グレゴリー

グレゴリーのスケッチ18・22・25・28の違いと魅力を元アウトドア店員が徹底レビュー!

グレゴリー スケッチ

評価:4

ウマたん
ウマたん
本記事では、グレゴリーリュックの中でも珍しい生地感で特徴的なスケッチシリーズを元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!スケッチには容量によって18・22・25・28などのタイプがあるんですが、違うのは容量だけじゃないんですよー!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

グレゴリーの数あるリュックの中でも珍しい生地感のリュック「スケッチシリーズ」!

スケッチシリーズは色んなタイプが展開しているのですが、容量だけの違いだけではなくて構造の違いがあるんです!

ウシたん
ウシたん
スケッチシリーズかー!どんな違いがあるのか分かりにくいなー!

ウマたん
ウマたん
容量以外にも色んな違いがあるんだー!丸裸にしていくよ!

なかなか分かりにくいスケッチシリーズの違いを見ていきます!

さらに容量の小さいタイプも展開しているんですが、この記事ではスケッチシリーズのリュックタイプであるスケッチ18・22・25・28に絞ってレビューしていきます!

スケッチ18

グレゴリー スケッチ18 全体

まずはリュックタイプの中では最も容量の小さいスケッチ18

【価格】12,000+税
【容量】18L
【重量】540g
【サイズ】29W×50H×15Dcm
【オススメ度】

スケッチ18の特徴

スケッチ18の特徴を詳しく見ていきます!

特徴的なデザイン

グレゴリーのリュックはカジュアルなタイプが多くビジネスシーンは厳しいかなーというタイプが多いんですが、スケッチ18はデザイン的にビジネスでも非常に使いやすくなっているんです!

スケッチシリーズ全体に言えるデザイン「センタースリット」が特徴的!

センタースリットに取っ手が付いているんです!

グレゴリー スケッチ18 全体横にした見た目 グレゴリー スケッチ18 センタースリット

一見、センタージッパーに見えるのですがジッパーは付いていません。

収納スペース

収納スペースは大きなメインコンパートメントが1つと外部のポケットが2つ!

スケッチシリーズの中では少なめの収納スペースです!

グレゴリー スケッチ18 全体

メインコンパートメントの中にはPC収納スペースがあります!

グレゴリー スケッチ18 メインコンパートメント内

背面サイド下に小さな収納スペースがあります。

グレゴリー スケッチ18 背面サイド下ポケット

SEサイズのスマホが入るくらいのサイズ感になっています。

グレゴリー スケッチ18 キーストラップ

盗難防止のキーストラップも付いています。

また、ぱっと見分からない収納スペースが外側についています。

グレゴリー スケッチ18 外部ポケット

中は500mlペットボトルが入るくらいのサイズ感になっています。

グレゴリー スケッチ18 外部ボトルポケット グレゴリー スケッチ18 ボトルポケット

外側から見ると、まさかここにペットボトルが入っているとは思えません。

グレゴリー スケッチ18 ボトルポケット

デザインとしてはボトルポケットが隠れるとスッキリして良いのですが、背負いながら取るのが難しくなるのでユーザビリティとしては×

背面パネル

スケッチシリーズの特徴として背面パネルとショルダーハーネスがあります。

グレゴリー スケッチ18 背面パネル

背面パネルはメッシュになっていて蒸れにくく快適に背負うことができます!

グレゴリー スケッチ18 背面パネル

またクッション性も高いです。

スケッチ18の残念な点

スケッチシリーズは背面パネルのクッション性が高くなっていて背負い心地良いのですが、ショルダーハーネスのクッション性は低く、他のグレゴリーリュックのショルダーハーネスと比較すると一目瞭然!

グレゴリー スケッチ18 ショルダーハーネス

 

定番で同じくらいの容量であるグレゴリー「デイパック」のショルダーハーネスはこんな感じ!

グレゴリー デイパック ショルダーハーネス

厚みの違いが分かると思います。

スケッチ18はシンプルで使いやすいですが、個人的には容量の大きい他の22の方がおすすめです!

スケッチ22

グレゴリー スケッチ22 全体

続いてのリュックはスケッチ22!!

【価格】14,000+税
【容量】22L
【重量】820g
【サイズ】32Wx50Hx15Dcm
【オススメ度】

スケッチ22の特徴

まずは、スケッチ22の特徴をざっと見ていきましょうー!

ビジネスでも使いやすいデザイン

デザインはスケッチ18とほぼ同じ!

ビジネスでもカジュアルシーンでも使えるハイブリッドリュック!!

外部のセンターに入っているスリットはジッパーはなくデザインとして存在します。

グレゴリー スケッチ22 センタースリット

中には複数の取っ手が付いています。

グレゴリー スケッチ22 センタースリットの取っ手

ちょうど良い収納スペース

スケッチ18の収納スペースは少し物足りなかったのですが、スケッチ22の収納スペースの数はちょうど良くバランス抜群!

まずは、メインコンパートメント!

グレゴリー スケッチ22 メインコンパートメント

上部にメッシュポケットが用意されていて、下部にはPC収納スペースが存在します。

グレゴリー スケッチ22 メインコンパートメント中メッシュポケット グレゴリー スケッチ22 下部PC収納スペース

続いてセカンドコンパートメント!

グレゴリー スケッチ22 セカンドコンパートメント

セカンドコンパートメントもPC収納スペースを用意していて、縦長の書類なども収納しやすくなっています!

グレゴリー スケッチ22 セカンドコンパートメントのPC収納スペース

また、背面のサイド下部に小さな収納ポケットがあります。

グレゴリー スケッチ22 背面サイド下部ポケット

スマホが1つ入るくらいのスペースでキーストラップが搭載されているので貴重品をメインに収納すると良いでしょう!

背面部分のクッション性

スケッチ22はスケッチ18と同じく、背面のクッションが他のグレゴリーリュックとは一風変わっています!

他のグレゴリーリュックは背面のクッション性は高くないタイプが多いのですが、スケッチ22は背面パネルのクッション性が高くメッシュ素材になっているので通気性も高くなっています。

グレゴリー スケッチ22 背面パネル

そのため長時間背負っていても蒸れずに快適に過ごすことが可能です。

ウェストベルトも搭載しているので肩への負担を軽減してくれます。

グレゴリー スケッチ22 ウェストベルト

スケッチ22の残念な点

そんなスケッチ22は魅力もたっぷり詰まっているのですが、残念な点もいくつかあるんです。

ボトルポケットがない

グレゴリーのリュックはボトルポケットが付いているタイプも多いのですが、スケッチ22には残念ながらボトルポケットが搭載されていません。

スケッチ18には隠れボトルポケットが付いていたので残念・・・

グレゴリー スケッチ22 全体

ボトルポケットがない分スタイリッシュなデザインになっているのですが、ボトルポケットは荷物のアクセス容易性から考えると欲しい要素ですねー・・

ショルダーハーネスのクッション性が弱い

先ほど、背面パネルのクッション性は高いとレビューしましたが、ショルダーハーネスのクッション性自体は弱め。

これはスケッチシリーズの宿命・・・スケッチ18も同じでしたね。

グレゴリー スケッチ22 ショルダーハーネス

他のグレゴリーリュックと比較すると違いはあきらか・・・

定番で同じくらいの容量であるグレゴリー「デイパック」のショルダーハーネスはこんな感じ!

グレゴリー デイパック ショルダーハーネス

厚みの違いが分かると思います。

スケッチ22の口コミ

ここまで、スケッチ22の魅力について主観的にレビューしてきました!

ウシたん
ウシたん
スケッチ22の魅力と残念な点について分かってきたんだけど、他の人の意見も聞いてみたいなー!

ウマたん
ウマたん
そうだね!他の人の口コミもチェックしてみようか!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GREGORY SKETCH22 ________________________ グレゴリーのデイバック。 昨年の冬に購入してからヘビロテ中の私のメインバックです。 . 個人的なリュックを選ぶポイントとして、”背負った時に中がスカスカでリュックの上部が凹まないか”をめちゃくちゃ気にします… . その点、このスケッチ22は作り的に内容量少なくても型崩れしないので嬉しい。基本中身スカスカだから。笑 . プレゼントで貰ったビームスのイニシャルキーホルダーも付けてます。 . #gregory #backpack #daypack #outdoor #outdoorclothing #beams #beamskeyring #グレゴリー #スケッチ22 #バックパック #デイパック #ファッション #アウトドアブランド #ビームス #キーホルダー

HN(@hn_kicks00)がシェアした投稿 –

確かにリュックが凹まないかどうかは大事ですよね!!

マムートのトランスポーターはメインコンパートメントが大きく開くので荷物へのアクセス容易性が高く旅行に行くならオススメです!

マムート セオントランスポーター
マムートのセオントランスポーターを元アウトドア店員が徹底レビュー当ブログ【ウマブロ】の本記事では、マムートの最強ビジネスリュック「セオントランスポーター」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!他のブランドとの比較も最後にしています。...

スケッチ25

グレゴリー スケッチ25 全体

スケッチ18・22とは違ったデザインで異色を放つのがスケッチ25!!

【価格】17,000+税
【容量】25L
【重量】980g
【サイズ】30Wx48Hx15Dcm
【オススメ度】

スケッチ25の魅力

まずは、魅力についてレビューしていきます!

スケッチ25にはどんな魅力があるのでしょうか?

使いやすいロールトップ部分

スケッチ25はロールトップ型のリュック!

ロールトップ型のリュックってスタイリッシュであることは間違いないんですが、どうしても使いにくいタイプが多いんですよねー・・・

ロールトップ
ロールトップリュックの選び方とオススメ10選【元アウトドア店員が教える】当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ロールトップリュックのメリット・デメリット、選び方について元アウトドア店員が徹底的に解説していきます!そしてオススメのロールトップリュックも同時に紹介していきますよー!...

そんなロールトップリュックの中でもスケッチ25は使いやすい部類に入ります。

それはロールトップ部に入口がサイドのストラップの調整のみで開くから!

グレゴリー スケッチ25 ロールトップ部のストラップ

調整が比較的容易です。

グレゴリー スケッチ25 ロールトップ部

バックルで留められていたりマジックテープになっていたりすると結構開閉に面倒になります。

ただそうなっている方が防水性は高いので、トレードオフ。

個人的には荷物へのアクセス性を高めるためにロールトップ部の開閉は出来るだけ簡易的にしてほしいです。

また、入口が大きくなっているので奥の荷物も比較的取りやすい!

グレゴリー スケッチ25 ロールトップ部 グレゴリー スケッチ25 ロールトップ開いた状態

メインコンパートメントの中にはPC収納スペースが用意されています。

グレゴリー スケッチ25 PC収納スペース

他のロールトップリュックと比較すると、やはりメインコンパートメントのアクセス容易性とロールトップ部の開閉のしやすさが高いですねー!

収納スペースの多さ

ロールトップリュックって、ロールトップ部のメインコンパートメント以外にそれほど小物収納スペースがない場合が多いんですが、スケッチ25は違います。

収納スペースが多彩で他のコンパートメントにも小物や比較的大きめの荷物も詰め込むことが可能なんです!

まずは、フロントポケット!

グレゴリー スケッチ25 フロントポケット

縦にジッパーの入ったこちらのフロントポケットの中にはメッシュポケットがあり小物を収納することが可能です!

グレゴリー スケッチ25 フロントポケットの小物スペース

ペン等を入れておく仕切りスペースもあります。

またリュック上部には小さめな収納スペースが!

グレゴリー スケッチ25 上部ポケット

また、隠れていて見つけづらいのですが、背面のサイド下にはスマホが1つ入るくらいの小さいスペースがあります。

グレゴリー スケッチ25 背面サイド下

ここにはキーストラップが搭載されているので貴重品入れに使っても良いですね!

また、背面部分には縦長の書類などを収納できるセカンドコンパートメントがあります。

グレゴリー スケッチ25 背面セカンドコンパートメント

こちらにはインナーポケットはありません。

また、両サイドにボトルポケットを展開しているので、ドリンクや折りたたみ傘などを取り出しやすいところに収納しておくことができます!

グレゴリー スケッチ25 ボトルポケット

背面部分のクッション性

背面部分のクッション性が高い、かつメッシュ素材になっているので通気性が良いです!

グレゴリー スケッチ25 背面 グレゴリー スケッチ25 背面クッション

グレゴリーの他のリュックは背面部分がメッシュにはなっていないタイプが多いんですよねー!

その点スケッチ25は背面メッシュなので長時間背負っても蒸れず快適に過ごすことが可能です。

スケッチ25の残念な点

そんな魅力満点のスケッチ25ですが、少し残念な点もあるんです

見ていきましょう!

メインコンパートメントにロールトップ部以外からアクセスできない

ロールトップリュックの場合、メインコンパートメントにアクセスするためにサイドジッパーが別途付いているタイプもあるんですが、スケッチ25には付いていません。

サイドジッパーが付いていると簡易的にアクセスすることも可能なので便利なのですが、残念・・・

ちなみに同じくグレゴリーのロールトップ型に近いリュックである「マルチデイ」にはサイドジッパーが付いています(厳密にはロールトップではないです)。

グレゴリー マルチデイ サイドジッパー

背面ショルダーハーネスのクッション性が低い

繰り返しになりますが、スケッチシリーズのショルダーハーネスクッション性は低め。

グレゴリー スケッチ25 ショルダーハーネス

他のグレゴリーリュックと比較すると違いはあきらか・・・

定番で同じくらいの容量であるグレゴリー「デイパック」のショルダーハーネスはこんな感じ!

グレゴリー デイパック ショルダーハーネス

厚みの違いが分かると思います。

スケッチ25の口コミ

ウシたん
ウシたん
スケッチ25について良い点も悪い点も分かってきたけど、他の人の意見も聞いてみたいなー!

ウマたん
ウマたん
そうだね!他の人の口コミもチェックしてみようー!

ショルダーハーネスのクッションは薄めですが、背面パネルとクッション性とメッシュ素材採用で快適に背負うことができます。

25L容量でパッキングもしやすいのでちょっとした小旅行にも向いています!

ノースフェイスのヒューズボックスの方がメインコンパートメントへのアクセス性が高く容量も大きいですが、スタイリッシュさや人との被らないデザインを求めるならグレゴリースケッチ25をオススメします!

ノースフェイス BCヒューズボックス 全体
ノースフェイスのBCヒューズボックスを元アウトドア店員が徹底レビュー! こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。 ノースフェイスの中でも特に有名なリュックがBC...

もしヒューズボックスみたいなデザインがいいならスケッチ28の方がおすすめです!

スケッチ28

グレゴリー スケッチ28 全体

最後にスケッチ28!!

【価格】16,000+税
【容量】28L
【重量】830g
【サイズ】30W×50H×18Dcm
【オススメ度】

スケッチシリーズの中でも最大容量の28L!

スケッチ28の特徴

まずはスケッチ28の特徴を見ていきましょう!

直方体のデザイン

スケッチ28はスケッチ18・22・25のどれとも違うデザイン!

グレゴリー スケッチ28 側面

ノースフェイスのヒューズボックスと似たようなフォルムで直方体型です。

スケッチシリーズの特徴であるセンタースリットももちろん搭載!

グレゴリー スケッチ28 センタースリット

メインコンパートメントはU字に横に開くので荷物の視認性が高く容易に出し入れをすることが可能!

グレゴリー スケッチ28 メインコンパートメント グレゴリー スケッチ28 メインコンパートメント

収納スペース

メインコンパートメントの中には小物収納用のメッシュポケットが1つ!

グレゴリー スケッチ28 メインコンパートメント内メッシュポケット

そしてPCスリーブも搭載!

グレゴリー スケッチ28 PCスリーブ

リュック上部には小物収納スペースを搭載。

グレゴリー スケッチ28 リュック上部

さらにフロントのサイドジッパーからアプローチできるコンパートメントを搭載!

グレゴリー スケッチ28 セカンドコンパートメント

フロントコンパートメントには、SEサイズのスマホが入るくらいのサイズ感メッシュポケットを搭載しています。

グレゴリー スケッチ28 メッシュポケット

また、他のスケッチシリーズと同様に背面サイド下に小さなポケットが!

グレゴリー スケッチ28 背面サイド下ポケット

IphoneSEが入るくらいのサイズ感です。

グレゴリー スケッチ28 背面サイド下ポケット

キーストラップも付いています。

さらにボトルポケットが両サイドに付いているのも嬉しいですね!

グレゴリー スケッチ28 ボトルポケット

スケッチ28の残念なところ

容量が変わってもスケッチシリーズの背面構造は変わりません。

グレゴリー スケッチ28 背面パネル

背面パネルのクッション性は高いのですが、

グレゴリー スケッチ28 背面パネル

ショルダーハーネスのクッション性は低くなっています。

グレゴリー スケッチ28 ショルダーハーネス

スケッチ18・22・25・28のレビューまとめ

それぞれのスケッチシリーズについて徹底的にレビューしてきました!

スケッチシリーズは通常のグレゴリーリュックと違う特徴的なリュックです。

ウシたん
ウシたん
なるほどー、容量だけの違いだと思ってたけどリュックの構造も結構違うんだね!

ウマたん
ウマたん
そうそう!ぜひ色々と比較してみてね!

一番シンプルでバランスが良いのはスケッチ22

特徴的なデザインが好きならスケッチ25

トラベルリュックとしても使いたいならスケッチ28がおすすめ!

スケッチシリーズ以外にもグレゴリーのリュックはたくさん展開しています。

以下の記事で詳しくまとめているのでよければチェックしてみてください!

グレゴリー リュック
グレゴリーの人気おすすめリュック18選!【元アウトドア店員が紹介】当ブログ【ウマブロ】の本記事では、グレゴリーのリュックについて元アウトドア店員が徹底レビューしていきます!グレゴリーは耐久性が高く使いやすいリュックを多数展開しています。タウンユースとビジネスの両面からリュックの特徴を見ていきましょう!...

少しでも参考になれば嬉しいです。

あなたに最適なリュックをぜひ見つけてくださいね!

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。