【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
クローム

元アウトドア店員がクロームのHONDO(ホンドー)を評価する!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたんです!

日本に上陸してジワジワと人気をつけつつあるスタイリッシュブランド「クローム」!

独特なデザインと機能性・耐久性で、若者を中心に多くの人を魅了しているんですね!

本日は、そんなクロームから非常に使いやすいリュック「HONDO(ホンドー)」を紹介していきたいと思います。

クロームとは

まずは、HONDO(ホンドー)を展開するクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください

 

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

 

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。

ただ、今回ご紹介するHONDO(ホンドー)は割とシンプルなデザインでクロームらしさはないかもしれません。

 

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけられるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

今回ご紹介するHONDO(ホンドー)は防水レベル2でクロームの展開するラインナップの中では真ん中のレベル。ぶっちゃけ十分完全防水として機能します。

 

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

今回ご紹介するHONDO(ホンドー)も1000デニールナイロンで最強の耐久性を誇っています。

 

HONDO(ホンドー)の魅力

前置きが長くなりましたが、HONDO(ホンドー)の魅力について見ていきましょう!

ホンドーは、クロームのリュックの中では非常に落ち着いたデザインで使いやすいタイプです。クロームのリュックって奇抜なデザインが多いのでホンドーみたいなデザインは割と珍しいんですよねー。

そんなシンプルなデザインなんですが、クロームの耐久性・機能性は踏襲しているので、非常に人気の高いモデル。

リュック全体が直方体のような形をしていて、型が崩れず、自立して立たせることができます。

荷物が少ないときもリュックがつぶれないのは非常にうれしいですね。

また、両サイドにドリンクホルダーもあり痒いところに手が届く設計になっています。

メインコンパートメントの容量は21Lとアーバンスタイルにちょうど良いサイズ感。

大きくU字に開くので、荷物の出し入れがラクチンなんです。

シンプルなデザインで通学・通勤にも使える汎用性の高いタイプなんですよー!

最近クロームから登場した軽量シリーズWELTERWEIGHTの対象でもあるので、もし軽いタイプが欲しいのであれば、HONDO WELTERWEIGHTを購入すると良いでしょう!

HONDOレビュー まとめ

今回は、クロームの中でも良い意味でシンプルで使いやすいHONDO(ホンドー)を紹介しました。

最後にHONDOの魅力についてまとめておきましょう!

・シンプルなデザインで使いやすい
・自立させることができる
・高機能防水性

クロームの他のリュックやバッグに関しては以下の記事をご覧ください!

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマたんです!   今回は最高におすすめのバッグブランドであるChrome(ク...

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。