ノースフェイス

元アウトドア店員がノースフェイスの「マウンテンジャケット」を評価する!

ノースフェイス マウンテンジャケット

評価:4.5

ウマたん
ウマたん
当サイト【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスの展開するマウンテンジャケットの魅力について徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスの中でも完全防水で最も人気なジャケットの1つです。

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

完全防水で着心地抜群の定番マウンテンパーカー

マウンテンジャケット

【価格】46000+税
【オススメ度】

ノースフェイスのウェアの中でもゴアテックスを搭載している高級ライン。

普段使いから登山などのアウトドアシーンでも使える高機能なウェアです。

ウシたん
ウシたん
見た目は他のマウンテンパーカーと変わらなそうだけど・・・

ウマたん
ウマたん
スクープジャケットなどと変わらないように一見見えるけど機能がだいぶ違うんだよ!GORE-TEX搭載している分価格も高いから、選ぶときは慎重にね!

そんなマウンテンジャケットの魅力について徹底的に見ていきましょう!!

ノースフェイスのジャケットの魅力

まずはじめにノースフェイスのジャケットの魅力について見ていきましょう!

ノースフェイスなんて知っとるわい!という方は読み飛ばしてください!

機能性の高さと豊富さ

ノースフェイスの商品はどれも機能性が高く、様々な機能があるんです。ありすぎて覚えられないくらい!

有名なものだと完全防水のGORE-TEXだったり、保温性の高い光電子だったり。

また、冬になると気になる静電気も静電ケア設計で除去。これまじで最強なんです。

静電気はもう気にならない!?ノースフェイスの静電ケア設計とは!?当サイト【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのアウターに搭載されている静電気を起こさせない「静電設計」について元アウトドア店員が紹介していきます!静電設計のメカニズムと静電設計を搭載したおすすめアウターをまとめていきます!...

静電気本当に嫌いなので、冬はノースフェイスのアウターに物凄く助けられています。

こんな感じで嬉しい機能が盛りだくさんなんです。

軽量性・動きやすさ・着心地

ノースフェイスのアウターは他のブランドと比べて圧倒的に軽くて動きやすいモノが多いように感じます。

本当に動きやすいんでびっくりします。

あまりにノースフェイスばっかり着ているといっつも同じだねと言われちゃうんで、なるべくローテーションするようにしているのですが、どうしても着やすすぎるんでノースフェイスに手が伸びちゃうんですよね笑

デザインの良さ

ノースフェイスはアウトドアブランドでありながら、ファッションとしても取り入れられるデザイン性が特徴です。

日本人に合ったサイズ感で、流行りのシルエットをしっかり取り入れているんですねー。

迷彩柄も多くのタイプに採用されていて、ファッションアイテムとして人気が高いです。

そんなノースフェイスからマウンテンジャケットというマウンテンパーカーの中でも最高ラインのマウンテンパーカーを見ていきます!

ノースフェイスのジャケット・アウターの良さに関しては以下の記事でもっと詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!

ノースフェイス ジャケット
アウトドア店員がおすすめするノースフェイスジャケット/アウター/パーカー/26選の評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのおすすめアウター・ジャケットについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのジャケットは機能性もデザイン性も抜群に良いんです!...

マウンテンジャケットの魅力

ノースフェイス マウンテンジャケット 全体

それでは早速マウンテンジャケットの魅力について見ていきましょう!

完全防水のゴアテックス搭載

ノースフェイスのウェアの中でも完全防水は珍しく、ほとんどのウェアが撥水性でとどまっています。

ノースフェイス マウンテンジャケット ゴアテックス

もしくは、ノースフェイスが独自に開発している防水機能が搭載されているタイプもありますが、ゴアテックスを搭載しているのはごく一部です。

こちらのマウンテンジャケットゴアテックスを搭載した完全防水の最強ウェアなんです。

通気性の良さ・蒸れにくさ

マウンテンジャケット搭載のゴアテックスは、元々内側の水蒸気は逃がすような設計になっているので蒸れにくいです。

ノースフェイス マウンテンジャケット 脇のベンチレーション

しかしそれだけにとどまらず、脇下に蒸れを逃がすベンチレーションを搭載しているため、過度に蒸れることがありません。

ジップインジップ

ノースフェイス マウンテンジャケット ジップインジップ

こちらのマウンテンジャケットは正直単体だとそれほど暖かくありません。

ある程度なら大丈夫だと思いますが、真冬は他のインナーダウンと合わせたほうが良いでしょう。

そんな時に大変便利なジップインジップシステムがこちらのマウンテンジャケットには搭載しております。

ジップインジップシステムでは、インナー・アウターの二つをジッパーによって一つのアウターにしてしまう機能です。

重ね着すると脱ぎ着が面倒なのですが、ジップインジップシステムがあればその苦労は必要ありません。

ちなみにインナーとしては、ジップインバーサミッドジャケットがオススメです!

ジップインジップシステムについて詳しくはこちら!

ノースフェイスのジップインジップシステム搭載おすすめジャケットとインナー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスの機能ジップインジップの搭載しているジャケットとインナーとして最適なダウン・ジャケットを紹介していきます!ジップインジップを駆使して冬を乗り切りましょう!...

冷気をシャットアウト

冷気をシャットアウトをする仕組みが搭載されています!

首元のアジャスターコードはもちろんのこと、

ノースフェイス マウンテンジャケット 首元のアジャスターコード

裾にはしっかりと冷気をシャットアウトするようなスノーカフを搭載。

ノースフェイス マウンテンジャケット 裾のスノーカフ

またジッパーを一番上まで上げてしっかり首元を隠した時に首回りとジャケットが擦れても大丈夫なように上部は生地が変わっています。

ノースフェイス マウンテンジャケット 首回りの生地

徹底的なユーザー目線で作られているんですよー!

ポケットが複数ある

ポケットも通常のジャケットより少し多めになっています。

前面に2つの大きめのポケット

ノースフェイス マウンテンジャケット 前面のポケット

そして裏地に小さめのポケットが2つ

ノースフェイス マウンテンジャケット 裏地のポケット

しっかり水が浸入しないように止水ジッパーになっているんです!

【価格】46000+税
【オススメ度】

マウンテンジャケットのサイズ感

マウンテンジャケットは実はサイズ感が少し難しいんです!

以下はマウンテンジャケットのサイズ寸法!

 着丈身幅肩幅袖丈
XS70544363
S72564466
M74584668
L76604770
XL78624972
XXL80645075

それと比較して以下が同じくゴアテックス搭載のクラウドジャケットのサイズ寸法!

 着丈身幅肩幅袖丈
S67544560
M69564762
L71584864
XL73605066
XXL75625169

比較すると分かると思いますが、マウンテンジャケットの方がワンサイズ大きめなんです。

実際に僕自身も172㎝65㎏でクラウドジャケットだとMサイズですが、マウンテンジャケットはSサイズです。

上がマウンテンジャケットのSサイズで、下がクラウドジャケットのMサイズの着用感です。

ノースフェイス マウンテンジャケット 着た状態正面 ノースフェイス クラウドジャケット 正面

正直Sサイズも少し大きめです。

ノースフェイス マウンテンジャケット 着た状態側面 ノースフェイス マウンテンジャケット 着た状態背面

サイズ感には注意しましょう!

普段のノースフェイスのサイズよりワンサイズ落として購入することをオススメします。

マウンテンジャケットの口コミ

主観的に個人の意見を述べてきましたが、ここらで客観点な意見も見ていきましょう!

15ねんも愛用しているなんてスゴイ!!スキー・スノボ用としても使える優れものなんですよねー!

確かにマウンテンジャケットはカラーが切り替えデザインなんですけど、個人的にはそれがカッコいいなーと思うので好みですね!

中が暖かいタイプがよいならマウンテンダウンジャケット!!

価格は確かに高め・・・

価格が高めに感じる場合は、GORE-TEX搭載しているもう少し安いマウンテンライトジャケットというアイテムも存在するのでそれを試してみるとよいでしょう!

マウンテンジャケットシリーズ

実はマウンテンジャケットにはいくつかの種類があります。

マウンテンジャケット

【価格】46000+税
【オススメ度】

一番シンプルかつ昔から存在する王道マウンテンパーカー!

こちらのマウンテンジャケットは元々アウトドア・登山用のウェアですが、シンプルかつオシャレでタウンユースにも使える優れもの。スノボウェアとしても使えちゃいます!

ちょっぴり肌寒さは残りますが、それはノースフェイスのインナーダウン・フリース等をジップインジップで連結させて解決!

インナーに着込むこと前提ならサイズ感には気を付けましょう!

シーズンで若干仕様が変わるのですが、最近のタイプは比較的生地の硬さがなく好評ですね。

ゴアテックスを使用しているとどうしても生地に柔軟性が出ず、硬くなってしまうので!

マウンテンダウンジャケット

【価格】62000+税
【オススメ度】

こちらはマウンテンジャケットに対してダウンがデフォルトで搭載されているマウンテンダウンジャケット

圧倒的に暖かいから保温性を求めるならマウンテンダウンジャケット!ただマウンテンジャケットもジップインジップなんで中にジンプインバーサロフトジャケットとか着こめば全然問題ないです!

マウンテンダウンジャケットは非常に人気で、売り切れ必至の商品になります。

マウンテンライトジャケット

【価格】36000+税
【オススメ度】

マウンテンライトジャケットはマウンテンジャケットより生地が薄く軽量なタイプ。

その分、保温性は下がりますが防水性だけを求めるならマウンテンライトジャケットでも十分!

価格も安く済むのでまずはマウンテンライトジャケットから入るとよいかもしれません。

マウンテンジャケット まとめ

ノースフェイスの定番ウェア マウンテンジャケット について徹底的にレビューしてきました!

【価格】46000+税
【オススメ度】

マウンテンジャケットは非常に機能性の高いノースフェイスの人気ジャケット!

少々価格は高いですが、購入する価値は十分あります!

より保温性が欲しい場合マウンテンダウンジャケット

それほどいらない場合はマウンテンライトジャケットを検討してみるとよいでしょう!

是非試してみてください!

ウシたん
ウシたん
マウンテンジャケット価格は高いけどめちゃくちゃ高機能じゃないか!

ウマたん
ウマたん
もしお金に余裕があるならマウンテンジャケットがオススメ!スノボウェアとしても活躍するからね!完全防水が必要ないならスクープジャケットという手もある!!

ノースフェイス スクープジャケット
ノースフェイスのスクープジャケットを元アウトドア店員が徹底レビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスの定番ジャケット「スクープジャケット」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!スクープジャケットは耐水性も高く保温性もある程度ありジップインジップなのでインナーと連結もできる、バランスの良いジャケットなんです!...

ちなみに他にもたくさんのノースフェイスアウターがあるので、是非こちらの記事を見てみてください!

ノースフェイス ジャケット
アウトドア店員がおすすめするノースフェイスジャケット/アウター/パーカー/26選の評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのおすすめアウター・ジャケットについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのジャケットは機能性もデザイン性も抜群に良いんです!...

 

0
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスあたりが大好き。 とにかく色んな人にアウトドアを身近に感じてもらえるような情報を発信中