【アマゾン】無料で試し履き・試着してみる!
クローム

クロームのBRAVOを元アウトドア店員が徹底レビュー!

クローム BRAVO

評価:4

こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

クロームのリュックの中でもオシャレで収納スペースの多いロールトップリュック「BRAVO(ブラーボ)」!!

【価格】17000+税
【容量】25L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】
ウシたん
ウシたん
オシャレで色んな機能が詰まっていそうなリュックだね!!

ウマたん
ウマたん
クロームらしいデザインと機能が詰まったリュックなんだ!

この記事では、そんなクロームの「BRAVO(ブラーボ)」について徹底レビューしていきます!

BRAVOシリーズの「BRAVO2.0」と「ECHOBRAVO」の違いも見ていきますよー!

クロームとは

まずは、BRAVOを展開するクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください!!

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

デザイン性

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。

BRAVOも結構特徴的なデザインになってますねー!

防水性

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

BRAVOの防水レベルは2!!強い雨でも基本大丈夫!

耐久性

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

BARRAGE CARGOは1050デニールのコーデュラナイロンを用いています!

BRAVOの魅力

クローム ブラーボ 全体

そんなクロームの中でも特徴的なデザインで人気なリュック「BRAVO」について見ていきましょう!

伸縮性の高いコンプレッションストラップ

BRAVOの特徴の1つが、リュック前面に取り付けられた伸縮性の高いゴム製のストラップ!

クローム ブラーボ フロントのコンプレッションストラップ
ウシたん
ウシたん
このストラップは何に使うのー??

ウマたん
ウマたん
ヘルメットやウェアなど様々なモノを挟むことが可能だよ!

クロームは自転車やスケートボードライディング時での使用を考えられていることが多いので、それらの関係する荷物を収納できるように設計されています。

防水性の高いロールトップ式

メインコンパートメントはロールトップ式になっているので防水性が非常に高くなっています。

クローム ブラーボ ロールトップ部分 クローム ブラーボ ロールトップのマジックテープ

ただ個人的にはBRAVOのロールトップは若干開けずらい。

ロールトップ部分の開けやすさでは「BARRAGE」に分があります。

メインコンパートメントはこんな感じ。

クローム ブラーボ メインコンパートメント

暗くて見にくいですが、中にはPCスリーブがあります。

クローム ブラーボ 中にはPCスリーブ

奥が深く少し荷物へのアクセスはしにくいかも!

多彩な収納スペース

ロールトップリュックって小物収納スペースがあまりないタイプが多いのですが、BRAVOは比較的充実しています!

フロントポケットの小さい小物収納スペース。

クローム ブラーボ フロントポケット

そして、前面のマジックテープを開くと小物が入る少々大きめのコンパートメントが!!

クローム ブラーボ フロントポケット中

さらに片方のサイドにドリンクホルダーを搭載しています。

クローム ブラーボ ドリンクホルダー

ドリンクホルダーがあるなしは大きい!

BRAVO2.0とECHOBRAVOの違い

そんなBRAVOですが、実はライトな構造のECHOBRAVOというタイプも存在します。

【価格】13000+税
【容量】17L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】

BRAVOの良さを詰め込みながら、ライトで使いやすい設計になっています!

どんなところがスタンダードBRAVOと違うのか見ていきましょう!

クローム ECHO BRAVO 全体

ぱっと見のデザインはあまり変わりません。

フロントのストラップ

クローム ECHO BRAVO コンプレッションを外した状態

フロントのポケットもBRAVOと同様!

クローム ECHO BRAVO フロントポケット クローム ECHO BRAVO フロントポケット中

BRAVOにはなかったサイドポケットが追加!

クローム ECHO BRAVO サイドポケット

 ドリンクホルダーも搭載!

クローム ECHO BRAVO ドリンクホルダー

大きく違うのはメインコンパートメント!

メインコンパートメントはBRAVOのようにロールトップではなく通常のジッパー式になっています。

防水性は落ちますが、使いやすさは向上!

クローム ECHO BRAVO メインコンパートメント

ちゃんとPCスリーブも搭載!

クローム ECHO BRAVO PCスリーブ

ショルダーハーネスのクッション性はどちらも同程度ですが、背負い心地はECHOBRAVOの方が良いと感じます。

こちらがECHOBRAVO

クローム ECHO BRAVO 背面側

こちらがBRAVO2.0

クローム ブラーボ 背面側

防水性や容量を求めるならBRAVO2.0、使いやすさや軽量性を求めるならECHOBRAVOですね!

BRAVOのレビュー まとめ

BRAVOシリーズについて徹底的にレビューしてきました!

【価格】17000+税
【容量】25L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】
【価格】13000+税
【容量】17L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】
ウシたん
ウシたん
うわあーBRAVOシリーズ欲しくなってきたなー!

ウマたん
ウマたん
他のロールトップリュックと比較して収納スペースが多め!ぜひ使ってみて!

以下の記事でCHROMEのオススメリュックと他ブランドも含めたロールトップバックパックについてまとめています!

良ければ見てみてください!

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマたんです!   今回は最高におすすめのバッグブランドであるChrome(ク...
あわせて読みたい
ロールトップ
ロールトップリュックの選び方とオススメ10選【元アウトドア店員が教える】  こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!!   流行りのロールトップのリュック!   ...

 

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。
Amazonで無料で試し履き・試着する方法

Amazonプライムワードローブという「無料で試し履き・試着できるサービス」があるんです!

使わなきゃ損!!

プライムワードローブを使ってみる