【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
その他ブランド

ブリーフィングのオススメ3Wayバッグを元アウトドア店員が比較評価!

こんにちは!

元アウトドアショップ店員のウマたんです。

この記事では最強の耐久性と機能性を誇るブリーフィングの3Wayバッグをご紹介します!

アウトドアショップ店員時代からブリーフィングは注目していたのですが、結局お店で扱うこともなく購入することもありませんでした。

しかし、満を持して先日「TR-3」という3Wayバッグを購入したので、その時比較した3Wayバッグを紹介していきます!

ウマたん
ウマたん
ブリーフィングは耐久性・機能性ともに非常に高い!

ブリーフィングとは

(出典:ブリーフィング公式サイト

ブリーフィングは武骨な男の象徴とも言えるハイクオリティなバッグブランドです。

1998年に開発され、瞬く間に大ヒット!

今では多くの男性が日常使いからビジネスシーンまで幅広く使うブランドになりました。

 

耐久性に自信のあるブランドで、ほとんどのバッグが「防弾チョッキに使われていたこともあるバリスティックナイロン」を用いています。

バリスティックナイロンに関してはこちらの記事にまとめています!

あわせて読みたい
元アウトドア店員が教えるコーデデュラナイロンとバリスティックナイロンの違い!元アウトドアショップ店員のウマたんです。 アウトドアのバッグを選ぶ上で重要な指標になるのが生地の耐久性。 「コーデュラナイロンとかバ...

 

1998年登場ということで、まだまだ若いブランドです。これからさらに人気になること間違いなし。

最近では男性だけでなく女性にも使いやすいラインも徐々に登場しているんです。

 

今のうちにそんなブリーフィングを手に入れましょう!

ブリーフィングのオススメバッグ

それでは早速ブリーフィングの3Wayバッグを見ていきましょう!

TR-3 S

【価格】 39000+税
【容量】 18L
【耐久性】
【オススメ度】

まずはこちら!今回購入した3Wayバッグであり非常にオススメできるタイプです。

ブリーフィングの特徴でもあるバリスティックナイロンが使われていないのですが非常に機能性が高くオススメです。

とにかく収納ポケットが多い!こんな多くの収納スペースどうやって使いこなしたらいいんだ!?というくらい収納スペースがあります。

どこに何を入れたのか分からなくなることもあるくらい!笑

ジッパーがなめらかで開け口が大きくU字に開くので荷物の出し入れが容易です。

カラーはネイビーとブラックがあるのですが、ネイビーの方が人気だそうです。ちなみに僕はネイビーにしました!

ブリーフィングと言えばネイビーのイメージがありますよね。

TR-3シリーズには3つのサイズ展開があるのですが、真ん中のSサイズにしました。容量は18Lでちょうど良いサイズ感です。

ブリフィーングの3Wayバッグは容量があまりないタイプが多いので、容量が欲しいという方は、TR-3を選ぶと良いでしょう!

詳しくはこちらにまとめているのでご覧ください!

あわせて読みたい
ブリーフィーングの3Wayバッグ「TR-3」の使い心地をレビュー!こんにちは! 今回は、ブリフィーングの3Wayバッグ!! 「TR-3(ティーアール3)」 をとうとう手に入れ、半年ほど使ってみたの...

TR-3 M

【価格】 42000+税
【容量】 20L
【耐久性】
【オススメ度】

こちらと迷ったのですが結局Sサイズにしました。

こちらのタイプだと容量が20L超あります。

ビジネスシーンで使うならSサイズで十分です。それでも大きいくらい。

Mサイズになると出張などにも使える大きさになります。

基本的に収納スペースなどスペックは変わらないのでお好みで選ぶと良いでしょう。

TR-3 M WP

【価格】 52000+税
【耐久性】
【オススメ度】

TR-3にバリスティックナイロンかつ防水加工を施したタイプ。

アメリカ製ではないのでバリスティックナイロン&防水の割にはそれほど価格も高くなく抑えられています。

NEO TRINITY LINER(ネオ トリニティライナー)

【価格】 60000+税
【容量】 13L
【耐久性】
【オススメ度】

定番の3Wayバッグ。ザ・ブリーフィングという感じですね。価格が一気に上がります。

理由はバリスティックナイロンを用いていてアメリカ製であるから。

やはりTR-3よりも高級感・重厚感はあり、品質も良いです。

ただ、収納スペースは明らかにこちらの方が少ないです。また重量もこちらの方が重くなっています。

耐久性や見た目を重視するならこちらのネオ トリニティライナー、使いやすさを重視するならTR-3という感じでしょうか。

A4 3Way Liner

【価格】 54000+税
【容量】 8L
【耐久性】
【オススメ度】

マチが薄い新たな3Wayバッグです。

ここまで薄いのはなかなか見たことがありません。

それこそ容量はあまりありませんが、ビジネスバッグとしての要件は十分満たしていますね。スーツに合いスマートに決まるので、非常にオススメ!

バリスティックナイロンかつアメリカ製モデルになっているので品質・耐久性共に抜群!

C-3 LINER

【価格】 53000+税
【容量】 14L
【耐久性】
【オススメ度】

リュックの構造や収納スペースは、基本的にTR-3と変わりません。TR-3の生地をバリスティックナイロンにしてアメリカ製にしたモデルがこちらのC-3 LINER。

容量は少なくなっていますが、14Lあれば普段の通勤は十分でしょう!

バリスティックナイロンかつアメリカ製になったことで、価格もだいぶ高くなっています。

結局どのブリーフィング3Wayバッグを選ぶべき?

(出典:ブリーフィング公式サイト

多くのブリーフィング3Wayバッグを見てきましたが、結局どれを選べばよいのか?

正直機能性という面では、どれもほとんど変わりません。多彩な収納スペースと大きく開くメイン収納スペース。

ここでは、自分に合ったバッグを見つけるための基準をいくつか挙げていきます!

バリスティックナイロンか否か

まず判断したいのがバリスティックナイロンか否か。

ブリーフィングと言えばバリスティックナイロン!ただバリスティックナイロンは耐久性の裏側に隠れたデメリットもあるのでそれを理解した上で選びましょう。

バリスティックナイロンは耐久性が高い代わりに重いです。荷物がほとんど入っていない状態でもそこそこの重量になってしまうのが難点。

また、バリスティックナイロンは強度が高すぎて摩擦で服を傷つけてしまう可能性があります。気を付けましょう。

それでもやはり高級感と重厚感があり、憧れるバリスティックナイロン!どっちを取るかで選択肢を絞ることができるでしょう!

ウマたん
ウマたん
バリスティックナイロンはイケてるけど、それだけで選んでしまうと後悔するぞ!

アメリカ製か否か

Made in USAであると品質も高まりますが、その分価格も高くなります。アメリカ製でなくても十分品質には問題ありませんが、アメリカ製の安心感はありますよね。

Made in USAのタイプは、バッグのインナーにアメリカの星条旗と共にMade in USAとタグが付いています。

ちなみにアメリカ製でないタイプは基本的に中国産です。

容量で選ぶ

あとは、容量で選んではいかがでしょう?同じ3Wayバッグとは言っても8Lから20Lまで幅広くサイズを展開しています。

個人的には3Way バッグとして15Lが最もちょうど良いと思っているので、TR-3 SやC-3 LINERらへんがオススメです!

まとめ

最終的にはTR-3を購入したのですが、他のバリスティックナイロンタイプも非常に悩みました。

やはり個人的にオススメなのはTR-3もしくはC-3 LINER。そして最近登場したTR-3の防水タイプ。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

是非実際に試してみて自分に合う3Wayバッグを見つけてくださいね!

 

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。