おすすめ商品まとめ

バックパッカー必見!機内持ち込みできるオススメバックパック10選!

ウマたん
ウマたん
本記事では、バックパッカーにオススメする機内持ち込みのできるバックパックを紹介していきます!!バックパッカー&アウトドア店員だった僕が自信を持ってオススメ!

こんにちは!

元アウトドアショップ店員でバックパッカー旅行大好きなウマたん(@umatan_ushitan)です。

バックパッカーにとって悩みの一つが機内持ち込みのできるバックパック選び。

できるだけ節約したいので、荷物は全て格安航空LCCの機内持ち込みで乗り切りたい!

ただ、LCCは機内持ち込みの制限が厳しくかつ受託手荷物として預けてしまうと高額になりLCCの意味がなくなってしまう・・・

とはいえ、そんなに小さなバックパックじゃ荷物入り切らんよ!

そんなジレンマに悩まされていないでしょうか?

ウシたん
ウシたん
機内持ち込みできるギリギリのサイズで、出来るだけ大容量かつ高機能なバックパックが欲しい!

ウマたん
ウマたん
ギリギリ機内持ち込みできるサイズをせめたいよね!!

ということでこの記事では、そんなバックパッカーの悩みを解決する機内持ち込み制限クリア高機能バックパックを紹介していきたいと思います!

機内持ち込み可能バックパックを選ぶポイントと注意点

まずは、機内持ち込みバックパックを選ぶポイントと注意点について見ていきましょう!

サイズ感

当たり前ですが、サイズ感が最も大事!機内持ち込みできるかどうか!

各種格安航空の機内持ち込みが出来るサイズを見ていきましょう!

主要格安航空の機内持ち込み制限サイズは以下の通り。

バニラエア55cm×40cm×25cm以内かつ、3辺の合計が115cm以下
ピーチ3辺の合計が115cm以下
ジェットスター56cm×36cm×23cm以内
スカイマーク55cm×40cm×25cm以内かつ、3辺の合計が115cm以下
エアドゥ55cm×40cm×25cm以内かつ、3辺の合計が115cm以下

バニラエア、スカイマーク、エアドゥは全く一緒で、ジェットスターが少し厳しめ。基本的に各社ともほとんど変わりませんね。

これ以外に重さの制限もあるので荷物を詰め込む際は気を付けましょう!

7㎏の場合と10㎏の場合があります。

数字で見てもあまりイメージが湧かないと思うので実際に普段使っているリュックを測ってみてください!

おそらくタウンユースで使っているリュック・バックパックはこの制限内に十分収まっていると思います。

ただ、いわゆるアウトドアやトレッキング用のバックパックになると長辺が55㎝を超えてしまうことが多いんです。

耐久性

機内持ち込みとはいえ雑に扱わざるを得ないケースが多くありますので、耐久性の良いバックパックであることが大事!

耐久性が低い生地のバックパックを使ってしまうと、海外滞在中に破けるなど不幸に見舞われる可能性が・・・

実地での使いやすさ

もちろん機内持ち込みできること・耐久性も大事ですが、実地で使いにくかったら元も子もありません。

ショルダーハーネスがしっかりしているかどうか・背負いやすいか・中の荷物へのアプローチがしやすいかどうか、などが実地使用において非常に重要になってきます。

ちょっとくらい機内持ち込み制限超えてもよいのでは?

ウシたん
ウシたん
ちょっとくらいサイズをオーバーしても大丈夫なんじゃないのー??

ウマたん
ウマたん
いや!それは危険なんだ!!

ちょっとくらい制限を超えても持ち込めた!という話も聞きますが、それはたまたま運が良かっただけ。

確かに人によって厳しい人と甘い人がいるので、少しくらい制限を超えていても問題ない可能性はあります。それ持ち込めるんかい!ってくらい大きなバックパック背負っている外人もいますしね笑

ただ、だからと言ってあなたも持ち込めるとは限りません。

制限に引っかからないか心配する旅行なんて嫌だと思うので必ず制限以内に収まるバックパックを用意しておきましょう!

機内持ち込み可能なおすすめバックパック

それでは機内持ち込みが可能なバックパックを順番に見ていきましょう!

個人的なオススメ度も記載しているので参考にしてください!

Macheto(マチェト)【クローム】

【価格】23000+税
【サイズ】46㎝×34㎝×25-30㎝(42L-48L)
【オススメ度】

クロームという非常に高機能ブランドが展開するMacheto(マチェト)

クローム マチェト 全体

サイズは立方体に近く、ジェットスター以外は問題なく制限以内に収まっています。マチがあるので、状況に応じて広げて使いましょう。

容量は42L-48Lと申し分ない大容量!

スーツケースのように大きく両サイドに開くので、荷物の収納・出し入れが容易です。

クローム マチェト メインコンパートメント

表面にはバリスティックナイロンと呼ばれる高耐久の素材を用いているので破けたり穴が空いたりすることはまずないでしょう。

ただ、背負うショルダーパッドの部分が心もとないので肩への負担は大きくなってしまいます。

クローム マチェト ショルダーハーネス
ウマたん
ウマたん
Machetoは見た目がスタイリッシュでショルダーハーネスを収納できるのでビジネス出張にも活躍するぞ!

Macheto(マチェト)に関してはこちらに詳しくまとめているので見てみてください!

クローム マチェト
クロームのMACHETO(マチェト)トラベルパックを元アウトドア店員が評価する!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。 耐久性が高くてオシャレに使えるトラベルバッグ M...

フォートナイト【クローム】

【価格】26000+税
【サイズ】52㎝×33㎝×18㎝(40L)
【オススメ度】

こちらは同じくクロームのバックパック「フォートナイト」!

全ての格安航空の機内持ち込み規制をクリアしています。

フォートナイトは、John Cardielという有名なライダーの方が開発したリュックで、大量の荷物を詰め込んで旅をする人向けのリュックになっています。

メインの収納スペースはU字型に大きく開くので荷物の収納・出し入れが容易。前面にある外部ポケットには小物を収納することもできます。

また、前面のフラップを調整すると小型のバックや細長いモノを挟んで運ぶことも可能です。

ウマたん
ウマたん
フォートナイトはとにかくカッコいい!泥臭いバックパッカー感は無くなってしまうけどカッコつけたっていいじゃないの

フォートナイトに関してはこちらに詳しくまとめているので見てみてください!

元アウトドア店員がクロームのFORTNIGHT(フォートナイト)の魅力に迫る!こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です! 今回は、クロームの超大容量ストリートリュック”FO...

スイートピー【ミステリーランチ】

【価格】36000+税
【サイズ】46㎝×29㎝×22㎝(33L)
【オススメ度】

ミステリーランチから高機能バックパック「スイートピー」!機内持ち込み制限を完全にクリア!

スイートピーは米軍仕様である3DAYアサルトを一般人向けにリニューアルしたバックパック。

ミステリーランチ特有3ジップデザインを採用しており、収納・荷物の出し入れが簡単です。またフューチュラヨークシステムも搭載しており肩への負担が大きく軽減されます。

長距離歩行の多いバックパッカーにはありがたい!

そして素材は500デニールのコーデュラナイロンを用いているので耐久性抜群!

ただ容量が今までご紹介してきたタイプに比べると小さめの33Lとなっているのと価格も少々高めな設定です。

ウマたん
ウマたん
米軍も使用するくらいミステリーランチには信頼があるんだ!米軍兵になった気持ちでバックパッカー旅行を楽しもう!

スイートピーに関してはこちらに詳しくまとめているので見てみてください!

使い心地抜群!ミステリーランチのスイートピーをアウトドア店員がレビュー!   こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!!   何度もブログの中で大好きなミステ...

ビッグショット【ノースフェイス】

【価格】15000+税
【サイズ】52㎝×33㎝×16㎝(33L)
【オススメ度】

ノースフェイスのバックパックは高機能なのに価格が安くてリーズナブルなモノが多い!

シンプルで使いやすいのがこちらのビッグショット

ノースフェイス ビッグショット 全体

クセがなく、一般的なタウンユースリュックを大容量サイズにしたタイプ。

メインコンパートメントは大きく開くので荷物へのアクセスが容易です!

ノースフェイス ビッグショット メインコンパートメント

価格もリーズナブルなので手が届きやすくてオススメですよー!

ウマたん
ウマたん
シンプル イズ ザベスト!クセのない汎用的なバックパックだ!

ビッグショットに関しては以下の記事でまとめています!

ノースフェイス ビッグショット
ノースフェイスのビッグショットを元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスの定番大容量リュック「ビッグショット」を元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ビッグショットはシングルショットやホットショットなどの小さい容量タイプと何が違うのでしょうか?...

Kabig(カビッグ)【ノースフェイス】

【価格】22000+税
【サイズ】52㎝×34㎝×19㎝(41L)
【オススメ度】

こちらのカビッグは機内持ち込み制限をクリアして41Lという大容量バックパック。

メインの収納スペースは大きく開くので荷物へのアクセスが容易。

裏側の生地がオレンジ色になっていて視認性が高いため、中の荷物を取り出すときに役立ちます。

奥に入り込んでしまったスマホやペンを取り出すためのイジェクターと呼ばれる引っ張りが付いており、こちらも中の荷物を取り出すのに便利!

とにかくユーザビリティを徹底的に考えられたバックパックなんです!バックパッカーには非常に便利で使いやすい機能がたっぷり詰まっていますよ!

ウマたん
ウマたん
ゲキオシしているのはこのカビッグ!規定サイズ内に収まって高スペックかつ低価格!バックパッカーの味方だな!

カビッグに関してはこちらに詳しくまとめているので見てみてください!

圧倒的な使い心地!ノースフェイス「KABAN(カバン)」の魅力とレビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのユーザビリティ抜群リュック「Kaban」について徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスの数あるリュックの中でも最高のリュック!...

ウォーカー33【コールマン】

【価格】6,800+税
【サイズ】51㎝×33㎝×22㎝(33L)
【オススメ度】

コールマンウォーカー33は、ノースフェイスのビッグショットと似たフォルムで収納スペースも似ています。

コールマン ウォーカー33 全体

価格が非常に安く、使い勝手も良くオススメ!

コールマン ウォーカー33 メインコンパートメントにはPCスリーブ

収納スペースが多く、収納スペースと荷物へのアプローチのしやすさは申し分ないでしょう!

コールマン ウォーカー33 ボトルポケット

ただ残念なのは、ショルダーハーネスのクッション性がいまいちなのと生地の薄さ!

コールマン ウォーカー33 ショルダーハーネス

ウォーカー33について詳しくは以下の記事でまとめています!

Coleman(コールマン)のウォーカー33を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、コールマンの人気リュック「ウォーカー33」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ウォーカー33は大容量で使いやすいんですが、価格が非常にリーズナブル!...

シールド35【コールマン】

【価格】11,000+税
【サイズ】50㎝×31㎝×18㎝(35L)
【オススメ度】

ノースフェイスのヒューズボックスにそっくりのこちらのタイプ「シールド35」!

コールマン シールド35 全体

直方体で35Lの大容量なので、基本的にはなんでも入ります。これ一つでちょっとした旅行にも出かけちゃえますね。

コールマン シールド35 上部のジッパー

シールドは容量も大きく荷物もたくさん入るんですが、アクセスが良いのが素晴らしい!

メインコンパートメントに対してバックサイドジッパーからアクセスできるんです!!

コールマン シールド35 背面サイドジッパー

しかも両サイドから!!

コールマン シールド35 背面サイドジッパー

荷物が入っていなくても型が崩れることなく自立して立つので使い勝手は〇

両サイドにボトルポケットがあって便利。

コールマン シールド35 ボトルポケット

防水素材を用いているので、雨に降られても問題なし。

Coleman(コールマン)のリュックは価格がそれほど高くないので嬉しいですね。オススメです!

詳しくは以下の記事でまとめてます!よければ見てみてください!

コールマン シールド35
コールマンのシールド35を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、コールマンの多機能リュック「シールド35」について徹底的にレビューしていきます!直方体で荷物へのアクセス性が高く、収納スペースが豊富な使いやすいリュックに仕上がっています!...

スプリンデール30【チャムス】

【価格】16,000+税
【サイズ】50㎝×33㎝×18㎝(30L)
【オススメ度】

チャムスの展開するスプリンデールは最強のユーザビリティを誇ります!

チャムス スプリングデール 全体

収納スペースが多彩で細かい荷物もまとまった荷物も簡単に収納できます!

チャムス スプリングデール メインコンパートメント

そしてレインカバーが下部に収納されているので、突然の雨にも対応可能!

チャムス スプリングデール 防水カバー チャムス スプリングデール 防水カバーを付けた状態

そして、何といっても取り外すことのできるウェストポーチが最高!

チャムス スプリングデール ウェストベルト

バックパックとして移動中はウェストベルトとして機能させ、滞在中はウェストポーチとして取り外し観光などに使用することが可能!

チャムス スプリングデール ウェストポーチ

スプリングデールに関して詳しくは以下の記事でまとめていますのでよければ見てみてください!

チャムス スプリングデール
チャムスのスプリングデールを元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、チャムスのスプリングデールについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます。取り外し可能なウェストベルトや多彩な収納スペースなどユーザビリティを徹底的に考えられたギミックが豊富! ...

セオントランスポーター【マムート】

【価格】19500+税
【サイズ】30W×50H×15Dcm(26L)
【オススメ度】

セオントランスポーターはマムートの展開する最強ビジネスバッグ!

26Lなので長期滞在には向いていませんが、非常に使いやすくて普段のビジネスユースでも使えるおすすめのビジネスリュックです!

マムート セオントランスポーター 全体

スーツケースのように大きく開くメインコンパートメントが魅力!

マムート セオントランスポーター メインコンパートメント

このように大きく開くので荷物も収納しやすいですし、中の荷物へのアクセスも非常に楽!!

そしてそして収納スペースが非常に多彩で小物も効率的に収納できるようになっているんです!

まずは、先ほどのメインコンパートメントの右側下部には小さい収納スペースが!

マムート セオントランスポーター メインコンパートメント右下ポケット

そして左上にはメッシュの収納スペースが!

マムート セオントランスポーター 左上ポケット

そして、リュックの前面にはPCや書類などを収納可能なスペースがあります。

メッシュポケットも付いています!

マムート セオントランスポーター 前面ポケット

さらに、リュックの上部には簡単にアクセスしやすい小物収納スペースがあります。

マムート セオントランスポーター 上部ポケット

こちらには、スマホなどを収納できるスペースと

マムート セオントランスポーター 上部ポケットの中

メッシュポケットがあります。メッシュポケットにはキーストラップ付き

マムート セオントランスポーター 上部ポケットの中

まだこれ以外にも収納スペースがあり、色々なギミックもあるオススメのリュックに仕上がっています!

そんなセオントランスポーターに関しては以下の記事でくわしくまとめています!

マムート セオントランスポーター
マムートのセオントランスポーターを元アウトドア店員が徹底レビュー当ブログ【ウマブロ】の本記事では、マムートの最強ビジネスリュック「セオントランスポーター」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!他のブランドとの比較も最後にしています。...

コンパス40【グレゴリー】

【価格】17,000+税
【サイズ】34W×55H×25Dcm(40L)
【オススメ度】

グレゴリーが誇る超特大容量のビジネストラベルバックパック「コンパス40」!

グレゴリー コンパス40 全体

コンパス40の魅力は、メインコンパートメントの開閉性!

メインコンパートメントは背面部分からアプローチします。

グレゴリー コンパス40 背面パネル グレゴリー コンパス40 背面メインコンパートメントにジッパー

U字に大きく開くジッパー!

グレゴリー コンパス40 メインコンパートメント

スーツケースのように開くので荷物の収納が非常に容易です。

小物収納スペースも非常に多彩で、細かい荷物が多い人にもピッタリ!

グレゴリー コンパス40 メッシュポケット

盗難防止のギミックが用意されていたりと非常に充実した使いやすいバックパックになっています。

グレゴリー コンパス40 ボトムポケット グレゴリー コンパス40 ボトムポケットのジッパー

これだけ大きなバックパックで重量はたったの980gなので非常に軽量です。

コンパス40に関しては以下の記事で詳しくまとめているのでチェックしてみてください!

グレゴリー コンパス
グレゴリーコンパス30・40の違いや魅力を元アウトドア店員が徹底レビュー!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、グレゴリーの最強トラベルユースバック「コンパス40」と「コンパス30」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!細かい収納スペースやギミックが搭載されていて使いやすいバックパックに仕上がっています!...

機内持ち込みできるバックパック まとめ

機内持ち込みできるギリギリを攻めることの出来るバックパックを紹介してきました!

なかなか悩みどころの多いバックパック選び!

今回ご紹介した機内持ち込み可能バックパックは、どれもオススメなので是非参考にしてみてください!

タウンユースでも十分使えるタイプばかりなので、是非普段使いにも取り入れてみてください。

ちなみにバックパックを機内持ち込みする際は、早めに搭乗するようにしましょう!早く搭乗しないと機内の収納スペースが埋まってしまいます。

ちなみにバックパッカーとして海外に行く場合(特に東南アジア)の持ち物を以下の記事にまとめているのでこちらも参考にしてみてください!

東南アジアバックパッカー旅行で必要な持ち物と注意すべきこと  こんにちは! 先日、東南アジアへバックパック一人旅に行ってきました!   海外一人旅は初めてだったので、どんな荷物を持ってい...
ウマたん
ウマたん
機内持ち込みできる最強バックパックを用意して旅を存分に楽しもう!

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。
Amazon Audible (アマゾンオーディブル)
アマゾンオーディブル

忙しくて書籍を読む時間のない、そこのあなた!!

まさにそんなあなたにピッタリのサービスがアマゾンオーディブル!!

アマゾンオーディブルなら好きな書籍が音声で聞ける!今なら無料で1か月で試せるのでぜひ試してみてください!

アマゾンオーディブルについて詳しく見てみる