クローム

クロームのMACHETO(マチェト)トラベルパックを元アウトドア店員が評価する!

クローム マチェト

評価:4

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。

耐久性が高くてオシャレに使えるトラベルバッグ

MACHETO(マチェト)!!

【価格】23000+税
【容量】42-48L
【オススメ度】

自転車ライディングユーザー向けのアイテムを多数展開しているクロームのトラベルバッグです。

格安航空の機内持ち込みサイズ規定をギリギリクリアできる最強のリュックなんですよねー!!

ウシたん
ウシたん
見た目は日常使いできそうなリュックだね!

ウマたん
ウマたん
もちろん日常使いもできるんだけど、トラベルシーンで使うことをおすすめ するよー!

この記事では、そんなMACHETO(マチェト)について見ていきます!

クロームとは

まずは、MACHETO(マチェト)を展開するクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください!!

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

デザイン性

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。

防水性

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

残念ながらMACHETO(マチェト)の防水レベルは1です。

耐久性

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

ちなみにMACHETO(マチェト)もバリスティックナイロン仕様です。

MACHETO(マチェト) TRAVEL PACKの魅力

クローム マチェト 全体

それではMACHETO(マチェト)の魅力について見ていきましょう!

メインコンパートメントへのアクセスがしやすい

マチェトは大容量かつ収納がしやすいトラベルバッグ。

キャリーケースのように大きくバッグを開くことができます!

クローム マチェト メインコンパートメント

容量は通常時42Lでマチを広げることで48Lまで拡張されるんです!

収納スペースが多彩

メインコンパートメントや外部ポケットなどの収納スペースが多彩になっています。

メインコンパートメントの左部はメッシュポケットになっています。

クローム マチェト メッシュポケット

右部は上下にポケットが分かれていて、下はメッシュで上は通常のポケットです。

クローム マチェト メインコンパートメント右部下のメッシュポケット クローム マチェト メインコンパートメント右部上のポケット

そして左部は上下に分かれた小物収納ポケット全体を開くことが可能!

開くと新たな収納スペースが現れます。

クローム マチェト メインコンパートメント内のジッパーポケット

また外部ポケットは、まずフロントポケット!

クローム マチェト フロントポケット

こちらにはキーチェーンが付いているので失くしやすい小物を留めておくことが可能です。

また、フロント上部にもポケット、バック上部にはPCスリーブがついています。

クローム マチェト フロント上部ポケット

耐久性抜群のバリスティックナイロン使用

クロームのリュックは耐久性の高いタイプが多いですが、その中でもMACHETOに用いられているのは1680デニールのバリスティックナイロン

バリスティックナイロンは防弾チョッキにも使われていたことのある最強生地なんです。

ただ耐久性が高い分、重くなるので注意が必要。

ちょっと雑に扱ってもびくともしませんので、航空機で預入れしても問題ありません。

格納可能なショルダーハーネス

収納可能なショルダーストラップが付いていて、ある時はボストンバッグのように、ある時はバックパックのように背負えます。

クローム マチェト ショルダーハーネス

格納するとこんな感じ。

クローム マチェト 背面

ただ、ショルダーストラップは収納可能な分、背負いやすさは△。容量42Lのバックパックのショルダーパッドとしては心もとない印象です。

マチを広げると容量が増える

通常は42Lなのですが、マチを広げることで48Lに容量が増えます!

クローム マチェト マチを広げる

もし中身がそれほどない場合は、マチを閉じてサイドのバックルを絞ることでコンパクトにすることが可能なんです!

クローム マチェト サイドバックル

機内持ち込みできるギリギリのサイズ

さらにさらに個人的にマチェトの魅力を最大限まで高めていると感じるのが、この形。

幅34×高さ46×マチ25-30というかなり立方体に近い形なのですが、これがギリギリ格安航空の機内持ち込みサイズをクリアする大きさなのです。

バックパックとか背負うと大体タテに長かったりするので機内持ち込みのサイズ規定を超えちゃうんですね。

その点、こちらのマチェトはちょうどギリギリクリアできる、かつ大容量で使い勝手も良いのでオススメです!

【価格】23000+税
【容量】42-48L
【オススメ度】

MACHETO(マチェト)の口コミ

MACHETO(マチェト)について主観的に見てきました!

ウシたん
ウシたん
素晴らしいトラベルバックパックだということが伝わってきたけど、他の人の意見も聞いてみたいな!

ウマたん
ウマたん
そうだね!他の人の意見も見ていこうか!

大容量で耐久性抜群のMACHETO!素晴らしい!防水性はそれほど高くないんですけどね、実は。

海外の方にも大人気!クロームの大容量バックパックは外人が背負っていると映えるんですよねー!

MACHETO(マチェト)のレビュー まとめ

MACHETO(マチェト)について徹底的に見てきました!

【価格】23000+税
【容量】42-48L
【オススメ度】

最後にMACHETO(マチェト)の魅力についてまとめておきましょう!

・メインコンパートメントへのアクセス
・収納スペースが多彩
・耐久性抜群のバリスティックナイロン使用
・格納可能なショルダーストラップ
・マチを広げると容量が増える
・機内持ち込みできるギリギリのサイズ

ウシたん
ウシたん
マチェトを背負って海外旅行に行ってみたくなった!

ウマたん
ウマたん
格安航空でも機内持ち込みできるのが嬉しい!ぜひマチェトと共に色んな場所を訪れてみてね!

トラベルバックパックとして非常に優秀なマチェト!

ショルダーストラップは少し心もとないので注意が必要ですが、耐久性・収納性ともに完璧です!

以下の記事でMacheto(マチェト)以外のクロームのリュックについてもまとめているので良ければ見てみてください!

クローム バッグ
18選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、クロームのバッグ・リュックに関して元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!クロームバッグ・リュックの魅力とランキングについて丁寧に伝えていきますよ!...
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。
Amazon Audible (アマゾンオーディブル)
アマゾンオーディブル

忙しくて書籍を読む時間のない、そこのあなた!!

まさにそんなあなたにピッタリのサービスがアマゾンオーディブル!!

アマゾンオーディブルなら好きな書籍が音声で聞ける!今なら無料で1か月で試せるのでぜひ試してみてください!

アマゾンオーディブルについて詳しく見てみる