おすすめ商品まとめ

雪でも滑らない靴を元アウトドア店員が徹底解説!

雪 滑らない

こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

雪が降ると「滑って転倒しないか」不安!!

ですよねー!

そんなことを思いながらやむを得ずスニーカーを履いていませんか?

なんとなーく滑りにくそうなゴツいトレッキングシューズを履いて結局滑ってしまった経験はありませんか?

実は、

世の中にはどれだけ滑りやすい路面でも滑らない靴があるんです。

トレッキングシューズが滑りにくいというのはまやかしなのです。

そんな悲劇を防ぐために、この記事では雪が降っても滑らない靴を紹介していきます!

ウシたん
ウシたん
そんな靴なんて存在するのー!?どうせ口だけなんでしょ!

ウマたん
ウマたん
ふふふ・・ウシたんもビックリするほど滑らない靴が存在するんだ!氷の上を歩いてみたけど全く滑らなかったんだ!

雪が降ると滑りやすくなるのはなぜ?

実は、雪が降っている状態ではそれほど路面は滑りません。雪が降り終わり固まった後の氷が滑る原因なんですね。

では、なぜ雪が降り固まると滑りやすくなってしまうのか?

そのメカニズムについて見ていきましょう!

氷は摩擦力が低い

当たり前なのですが、氷は摩擦係数が低く滑りやすくなります。

いくら通常の路面でグリップ力を発揮する靴でも氷の上では意味をなさないのが現実です。

靴と路面の間に水が入る

氷が解けて水が靴と氷の間に入り込み潤滑油のような働きをすることで非常に滑りやすくなります。

冷えてアウトソールを硬化させる

靴のアウトソールは冷えると硬化してしまいます。

それによりアウトソール自体の摩擦力も低くなり、さらに滑りやすくなってしまうのです。

ウマたん
ウマたん
意外とこれは盲点なので注意が必要!例え濡れた路面で滑りにくい靴であっても温度に対する耐性がないとアウトソールの硬化によって本来の機能を発揮できなくなってしまうよ!

どんな靴が雪でも滑りにくい?

ノースフェイス ヌプシシリーズ

これらの滑る原因を回避するためにはどのような靴を選べばよいでしょう?

出来るだけ地面との接地面が広い靴を選ぶ

意外と勘違いされているのが、トレッキングシューズだと滑りにくい、と思われていること。

確かにトレッキングシューズはグリップ力が高いと言われますが、それはあくまで山での話。

トレッキングシューズ

トレッキングシューズのアウトソールは、山のゴツゴツした地面に噛み合うようにゴツゴツしたラグパターンになっているのです。

そのため街の路面では意味がなく、むしろ地面との接地面が狭くなり摩擦力が落ちるのです。

もちろん、特殊な加工がされたトレッキングシューズであれば大丈夫ですが、普通のトレッキングシューズで安心して雪面を歩かないように気を付けましょう!

冷えても硬化しない靴を選ぶ

靴によっては、冷えても硬化しないものもあります。

「-〇〇℃までいけますよー!」みたいなやつ。

そのような靴は硬化しない上に、雪面での使用が想定されているので滑りにくい加工がされています。

雪が降っても滑らない靴を紹介!

さて、雪が降っても滑らない靴は実際に存在するのでしょうか?

主観になりますが、滑らない度を点数付けして紹介していきたいと思います。順番に見ていきましょう!

ヌプシブーティー ショート 【ノースフェイス】

【価格】15000+税
【滑らない度】
【オススメ度】

ヌプシはノースフェイスを代表するウィンターシューズ。

現在は、タウンユース用のファッションシューズとして根強い人気がありますが、もちろん雪面での防滑性も高く、それに加えて防水・保温性も高くなっています。

非常に多くのシリーズが展開しているので、自分に合ったタイプを選んでみてください。

一番スタンダードで人気なのはこちらで紹介しているショートタイプの防水ヌプシですが、以下のようなスニーカータイプも展開しています!

ノースフェイス ヌプシトラクションチャッカ 全体

ヌプシに関しては以下の記事で詳しくまとめています。

ノースフェイス ヌプシ
【2019年版】元アウトドア店員がノースフェイスのヌプシシリーズの履き心地を評価!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスの大人気ウィンターブーツ「ヌプシシリーズ」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ヌプシシリーズには実は非常にたくさんのタイプがあるんです!...

スノーショット6 【ノースフェイス】

【価格】13000+税
【滑らない度】
【オススメ度】

スノーショットはヌプシよりも機能性を重視して登場したウィンターシューズ。

ノースフェイス スノーショット6 側面

いくつかのタイプが展開していますが、特にオススメなのはスノーショット6。

見た目は丈の長いブーツですが、脱ぎ履きが非常に楽でヌプシよりも履き心地が良いです。

ノースフェイス スノーショット6 履いた状態

ヌプシの方が人気なのですが、個人的にはスノーショットの方がオススメ!

スノーショットに関しては以下の記事で詳しくまとめています!

ノースフェイス スノーショット6
ノースフェイスの冬ブーツ「スノーショット」の履き心地が最高なのでレビューする!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスのウィンターシューズ「スノーショット」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのウィンターシューズと言えばヌプシのイメージが強いですが、軽量で履き心地抜群のスノーショットも忘れないで欲しい!...

アーバンウォーカー 【ボグス】

【価格】10000+税
【滑らない度】
【オススメ度】

ボグスというブランドをご存知でしょうか?

ボグスは極寒の地「カナダ」発祥のブランドで、豪雪地帯でもパフォーマンスが下がらないような靴になっています。

そんなボグスの靴の中でも、特にタウンユースで使用しやすい靴がアーバンウォーカー。

ボグス アーバンウォーカー 全体

ゴム靴なのですが、見た目はゴムっぽくなく高級感があります。

スリッポンタイプでめちゃくちゃ履きやすい!!

ボグス アーバンウォーカー 履いた状態

少し重いですが、完全防水・保温性・防滑性ともに高い優秀な靴です。-20℃までは硬化しない特殊なアウトソールを用いています。

ボグス アーバンウォーカー アウトソール
ウマたん
ウマたん
ボグスシリーズは温度に対する耐性が非常に高いよ!さすが極寒の地で生まれたブランド!

ボグスシリーズに関しては以下の記事に詳しくまとめています!

ボグス
10選!アウトドア店員がおすすめする防水靴ブランド”ボグス”のブーツの魅力と履き心地!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、極寒の地で生まれた「ボグス」のおすすめブーツ・シューズを元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ボグスの魅力とはいかに!?...

ジャングルモック アイスプラス 【メレル】

【価格】16500+税
【滑らない度】
【オススメ度】

この記事で、一番のオススメがメレルというブランドが展開する「アークティックグリップ」というソールを搭載した靴。

「アークティックグリップ」はビブラム社が特別に開発した防滑性に優れたソールで、氷の上でも全く滑りません!

ウシたん
ウシたん
え?これが全く滑らない靴・・・?

ウマたん
ウマたん
そうそう!こんなにも滑らない靴があるのかと感動したよ!今まで紹介してきたシューズももちろん滑りにくいんだけど、このアークティックグリップを搭載したシューズは本当に滑らない!次元が違う!

青いチップが特殊な素材で出来ていて、このチップが配合された部分が物凄いグリップ力を発揮するんです。触るとザラザラします。通常のビブラムソールの3倍のグリップ力を発揮します。

アークティックグリップ
メレルのアークティックグリップ搭載のアイスプラスブーツが最高!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、雪面でも全く滑らないビブラム社特製のアークティックグリップについて元アウトドア店員が解説していきます!また、アークティックグリップを搭載しているオススメブーツ・シューズも紹介!...

そんなアークティックグリップを搭載したシューズの中でもタウンユースにオススメなのがジャングルモックアイスプラス。

メレルシューズの中で最も人気のあるジャングルモックを雪面で気にせず履けるのは素晴らしい!ただ防水性はありませんので注意が必要です。

ジャングルモックシリーズに関しては以下の記事にまとめています!

メレル ジャングルモック
15選!アウトドア店員がメレル「ジャングルモック」の履き心地と評判をレビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、メレルの大ヒットシューズ「ジャングルモック」シリーズについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ジャングルモックってダサいイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことない!様々なタイプが存在するんです!...

コールドパック アイスプラス モック 【メレル】

【価格】19000+税
【滑らない度】
【オススメ度】

ジャングルモックアイスプラスと似たフォルムですが、ジャングルモックより少し履き口が硬いです。

ただ、こちらのコールドパックは完全防水であり保温性も高くなっています。

昔メレルから出ていた人気シューズ”シバモック”に似たタイプです。

ジャングルモックアイスプラスでも16500円と高価なので、それなら完全防水と保温性を付けてコールドパックアイスプラスにした方がコスパは良いと思います。

コールドパックシリーズにはブーツタイプもあります。以下の記事で詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!

メレル コールドパック
【メレル】”コールドパック”シリーズのシューズ・ブーツで寒い冬を乗り切ろう!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です! 本日は、メレルからこの寒い寒い冬を乗り切るのにオス...

ヌプシプロGORE-TEX 【ノースフェイス】

【価格】28000+税
【滑らない度】
【オススメ度】

最強のヌプシがここに登場!スペックを求めるならヌプシプロGORE-TEXで間違いなしです。

ヌプシプロでは、完全防水のGORE-TEX搭載に加えて保温性の高いエアロゲルも搭載。そして、アウトソールには完全防滑のアークティックグリップを使用!

メレルが一番最初に導入したのですが、とうとうノースフェイスのヌプシにも採用!

雪が降っても滑らない靴 まとめ

最後に簡単にまとめておきましょう!

・接地面の広い靴を選ぶ
・冷えても硬化しない靴を選ぶ

雪が降っても滑らない靴をいくつかみてきましたが、以下のような軸で選ぶことをオススメします!

ファッション要素も加味して考えるならノースフェイスのシューズ
→アウトドア店員がオススメするノースフェイスのブーツ・シューズ20選の評判とランキング!

完全防水性も同時に欲しいならボグスのシューズ
→10選!アウトドア店員がおすすめする防水靴ブランド”ボグス”のブーツの魅力と履き心地!

全く滑らない靴が欲しいならやはりメレルのアークティックグリップを搭載したシューズ
→メレルのアークティックグリップ搭載のアイスプラスブーツが最高!

是非雪が降ったら、ご紹介した靴を試してみてくださいね!

ウシたん
ウシたん
この冬に備えるために買っておこう!

ウマたん
ウマたん
もう路面での転倒は怖くない!快適なスノーライフを!!

ちなみに雪ではなく雨の場合は、また少し違った視点から滑らない靴を選ぶ必要があります。

サイピングと呼ばれる機能が素晴らしい効果を発揮するんですよー!

以下の記事にまとめていますのでよければ見てみてください!

元アウトドア店員が教える”滑らない靴の選び方”とオススメシューズ当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、滑らない靴の選び方とオススメの滑らない靴を元アウトドア店員が徹底的に解説していきます!グリップ力が高いといわれるシューズも街歩きでは滑りやすい可能性があるから要注意!...

 

 

0
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。
家で完結する不要なアウトドア用品買い取りサービスGEAR HACK!
GEAR HACK

不要なアウトドアアイテムをまとめて売るならGEAR HACK!

全部家で完結するラクチン買い取りシステムをお試しあれ!

詳細ページはこちら無料査定フォームへ

0