【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
豆知識

ビブラムソールの魅力とオススメシューズ7選

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたんです。

今日は世界最高峰のアウトソールとして有名なビブラムソールについて取り上げていくぞ!

ビブラムソールという特別なソールを知っているでしょうか?

トレッキングシューズをはじめとする多くのシューズに搭載され、耐久性・品質ともに非常に高いソールとして認知されています。

元々アウトドアから始まったビブラムソールですが、タウンユース用のブーツなどにも使われるようになり、様々なところで見かけます。

僕自身もビブラムソールを履いていますが、確かにグリップ力・履き心地共に素晴らしい

この記事では、そんなビブラムソールとは何か・ビブラムソールを搭載しているオススメシューズについてまとめていきたいと思います!

ビブラムソールとは

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryu.Kさん(@onebyone13)がシェアした投稿

さてさて、まずはビブラムソールとは何なのか見ていきたいと思います。

ビブラムソールとはその名の通り”ビブラム社”というソール専門の会社が作ったソールです。

ビブラム社が設立されたのは1937年。あるイタリアの登山家が従来の革と釘の靴ではなく、足場の悪い様々な地面でグリップ力を発揮するゴム底のソールと作ろうとしたのがきっかけです。

世界中の様々なブランドにアウトソールを卸しており、トレッキングシューズからタウンユースシューズまで様々なカテゴリーで愛されているブランドなのです。

実はソールだけでなく、マウンテンパーカーのジッパーなども作っていたり笑

とにかくビブラムソールは品質の良い世界最高峰のソールメーカーで作られたソールなんです。

ビブラムソールの魅力

それでは続いてビブラムソールの魅力について迫っていきましょう!

耐久性の高さ

ビブラムソールの魅力はなんと言ってもその耐久性の高さ。

加硫ゴムと呼ばれる特殊なゴムを用いており、耐久性が非常に高くなっております。

実際に普通のスニーカーなどとソールの減り具合を比べてみると、長期間履いてもなかなか擦り減らないことが確認できます。

グリップ力の高さ

グリップ力の高さはシーンによって変わるので一概には言えませんが、ビブラムソールのグリップ力の高さはピカイチ!

ラグパターンが豊富で深いので、山のゴツゴツとした岩肌では上手くアウトソールが噛み合いグリップ力を発揮してくれます。

逆にツルツルの凍った路面を歩くときは、アークティックグリップというビブラム社が特別に開発したソールを用いれば問題なし!

このソールは本当に滑らないので是非試してほしいです!

詳しくはこちらにまとめているので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
メレルのアークティックグリップ搭載のアイスプラスブーツが最高!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 雪が降ると怖いのが滑って転倒。それで怪我なんてしたらたまったもんじゃありません。 ...

ただワークブーツなどに取り入れられているビブラムソールは、濡れた路面では滑る可能性もあるので注意が必要です。

滑りにくいシューズの選び方はこちらの記事をご覧ください!

あわせて読みたい
元アウトドア店員が教える”滑らない靴の選び方”とオススメシューズこんにちは!元アウトドア店員のウマたんです! アウトドアショップで働いていると、 「滑らないと言われたのに滑るんですけど!」 とか...

多彩なデザイン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

FOOT STYLE 吹田店さん(@footstyle_suita)がシェアした投稿

そう、一口にビブラムソールと言っても多彩な顔があるんです。

多彩なラグパターンと多彩なカラー、多彩な機能。

トレッキングシューズ、スニーカー、ワークブーツなど履く靴によってデザインが変わり、なんだか靴そのものの風格が上がったように感じるんです。

また、靴裏のロゴはパッと見れば一目瞭然で分かりますが、普段は隠れていて分からない。

そんなところもビブラムソールの粋な特徴ですよね。

リソール可能なパターンも

ビブラムソールが搭載されているシューズは高機能なものが多く、できれば一生履きたいもの。元々ビブラムソールは耐久性が高いので、それほど簡単に擦り減って履けなくなることはないですが、それでも長年履いていると使えなくなる時は来ます。

しかし!ビブラムソールの中にはリソール可能なタイプが多く、ソールが擦り減って使えなくなっても修理に出せばまた使えちゃうんです!

是非リソールを試してみてください!

ビブラムソールを搭載したオススメ靴

それでは早速ビブラムソール搭載のオススメ靴を見ていきましょう!

モアブ2GTX 【メレル】

メレルが展開するモアブは古くから愛されるトレッキングシューズ。

完全防水のGORE-TEXとビブラムソールを搭載していてこのお値段はなかなか実現できません。

僕自身もモアブを長年履いていましたが、雨の日やトレッキングシーンに限らず、普段のタウンユースにも使える万能な靴なのです。

是非試してみてください!

ちなみにモアブシリーズに関してはこちらに詳しくまとめていますので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
履き心地抜群で機能性たっぷりのメレルのモアブシリーズの評価!   こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです!   アウトドアショップで働きたてのころ防水のシューズが欲しいなと思い...

ジャングルモックアイス+ 【メレル】

普通のジャングルモックにビブラム社独自で開発したアークティックグリップを搭載したタイプ。

とにかくアークティックグリップは本当に滑りません。ジャングルモックの履き心地をそのままに、滑りやすさを完全に克服した最高のシューズです。

是非凍った路面で使用してみてください。効果が実感できるはずです!

ジャングルシリーズに関してはこちらにまとめているので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
15選!アウトドア店員がメレル「ジャングルモック」の履き心地と評判をレビュー!  こんにちは! 都内のアウトドアショップで働くウマたんです。   みなさんジャングルモックという最高のコンフォートシューズをご...

ウルトラロー 【ノースフェイス】

ノースフェイスが展開する究極のコンフォートシューズです。

個人的にはニットアッパーのタイプが最も履きやすいかなと思っています。

ビブラムソール搭載のためグリップ力が高く、ジムなどでの室内運動シューズとしても使えます。

またコンパクトにまとまるので持ち運びも便利ですよ!

ウルトラローに関してはこちらにまとめているので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
ウルトラロー3【ノースフェイス】を元アウトドア店員が評価する!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです! みなさんはスリッポンシューズを持っていますか?紐が無く、片手でスポッと脱ぎ履きできち...

トラバースベロシティニット【ノースフェイス】

2018年冬に登場したノースフェイスのコンフォートシューズ!

ニット素材のアッパーで足をすっぽり包み込むので履き心地抜群!

そしてこの見た目で完全防水という優れもの!

もちろんアウトソールにはビブラムソールを搭載していてグリップ力も耐久性もピカイチ!

このクオリティで12000円は安すぎます。品切れ続出なので早めの購入をオススメします!

こちらの記事で詳しくまとめています!

あわせて読みたい
ノースフェイスのトラバース・ベロシティ・ニット・ウォータープルーフをレビューしていく!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 冬の定番靴と言えば、ノースフェイスですよねー! ノースフェイスから展開する靴は、ヌ...

ダナーライト【ダナー】

【価格】55000+税

ビブラムソールといえばダナーと言っても過言ではない、ビブラムソールの代表作。

1980年からビブラムソールを採用しており、精巧な作りと武骨な男の雰囲気が非常に人気。

こちらのダナーライトは、、そんなダナーの中でもスタンダードラインとして展開しており、多くの支持を集めています。

Made in USAのため耐久性・品質ともに非常に高くなっています。アウトソールのリソールも可能です。

ウィルダネス【メレル】

【価格】45000+税

ウィルダネスはメレルの中で最も頑丈なソールを持っていて、最もハイグレードなタイプのシューズです。

イタリア製なので品質が非常に高く、長年履くことで革が柔らかくなり味がどんどん出てきます。最初のうちは革が硬いので厚手の靴下を履くなどして対応しましょう。

リソールも可能なのもプラスポイントですね!

ウィルダネスに関してはこちらにまとめています!

あわせて読みたい
元アウトドア店員がメレルの”ウィルダネス”・”レザー”を紹介!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです。 本日は、メレルの最上級クラシックブーツ ”ウィルダネス”、”レザー” のご紹介です。...

1000マイルブーツ【ウルヴァリン】

【価格】55000+税

1000マイルブーツは、その名の通り「1000マイル履いても壊れない頑丈なブーツ」というコンセプトで作られたブーツ。

約1600kmですね。

履き心地も非常に良く、足当たりの良い革が足を包みこみます。

アウトソールのかかとはビブラムラバーソールになっていて滑り止めの役割を果たしているんです。

リソールも可能であり、擦り減ってきたソールを何回も替えることで、足に馴染んだ自分だけの1足にすることができます。

1000マイルブーツに関してはこちらにまとめています!

あわせて読みたい
元アウトドア店員が至高の履き心地「ウルヴァリン1000マイルブーツ」を評価!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたんです! アメリカで生まれた最高な質感と最高な履き心地のブーツ ウルヴァリン! 映画「X-...

まとめ

いかがだったでしょうか。

ビブラムソールを搭載したシューズは数多くありますが、どれもクオリティが高くオススメできます。

しかし注意しておくべきなのがビブラムソールだからどこで履いても滑らない!グリップ力抜群!と勘違いしてしまうこと。

安全に快適にビブラムソールを履きこなしましょう!

 

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。