価格の安さ

これだけの機能がつまっているのに価格が破格なんです!一番安いラインで13800円!
 
GORE-TEXビブラムソールがついていてこの価格は明らかに破格!
 
これも無駄な部分を徹底的にそぎ落としたからゆえの価格なんですね!
 
【価格】13800
【オススメ度】

メレルモアブのサイズ感

モアブのサイズ感について見ていきましょう!

メレル モアブ 履いた状態

モアブはちょうど良いサイズ感で特に普段履いている靴と同じサイズと同様で問題ないです。

普段27㎝を履いていますが、モアブも27㎝で問題ありませんでした。

モアブにはワイドタイプがあるので、もし甲高幅広な方であればモアブワイドを検討してもよいかもしれません。

メレルモアブシリーズ

 
それでは実際にモアブシリーズの商品を見ていきましょう!
 

モアブ2 GORE-TEX

【価格】13800
【オススメ度】
一番スタンダードなモアブです。
 
従来のモノからアップデートし最近2になりました。
 
カラーは地味なものが多く、カラフルなタイプが良いならカメレオンやカプラなど他のトレッキングシューズを見てみるとよいかもしれません。→FSTなどの若者向けのタイプも出てきました!
 

モアブ2ミッド GORE-TEX

【価格】15800
【オススメ度】
ミッドタイプのモアブです。
 
足首までホールドできるのでこちらを選ぶ方も多いです。
 
普段は足首のフックは外して、トレッキングシーンではフックまでしっかり止めるというような使い方をされると良いでしょう!
 

モアブ2ワイド GORE-TEX

【価格】14800
【オススメ度】
モアブ2の幅を広く甲の部分も高く設計したものです。
 
日本人は幅広甲高の方が多いので非常にうれしいですね!
 
かなり余裕ができるので、普段履いているサイズよりもワンサイズ小さめで良いくらいです。
 

モアブ2 MID GORE-TEX ワイド

【価格】16800
【オススメ度】
モアブ ワイドのMIDタイプです。
 
どのタイプでもワイドタイプは出ているのでサイズ感や用途で選ぶと良いでしょう。
 
ワイドタイプは1カラーしかなく、MIDとLOWでカラーが違うのでカラーのお好みで決めるのも一つの手です!
 

モアブFST GORE-TEX

【価格】16800
【オススメ度】
モアブ2をよりスタイリッシュにデザインしたタイプ。
 
実際に履いてみると履き口は少しタイトな印象ですが、履き心地は抜群に良いです。
 
またアウトソールには従来のビブラムソールではなくメレル独自のメガグリップというビブラムソールを使用しています
 
メガグリップの方が圧倒的にグリップ力が高いです。
 
従来のモアブは雨の日など割と滑りやすいことが問題になっていましたがFSTのメガグリップでグリップ力が上がり滑りにくくなったのです。
 
また重さもさらに軽くなっており、足への負担も減りました。
 
かなりモアブ2をアップデートしているので3000円高いのも納得ですね!

メレルモアブシリーズの口コミ

主観的にモアブシリーズの魅力について述べてきましたが、客観的な口コミも見ていきましょう!

軽くて履き心地抜群のモアブは、長時間履き続けても疲れにくいのが特徴です!

モアブはおとなしめの色合いなので、基本的にどんな服装にも合います。
もちろんタウンユースでもトレッキングでもキャンプでも!
 
しかしそれ以外にも、実はモアブ意外なところでも使われているんです!
 
知っている人は知っているかもしれませんが、サバゲーやミリタリーファッションに取り入れられることが多いんですね!
 
例えばこんな感じでミリタリーのファッションの一部として取り入れたり
 
 

Tomochiさん(@tomochi19810617)がシェアした投稿

がっつりサバゲーの一部として取り入れたり!
 

少し前にジャパン限定でスエード生地のホワイトとベージュのモアブが出たんですが、それはサバゲー人気が非常に高かったです。 

モアブシリーズとカメレオンシリーズの違い

最後にモアブシリーズとよく比較されることの多いカメレオンシリーズ」との違いについてみていきます!

カメレオンシリーズは、モアブと同じくメレルを代表するトレッキングシューズ!

【価格】16800
【オススメ度】

基本的な機能は同じで同様にビブラムソールゴアテックスを搭載しています。

しかし、カメレオンにはシューズにシャンクと呼ばれるプレートが入っていて(そんなに硬くないです)、横方向へのねじれに強くなっています。

そのため足場の悪いトレッキングシーンでは好んでカメレオンが使用されます。

ただ、モアブの方がリーズナブルでライトハイキングやタウンユースでは足首周りの柔軟性があるのでおすすめです!

どちらもおすすめのメレルトレッキングシューズですので、シーンによってつかいわけてくださいね!

メレル カメレオン
元アウトドア店員がメレル「カメレオン」シリーズの履き心地を徹底レビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、メレルのカメレオンシリーズについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!カメレオンはメレルの超定番トレッキングシュースであり、ゴアテックスとビブラムソールの組み合わせが最強なんです!...

メレルモアブレビュー まとめ

モアブについて詳しく見てきました!
 
【価格】13800
【オススメ度】
ウシたん
ウシたん
モアブ欲しくなってきたなー!

ウマたん
ウマたん
是非モアブを履いてみてね!モアブの虜になるはずだよ!色々なタイプがあるから使い分けて履こう!

実際にモアブを履いてみると本当に履きやすくていつでもどんなシーンでも履けるのでヘビロテしちゃいます。
 
これだけ軽くて完全防水でトレッキングまでこなせるシューズはなかなかないと思います!
 
是非試してみてください!
 
モアブを展開しているメレルのシューズに関しては以下の記事でまとめていますのでよければ見てみてください!
 
メレル シューズ
元アウトドア店員がオススメするメレルの靴30選!評価とランキング!!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、メレルのシューズに関して元アウトドア店員が徹底的に解説していきます!!メレルのシューズは本当に履き心地がよくタウンユースでもアウトドアシーンでも大活躍!...
 
0
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスあたりが大好き。 とにかく色んな人にアウトドアを身近に感じてもらえるような情報を発信中