アークテリクス

アークテリクスのおすすめジャケット・リュック10選!【元アウトドアが紹介】

アークテリクス
ウマたん
ウマたん
本記事では、アークテリクスのオススメジャケットについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!非常に高機能でオススメなジャケットがそろっているアークテリクスのジャケットを見ていきましょう!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

アウトドアブランドの中でも最高峰の機能性を誇るアークテリクス!

アークテリクスは、扱える小売店が相当限られているハイクオリティブランドなんです。

ウシたん
ウシたん
アークテリクスってとにかく高価格のイメージあるなー!正直、あんまり他のブランドとの違いは分かってないんだけど・・

ウマたん
ウマたん
アウトドアブランドの中でも一際価格が高いアークテリクスには、その価格に見合うだけの機能性が詰まっているんだよー!

この記事では、アークテリクスのジャケット・リュックの魅力についてまとめ、オススメアイテムを徹底的に紹介していきます!

アークテリクスジャケット・リュックの魅力

アークテリクスは1989年にカナダで創業されたブランド。

アークテリクスの特徴的なロゴの由来は始祖鳥の学名なんです。

アークテリクス ロゴ
ウシたん
ウシたん
へー!このロゴって始祖鳥なんだー!

ウマたん
ウマたん
このデザインは発掘された始祖鳥の化石の中から最も状態の良いものを見本に作成されたそうだよ!

まずは、そんなアークテリクスの魅力について簡単に見ていきましょう!

機能性がとにかく高い

他のアウトドアブランドと比較しても、とにかく機能性が高いのが特徴的です。

世界の最先端素材を用いて選りすぐりのデザイナーたちがデザインに落とし込むという製品過程を経ています。

現場の制作チームに大きな裁量を持たせて自由に働かせているからこそ成し得るクオリティなんですね。

その分価格帯は他のアウトドアブランドよりもだいぶ高めです。

高価格帯のジャケットにはゴアテックスを搭載しています。

デザインが良い

もちろん高機能なのでトレッキングなどのアウトドアシーンで使われることを前提としているのですが、デザインがタウンユースに溶け込むオシャレな風合いになっているところも外せません。

比較的リュックはタウンユース路線のデザインで作られているタイプも多く、タウンユースでの爆発的人気の下支えになっています。

アークテリクス アロー22 全体

アークテリクスと言えば、上写真のアロー22をイメージする人も多いはず!

ユーザビリティが高い

機能性に包含される部分もありますが、アークテリクスの製品はユーザビリティにしっかり重きを置いています。

ジャケットであればストレッチ性が高く非常に着心地がよくなっていますし、リュックであれば荷物へのアプローチがしやすいようにコンパートメントが設計されています。

アークテリクス ATOM SL HOODY 着用感側面

しっかりと性能面だけでなく、ユーザーの使用シーンに即した設計がされているのが人気の特徴と言えます。

アークテリクスジャケットのオススメ6選

さて、そんな魅力的なアークテリクスのジャケットの中からオススメタイプを6つほど紹介していきたいと思います!

ノディンジャケット

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥24,200
(2020/04/02 16:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】22000+税
【オススメ度】

ノディンジャケットは、アークテリクスのおすすめ超軽量ジャケット!

アークテリクス ノディンジャケット 全体

なんとなんとたったの155gしかないんですよー!!

ノースフェイスのスワローテイルフーディが160gでベンチャージャケットが220gです。

ノディンジャケットの軽さが分かってもらえると思います。

両サイドにあるハンドポケットにコンパクトに収納することが可能!

ポケットを裏返して・・

アークテリクス ノディンジャケット ポケッタブル

コンパクトにまとめるとこんなに小さくなるんです!

アークテリクス ノディンジャケット コンパクトに収納

右側のハンドポケットにはインナーポケットが存在しています!

アークテリクス ノディンジャケット ポケット内ポケット

非常に着心地が良くアウトドアシーンでもタウンユースでも有用なノディンジャケット

ノディンジャケットについては以下の記事で詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!

アークテリクス ノディンジャケット
アークテリクスのノディンジャケットを元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスの最軽量ジャケットである「ノディンジャケット」について徹底的にレビューしていきます!同じく人気のスコーミッシュフーディとの違いも見ていきますよ!...

スコーミッシュフーディ

【価格】22000+税
【オススメ度】

スコーミッシュフーディノディンジャケットと同様にアークテリクスの超軽量ジャケット!

アークテリクス Squamish Hoody 全体

重量はノディンジャケットと同様に155gという軽量さ。

基本的にはノディンジャケットと変わらないのですが、いくつか違うところがあるんです!

ノディンジャケットはハンドポケットが両サイドに付いているのに対して、スコーミッシュフーディは胸ポケットが1つだけ!

アークテリクス Squamish Hoody

個人的にはノディンジャケットの方がポケット位置は便利だなーと思います。

ポケット収納はスコーミッシュフーディもできる!

アークテリクス Squamish Hoody ポケット アークテリクス Squamish Hoody コンパクトに収納

また、ノディンジャケットの生地は20デニールなのに対してスコーミッシュフーディは30デニールの生地を用いています。

アークテリクス ノディンジャケット 生地感 アークテリクス Squamish Hoody 生地感

スコーミッシュフーディについては以下の記事で詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!

アークテリクス Squamish Hoody
アークテリクスのSquamish Hoody(スコーミッシュ フーディ)を元アウトドア店員が徹底レビュー!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です! アウトドアブランドの中でも最高の機能性を誇るブラン...

ゼータARジャケット

アークテリクス(ARC'TERYX)
¥129,804
(2020/04/03 14:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】60000+税
【オススメ度】

タウンユースからトレッキングまで幅広く扱えるゼータ AR ジャケット

もちろんゴアテックスの完全防水搭載で、さらに通常のゴアテックスよりも着心地を増したゴア C-ニットを使用しております。

完全防水だけでなく、着心地や動きやすさ、軽量性も追求した結果がこちらに結び付いているのですね。

保温性は期待できないので用途によってえらびましょう!

アトム SL フーディ

【価格】27500+税
【オススメ度】

アトムSLフーディはアークテリクスの展開するとにかく軽量な保温フーディ!!

アークテリクス ATOM SL HOODY 全体

なんとなんと重量は260gしかないんです。

40g/m2のアークテリクス独自インサーレーションを搭載していますので保温性もある!

アークテリクス ATOM SL HOODY 裏地

真冬は厳しいですが、肌寒い春秋はこれで十分!

ストレッチ性が高く動きやすいんです!

アークテリクス ATOM SL HOODY 側面 アークテリクス ATOM SL HOODY 着用感側面

そしてコンパクトに収納する方法は・・・アークテリクス公式デザイナーのYoutubeに載っているのですが意外な方法なんです。

腕部分に詰め込んでコンパクトにするというもの!

アークテリクス ATOM SL HOODY 袖裏地 アークテリクス ATOM SL HOODY 袖に収納

結構コンパクトになります。

アトムSLフーディに関しては以下の記事で詳しくまとめているのでチェックしてみてください!

アークテリクス ATOM SL HOODY
アークテリクスのATOM SL HOODY(アトムSLフーディ)を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスの超軽量保温ジャケット「ATOM SL HOODY」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!保温ジャケットでありながら260gと超軽量でコンパクトになるので持ち運びもラク!...

アトム LT フーディ

【価格】32000+税
【オススメ度】

アトムLTフーディはSLがさらに暖かくなったタイプ!

アークテリクス Atom Lt Hoody 全体

重量は415gと重くなっていますが、インサレーションが厚くなり保温性も増しています。

アークテリクス Atom Lt Hoody 裏地

この保温性で415gであれば非常に軽量!

真冬の防寒対策として1枚持っておくと重宝します。

アークテリクスの店員さん必携のアイテムみたいですよー!

アトムSLフーディと同じくストレッチ性に優れているので着心地も抜群!

アークテリクス Atom Lt Hoody 脇周り アークテリクス Atom Lt Hoody 着用感側面

アトムSLフーディには残念ながら付いていないのですが、アトムLTフーディには裏地胸ポケットが付いています。

アークテリクス Atom Lt Hoody 裏地ポケット

アトムLTフーディに関しては以下の記事で詳しくまとめているのでチェックしてみてください!

アークテリクス Atom Lt Hoody 全体
アークテリクスのAtom Lt Hoody(アトムLtフーディー)を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスのダウンジャケットである「Atom Lt Hoody」について徹底的にレビューしていきます!保温性と軽さと動きやすさを兼ね備えた最強のダウンジャケットです。...

アトム AR フーディ

【価格】35000+税
【オススメ度】

アトムSLフーディよりもさらに暖かくなっているのが、こちらのアトムARフーディ!!

非常に保温性が高く、アトムLTフーディの2倍ものインサレーションを搭載しています。

とにかく暖かさを求めるなら間違いなくアトムARフーディですね!

アークテリクスのおすすめリュック4選

続いてアークテリクスのおすすめリュックについて紹介していきます!

アークテリクスと言えば特徴的なリュックが有名!

アロー22

【価格】27000+税
【容量】22L
【オススメ度】

もうアークテリクスのリュックと言えばこちらのアロー22をイメージする人も多いはず!

アークテリクス アロー22 全体

やはりセンタージッパーが特徴的ですよね!大きく開くセンタージッパーには衣服などを詰め込むことが可能です。

アークテリクス アロー22 センタージッパー

メインのコンパートメントもU字に大きく開くので荷物の収納は容易!

アークテリクス アロー22 メインコンパートメント メインコンパートメント

ショルダーハーネスが非常にしっかりしているので長時間背負っても疲れにくいです。

アークテリクス アロー22 アークテリクス アロー22

アロー22に関しては以下の記事で詳しくまとめています!

アロー22
アークテリクスのアロー22を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスの超大人気リュック「アロー22」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!これだけ人気な秘密に迫っていきます!!...

ブレード28

【価格】28000+税
【容量】28L
【オススメ度】

ブレード28はビジネスシーンに使いやすく、こちらもアロー22と並んで街でよくみかける大人気リュックです!

アークテリクス ブレード 全体

リュックの構造がサイドからアプローチできるようになっていて、完全にリュックを降ろさなくてもカンタンに荷物を出し入れできます!

アークテリクス ブレード アークテリクス ブレード

PCスリーブなどスペースは多彩に用意されているので収納には困りません。

アークテリクス ブレード セカンドコンパートメント

唯一残念なのはショルダーハーネスが少し薄いこと。

アークテリクス ブレード

アロー22と比較すると一目瞭然。

アークテリクス ブレード アークテリクス アロー22

ブレードには、いくつかの容量がありますが28Lタイプならちょっとした小旅行や出張にも問題なく使えるのでオススメです!

ブレード28に関しては以下の記事で詳しくまとめています!!

アークテリクス ブレード28
アークテリクスのブレード28を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスのブレード28について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ブレード28はブレードシリーズの中でも最大容量でビジネスユースから小旅行まで幅広く使用できる優れものです!...

ブレード20

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥15,780
(2020/04/03 15:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】25000+税
【容量】20L
【オススメ度】

ブレード28の20Lバージョンが、こちらのブレード20

ビジネスユースにはこのくらいのサイズ感がオススメ!

サイドからのアプローチが非常に容易でとにかく使いやすい!

トラベルバッグのようにU字型に大きく開くことが可能なんです。

マンティス26

【価格】17000+税
【容量】26L
【オススメ度】

マンティス26アロー22とブレードシリーズの影に隠れていてそれほど有名ではないリュックなんですが、非常に使いやすい!

アークテリクス マンティス 全体

メインコンパートメントは大きく開くので荷物の出し入れが容易!

アークテリクス マンティス メインコンパートメント

フロントポケットや上部ポケットなど外部ポケットもしっかり完備!

アークテリクス マンティス アークテリクス マンティス

両サイドにボトルポケットがあるのも嬉しいんですよねー!

アークテリクス マンティス ボトルポケット

ショルダーハーネスの厚みはしっかりしていて長時間背負っても疲れにくいです。

アークテリクス マンティス ショルダーハーネス

価格がアローやブレードほどしないのでオススメです!(それでもそこそこのお値段ですが!)

生地は薄めで耐久性は高くないので注意が必要です。

マンティス26に関しては以下の記事で詳しくまとめています!

アークテリクス マンティス
アークテリクスのマンティス26を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスのマンティス26について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!アークテリクスと言えばアロー22やブレード28のイメージが強いですが、収納スペースが豊富でショルダーハーネスのクッション性が強いマンティスが実はオススメ!...

アークテリクスのジャケット・リュック まとめ

アークテリクスのジャケットやリュックに関してまとめてきました!

最後にアークテリクスの魅力と紹介してきたアイテムについてまとめておきましょう!

・機能性がとにかく高い
・デザインが良い
・ユーザビリティが高い

ウシたん
ウシたん
なるほどー!だけど色々あり過ぎてこの中から選ぶのは難しいなー!

ウマたん
ウマたん
そうだよねー!あえて選ぶならこれというアイテムを最後に紹介しよう!

色々なタイプがありますが、この中であえて特段オススメなタイプを紹介するとしたら以下の2点!

ジャケットなら持っておいて損はないのがアトムSLフーディ!!

リュックはあえてのマンティス26がオススメ!

ぜひ試してみてくださいねー!

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。