【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
クローム

クロームのMACHETO(マチェト)トラベルパックを元アウトドア店員が評価する!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたんです。

今回はCHROME(クローム)からMACHETO(マチェト)という一風変わったトラベルバッグのご紹介です。

格安航空の機内持ち込みサイズ規定をギリギリクリアできる最強のトラベルバッグです!

クロームとは

まずは、Macheto(マチェト)を展開しているクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

奇抜なデザイン

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。今回紹介するメッセンジャーバッグも特徴的なデザインで、一目でクロームだと分かります。

最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけられるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

ちなみに今回ご紹介するマチェトもバリスティックナイロン仕様です。

MACHETO(マチェト) TRAVEL PACK

【価格】23000+税

マチェトは大容量かつ収納がしやすいトラベルバッグです。

キャリーケースのように大きくバッグを開くことができます。

容量は通常時42Lでマチを広げることで48Lまで拡張されます。

収納可能なショルダーストラップが付いていて、ある時はボストンバッグのように、ある時はバックパックのように背負えます。

ただ、ショルダーストラップは収納可能な分、背負いやすさは△。容量42Lのバックパックのショルダーパッドとしては心もとない印象です。

生地には最強の耐久性を誇るバリスティックナイロンを用いていて、ちょっと雑に扱っても全く破けないでしょう。

どでかいメインコンパートメントの他にラップトップPCを収納するコンパートメントと、外部ポケットがあります。

細かい収納もできるのは嬉しいですね。

さらにさらに個人的にマチェトの魅力を最大限まで高めていると感じるのが、この形。

幅34×高さ46×マチ25-30というかなり立方体に近い形なのですが、これがギリギリ格安航空の機内持ち込みサイズをクリアする大きさなのです。

バックパックとか背負うと大体タテに長かったりするので機内持ち込みのサイズ規定を超えちゃうんですね。

その点、こちらのマチェトはちょうどギリギリクリアできる、かつ大容量で使い勝手も良いのでオススメです!

以下の記事でMacheto(マチェト)以外のクロームのリュックについてもまとめているので良ければご覧ください!

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマたんです!   今回は最高におすすめのバッグブランドであるChrome(ク...
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドはKEENとミステリーランチが特に好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。