ノースフェイス

アウトドア店員がオススメするノースフェイスのリュック24選の評判とランキング!

ノースフェイス リュック

ウマたん
ウマたん
当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスの人気リュック・バッグをタウンユースとビジネスユースと登山ユースに分けて元アウトドア店員が徹底的に比較していきます!色んなデザインで様々な機能が詰まったリュックを多数展開しているんです!
 
こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!!
 
今回おすすめするのはノースフェイスのリュック・バッグ
 
圧倒的に使いやすい商品をシーン別に分けて紹介していきます!
 
 
みなさんは、普段どんなリュックどんなバッグを使っていますか??
 
本当に使いやすいリュックに出会っていますか?
 
 
アウトドアショップで働く前は、それほどリュックのブランドなんて気にせずデザインだけで選んでいました。
 
アウトドアショップで働きはじめて、びっくり!
 
ノースフェイス製品の品質の良さ・機能性の高さに驚かされました!
 
例えば、ジッパー1つとっても安いリュックとノースフェイスのリュックでは滑らかさが全然違う!
 
少しの違いなんですけど、開け閉めが劇的にしやすかったりするんですね!
 
しかも耐水性や耐久性なども高く実用的!
 
是非ノースフェイスのリュックをしっかり機能も知った上で本当に良いモノを選んで欲しい!!
 
そんな気持ちでこの記事を書きました。
 
オススメしたいアウトドアブランドはたくさんあるのですが、今回はその中でもアウトドアを語るには外せない大人気ブランド、ノースフェイスのおすすめリュック・バッグのご紹介です!
 
ウシたん
ウシたん
ノースフェイスのリュックを背負っている人よくみるなー!

ウマたん
ウマたん
元々はアウトドアシーンでのリュックがメインだったんだけど、最近ではタウンユースのリュックが増えてきてて多くの人が街で使うようになってきたね!

まずは、ノースフェイスのリュックの魅力について見ていきます。
 
そして最後にはオススメランキングも発表しますので購入する際の参考にしてみてください!
 
 

なぜノースフェイスのリュックが人気なのか

ノースフェイス シャトルデイパック 全体
 
アウトドアショップで働いていると、やはりノースフェイスは圧倒的なブランド力を持っているなーと思います。
 
それでは、なぜそれほどまでにノースフェイスのリュック・バッグが選ばれるのか、その秘密を見ていきましょう!

ユーザビリティが高い

ノースフェイスは老若男女さまざまな年代の人から幅広い人気を得ている!
 
なぜか。
 
ノースフェイス ジェスター ショルダーハーネス
 
それは軽量性や体へのフィッテイング、そしてユーザー目線での使いやすさを徹底的に考えているからなんです!
 
ウマたん
ウマたん
ノースフェイスのリュックを使ってみるとやっぱり使いやすいんだよね~!
ノースフェイスの定番大人気リュックであるヒューズボックスは、今までのリュックの概念を覆し、荷物へアプローチしやすく自立タイプの四角いリュックで多くの支持を得ています。
 
これも徹底的にユーザビリティを考えた上での結果なんですね!

デザインがかっこいい

「デザインではなくアウトドアブランドの機能・使いやすさを知って選びましょう!」
 
とか言ってきましたが、やっぱりなんだかんだデザインは大事ですよね!
 
ノースフェイス BCヒューズボックス 全体
 
もちろんデザインはかっこよいのに使いにくかったら元も子もありませんが、ノースフェイスのリュックは最高に使いやすいのにデザインもカッコ良いんです!
 
ウマたん
ウマたん
絶妙にかっこつけすぎずシンプルにかっこよいリュックが多い!

種類が豊富

やはりノースフェイスの展示会などに行ってびっくりするのが他店とは違う圧倒的な種類の豊富さです!
 
本当に色んな形・色んな容量のリュックを展開しています。
 
ノースフェイス ホットショット ノースフェイス シャトル3WAYデイパック 全体 ノースフェイス ジェスター 全体
 
使うシーンによっても登山なのか旅行なのかタウンユースなのかで多くのタイプが存在します!
 
また値段帯も手の届きやすい安価なものから高価なものまでさまざまなものがございます。
 
これが老若男女たくさんの人から愛されるゆえんだと思ってます!
 
ただ、それほどまで種類が豊富だとどれを選べばよいのか逆に悩んでしまいますよね?
 
そこでこれからその中から厳選したノースフェイスのおすすめリュックをご紹介致します!
 
まずは、タウンユース・ビジネスユース・そして登山などのアウトドアユースのものを紹介していきます!
 
もちろんタウンユースのものをアウトドアシーンで使ったり、アウトドアユースなものをタウンシーンで使ったりすることはできます!
 
ウマたん
ウマたん
幅広いシーンで使うことができるのもノースフェイスの良いところ!

タウンユースでおすすめのノースフェイスリュック・バッグ

 
登山シーンをメインに展開しているブランドでしたが今ではタウンユースで絶大な人気を誇っています。
 
早速そんなノースフェイスのおすすめタウンユースリュックそしてバッグをご紹介していきましょう!
 
ウマたん
ウマたん
まずは、簡単な表でまとめてみたよ!商品名タップで詳細に飛べるよー!

商品名オススメ度価格容量
オーガニックコットントート
2800+税20L
ユーティリティトート
4500+税
ジェスター
9000+税29L
ボストーク

15000+税30L
ヒューズボックス

15000+税30L
XPヒューズボックス
21000+税30L
BCヒューズボックストート
9500+税19L
ジェミニ20
11000+税20L
シングルショット
10000+税23L
ホットショット
15000+税26L
ビッグショット

16000+税32L
 
それではこれらのリュックについて詳しく見ていきましょうー!
 

オーガニックコットントート

【価格】2800+税
【容量】20L
【オススメ度】
まずはこちら!おしゃれなノースフェイスのロゴが入ったトートバッグ。
 
シンプルなデザインで合わせやすいです。
 
お手頃なお値段ですが、さすがノースフェイス!生地感もしっかりしているので重宝するでしょう。
 
ただ、結構持っている人が多いので、被ることが多いと思います。
 

ユーティリティトート

【価格】4500+税
【オススメ度】

オーガニックトートバッグよりも収納スペースが広がり、容量も増したタイプ。

 
外部ポケットと内部ポケットがあり、細かい収納にも困りません!
 
さらに手持ちトートでも肩掛けショルダーバックでもどちらでも使える2Wayになっています。
 
普段使いに非常に重宝するバッグに仕上がっています!
 

ジェスター

【価格】9000+税
【容量】29L
【オススメ度】

ジェスターは大容量高機能で本格的なリュックなのに1万円を切っているというコスパの高さが魅力!!

ノースフェイス ジェスター 全体

小物が収納できるフロントスペース!

ノースフェイス ジェスター フロントコンパートメント ノースフェイス ジェスター フロントジッパーポケット

メインコンパートメントにはPCを収納するスリーブもあります。

ノースフェイス ジェスター PCスリーブ

ボトルポケットを両サイドに用意。

ノースフェイス ジェスター ボトルポケット

非常に使いやすい高機能リュックに仕上がっています。

ただジッパーが下まで下がらないのが若干難点で、奥の荷物の出し入れがしにくいです。

ノースフェイス ジェスター メインコンパートメント

まあそれでも1万円以下のリュックとしては十分なクオリティ!

ジェスターに関しては以下の記事で詳しくまとめていますのでチェックしてみてください!

ノースフェイス ジェスター
ノースフェイスのジェスターを元アウトドア店員が徹底レビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスのジェスターについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ジェスターはノースフェイスリュックの中で特に価格がリーズナブルでお手頃な高機能リュックです!...

ボストーク

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥14,851
(2020/07/14 15:00:02時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】15000+税
【容量】30L
【オススメ度】

ボストークは収納スペースが多く、使いやすいリュック!

ノースフェイス ボストーク 全体

センタージッパーをフロント上部ポケット!

ノースフェイス ボストーク センタージッパー ノースフェイス ボストーク フロントポケット

ボトルポケットを両サイドに搭載しています!

ノースフェイス ボストーク ボトルポケット

収納可能なウェストベルトが付いていて、アウトドアシーンと普段使いでウェストベルトを使い分けることができます。

ノースフェイス ボストーク ウェストベルト

BCヒューズボックス

【価格】15000+税
【容量】30L
【オススメ度】
ノースフェイスのリュックといえばこのヒューズボックスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
 
ノースフェイス BCヒューズボックス 全体
 
それくらい良く見ますね!
 
若者を中心に人気です。
 
人気の秘密はそのシンプルな構造とカラーの豊富さ!
 
メインコンパートメントが大きく30Lという大容量で基本的に普段使いから旅行まで幅広く活躍します。
 
ノースフェイス BCヒューズボックス メインコンパートメント
 
 
また、中の荷物に影響されず一定の形状と保ち、直方体なので地面に自立して置けるのが便利です。
 
意外と小物収納スペースもあり収納には困りません!
 
ノースフェイス BCヒューズボックス メインコンパートメントのオーガナイザー ノースフェイス BCヒューズボックス メインコンパートメントのジッパー
 
使いやすいことには変わりませんが、いかにもノースフェイスという感が出てしまい、他の人と被りたくない人にはおすすめしません!
 
BCヒューズボックスに関しては以下の記事で詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!
 
ノースフェイス BCヒューズボックス 全体
ノースフェイスのBCヒューズボックスを元アウトドア店員が徹底レビュー! こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。 ノースフェイスの中でも特に有名なリュックがBC...

XPヒューズボックス

【価格】21000+税
【容量】30L
【オススメ度】
基本的に構造はヒューズボックスと変わりません。
 
ただこちらのXPヒューズボックスは素材が変わりより摩耗に強くなりかつ軽量であるといった特徴があります!
 
普通のBCヒューズボックスは1200gほどなのに対してXPヒューズボックスは900gほどと相当軽量化に成功しています。
 
ただその分価格も高くなっており、それほどこだわりがなければ普通のBCヒューズボックスで良いかなという気もします。
 

BCヒューズボックストート

【価格】9500+税
【容量】19L
【オススメ度】

今流行りのトートバッグとリュックの2Wayバッグです。

 
フロントジッパーポケットもあり、メインコンパートメントにはインナーボトルポケットやオーガナイザーがあり収納にはあまり困らないと思います。
 
容量も19Lなのでちょうど良いですね。
 
ただ、ミステリーランチなどが展開しているブーティーバッグと違って、閉め口がフックになっているので利便性は低いなと感じます。
 
ミステリーランチは背負うと自動的に口が閉まるような設計になっているので利便性が高いです。
 
ミステリーランチのブーティーバッグについて詳しくは以下の記事にまとめてます。
 
ミステリーランチ ブーティーバッグ
元アウトドア店員がミステリーランチ「ブーティーバッグ」の評判と魅力に迫る!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ミステリーランチの大人気タウンユースリュック「ブーティーバッグ」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!可愛いデザインと使いやすい2Wayタイプのリュックで快適に街歩き!...

好みの問題かもしれませんが比較検討することをおすすめします。
 

ジェミニ20

【価格】11000+税
【容量】20L
【オススメ度】

スタンダードなリュックですが、驚くのはその背負い心地!

 
ショルダーパッドなどのクッションが厚く背負っていても疲れにくいです!
 
前面にはセンタージッパー付きコンパートメントがあり、便利です。
 
コンパートメント内にはオーガナイザーがあり、小物の収納も便利です!
 
サイドにはボトルポケットが付いています。
 

シングルショット

【価格】10000+税
【容量】23L
【オススメ度】

非常にシンプルなデザインのリュックでタウンユースにちょうど良いです。

 
メインコンパートメント、セカンドコンパートメント、フロントジッパーポケットがあり、非常に収納レベルが高いです。
 
またボトルポケットもついているので便利です。
 
セカンドコンパートメントにはオーガナイザーがついているので小物の収納にも困りません。
 

ホットショットクラシック

【価格】15000+税
【容量】26L
【オススメ度】

アウトドアテイストのシンプルなデザインのリュックです。

 
シングルショットの容量が大きくなったものと考えて問題ないと思います。
 
容量もちょうど良く、使いやすいです。
 
ノースフェイス ホットショット 全体
 

バランスが良く様々なシーンで使えること間違いなし!!

メインコンパートメントとフロントポケットで収納完璧!

ノースフェイス ホットショット フロントコンパートメント ノースフェイス ホットショット メインコンパートメント

ホットショットについて詳しくは以下の記事でまとめていますのでよければ見てみてください!

ノースフェイス ホットショット
ノースフェイスのホットショットを元アウトドア店員が徹底レビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスの定番リュック「ホットショット」を元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!容量が大きく収納スペースも多く、デイユースにも旅行にも使えるオススメのリュックに仕上がっています!...

ビッグショットクラシック

【価格】16000+税
【容量】32L
【オススメ度】

ホットショットの容量が大きくなったタイプです。

 

ちょっとした旅行であればこれ一つで十分です!

ノースフェイス ホットショット 全体

メインコンパートメントは大きく開くので大容量の荷物も収納可能です!

ノースフェイス ビッグショット メインコンパートメント

ビッグショットについて詳しくは以下の記事でまとめていますのでよければ見てみてください!

ノースフェイス ビッグショット
ノースフェイスのビッグショットを元アウトドア店員が徹底レビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスの定番大容量リュック「ビッグショット」を元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ビッグショットはシングルショットやホットショットなどの小さい容量タイプと何が違うのでしょうか?...

ビジネスユースでおすすめのノースフェイスリュック

ノースフェイス シャトルデイパック

続いてフォーマルなデザインと使いやすい収納構造で、ビジネスユースにおすすめのノースフェイスリュックをまとめていきたいと思います!

ウマたん
ウマたん
まずは、簡単な表でまとめてみたよ!商品名タップで詳細に飛べるよー!

商品名オススメ度価格容量
シャトルデイパック
18000+税25L
シャトル3Wayディパック
22000+税25L
シャトルデイパックSE
26000+税25L
KABAN(カバン)
18000+税26L
カビッグ(KABIG)
22000+税41L
アクセス22
37000+税22L
アクセス28
40000+税28L
 
それではこれらのリュックについて詳しく見ていきましょうー!

シャトルデイパック

【価格】18000+税
【容量】25L
【オススメ度】

ノースフェイスが展開するビジネスシーンに最適なリュックです。

 
ノースフェイス シャトルデイパック 全体
 
非常にシンプルなデザインで書類やPCを収納するのに最適な構造になっております!
 
ノースフェイス シャトルデイパック メインコンパートメント
 
1000デニールのコーデュラナイロンを使っているので非常に耐久性に優れております。
 
以下の記事でシャトルデイパックについて詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!
 
ノースフェイス シャトルデイパック
ノースフェイスのシャトルデイパックを元アウトドア店員が徹底レビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスの超定番リュック「シャトルデイパック」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ビジネスシーンで非常に使いやすいリュックに仕上がっています!...

シャトル3Wayディパック

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥16,940
(2020/07/14 17:53:40時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】22000+税
【容量】25L
【オススメ度】

シャトルディパックをさらに3Wayで使えるように多機能化したものです。

 
ノースフェイス シャトル3WAYデイパック 全体
 
リュックとしても、ブリーフケースとしても、ショルダーバッグとしても使える優れもの!
 
ノースフェイス シャトル3WAYデイパック ショルダーハーネス ノースフェイス シャトル3WAYデイパック ショルダーストラップ
収納スペースが非常に豊富で2つに分かれたフロントポケットには小物を細かく収納できます。
 
ノースフェイス シャトル3WAYデイパック スマホポケット ノースフェイス シャトル3WAYデイパック 右側ポケット
メインコンパートメントは大容量で多くの荷物が入ります!
 
ノースフェイス シャトル3WAYデイパック メインコンパートメント
PCや書類を入れるセカンドコンパートメントも用意されており非常にクオリティが高い!
 
ノースフェイス シャトル3WAYデイパック PCスペース
ただ、ショルダーハーネスの収納がやや面倒・・・
 
ノースフェイス シャトル3WAYデイパック ショルダーハーネス取り外し
まあそれでも十分、ビジネスシーンで活躍すること間違いなしですね!
 

詳しくは以下の記事でまとめています!

ノースフェイス シャトル3WAYデイパック
ノースフェイスのシャトル3WAYデイパックを元アウトドア店員がレビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスの3WAYリュック「シャトル3WAYデイパック」について徹底的にレビューしていきます!ビジネスシーンで使いやすい機能が詰め込まれたリュック!...

シャトルデイパックSE

【価格】26000+税
【容量】25L
【オススメ度】

さきほどのシャトルディパックに高級な生地を採用したものです。

 
高級感が増していますが、容量も変わっていないので特にこだわりのない方は普通のシャトルディパックを選んで良いと思います。
 

カバン(KABAN)

【価格】18000+税
【容量】26L
【オススメ度】

その名もカバン!!なんともいえないネーミングで最初に見た時はびっくりしました!笑

 
ノースフェイス Kaban フロントポケット
 
名前からは想像できないほど非常に使いやすく、おすすめできるリュックになっています。
 
メインコンパートメントは大きく非常にシンプルでアクセスしやすいです。
 
ノースフェイス Kaban イジェクター
 
フロントコンパートメントの荷物もイジェクターという引っ張って荷物を取り出す機能で簡単にアクセスが可能になっています。
 
ボトルポケットもあるので収納には困らないと思います。
 
KABAN(カバン)に関しては以下の記事にまとめていますので良ければ見てみてください!
 
ノースフェイス Kaban
圧倒的な使い心地!ノースフェイス「KABAN(カバン)」の魅力とレビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスのユーザビリティ抜群リュック「Kaban」について徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスの数あるリュックの中でも最高のリュック!...

カビッグ(KABIG)

【価格】22000+税
【容量】41L
【オススメ度】

形デザインはカバン(KABAN)と似ていますが、こちらは容量がさらに大きくなっています。

 
メインコンパートメントは左右に大きく開くようになっていて、アクセスがしやすいです。
 
41Lという大容量なので旅行などバックパックの旅にも重宝するでしょう! 
 

アクセス22

【価格】37000+税
【容量】22L
【オススメ度】

2017年秋冬に登場したノースフェイスの革新的なリュックです。

 
メインコンパートメントはチャックではなく、ワンプッシュで開けることができるようになっています。
 
ハードな構造になっているので中の荷物によって形が変わることはありません。
 
細かい機能がところどころにほどこしてあり、すべての荷物に簡単にアクセスすることができます。
 
そのためこのお値段になっていますが、正直オーバースペックな気もします!
 

アクセス28

【価格】40000+税
【容量】28L
【オススメ度】

3000円高くすると、容量が22Lから28Lになります。

 
機能は変わりません。
 
アクセスシリーズはYoutubeに使い方の動画があがっていてそれを見ると便利さが伝わると思います。
 
あんなに上手く使いこなせるはずないよなーとか思いながらもかっこよくて思わず欲しいと思ってしまう動画です!
 

登山・旅行シーンにおすすめのノースフェイスリュック・バックパック

 
ノースフェイスはタウンユースだけではありません!
 
続いては、トレッキングシーンでおすすめのリュック・バックパックをご紹介します!
 
大容量のタイプも展開していますが、今回ご紹介するのは比較的ライトなトレッキングを想定したトレッキングバックパック!
 

テルス25

【価格】15000+税
【容量】25L
【オススメ度】

非常に使いやすいデイリーユースリュックです。

 
容量は25Lで普段使いでちょうど良く、サイドにボトルポケットがついています。
ウェストベルトも付いているので重量のある荷物でも安定して背負うことができます。
 
また、突然の雨にはレインカバーが対応することができます!
 

テルス33

【価格】17000+税
【容量】33L
【オススメ度】

最強に使い勝手の良いバックパックです!

 
正面のセンタージッパーから中の荷物に簡単にアクセスすることができ、なおかつ二重ジッパーになっているため水の侵入を許しません!
 
背面にはプレートが入っており、ウェストベルトもついているのでフィット感が最高です!
 
安定して背負うことができます。
 
トップ部分はバックルを外し、その後ひもでの開閉になります(本体スカート)。ワンタッチで開け閉めできるので非常に便利です!
 
ボトルポケットが両サイドについているので便利です。
 
トップには表側と裏側に小ポケットがあり、小物の収納も問題ありません!
 
レインカバーが付いているので、突然の雨には簡単に対応することができます。
 

テルス45

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥18,990
(2020/07/14 17:53:42時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】21000+税
【容量】45L
【オススメ度】

先ほどのテルス33と構造は変わりません。

 
サイズが45Lと非常に大容量なので海外旅行や長期のトレッキングなどにも使えます
 
サイズはシーンで使い分けましょう!
 

カイルス20

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥16,500
(2020/07/14 17:53:43時点 Amazon調べ-詳細)

【価格】15000+税
【容量】20L
【オススメ度】

人気バックパックシリーズのテルスをアップグレードして新登場したカイルスシリーズ!

 
非常に軽量ですが耐久性の高いナイロン生地を採用しており、テルスから大幅の軽量化を実現しています!
 
背面とショルダーハーネスはクッション性はもちろんのこと、通気性に優れているので暑いシーズンでも蒸れなく過ごすことができます!
 
また、突然の雨に対応したレインカバーもついていて機能抜群。
 
容量は20Lと少し小さめですが、ライトトレッキングにはもってこいでしょう!
 

カイルス28

【価格】18000+税
【容量】28L
【オススメ度】

カイルス20の設計をそのままに容量を大きくし、ウェストベルトを搭載したモデル。

 
よりトレッキング向けのモデルになっています。
 
メインコンパートメントは大きく左右に開き荷物へのアプローチ・収納がしやすくなっています。
 

カイルス35

【価格】24000+税
【容量】35L
【オススメ度】

基本的にはテルス33と同じ設計になっています。

 
トップ部分はバックルを外し、その後ひもでの開閉になります(本体スカート)。ワンタッチで開け閉めできるので非常に便利です!
 
またサイドジッパーからメインコンパートメントに直接アクセスできるのも非常に便利ですね!
 
テルスシリーズと同様にレインカバーがついているので突然の雨にも対応できます。
 
テルスシリーズより軽量で通気性を増した新タイプですが、その分生地の耐久性は若干不安の残るところではあります。
 
ちなみにカイルスシリーズはこれも容量の大きいカイルス50も展開しているので用途によって使い分けると良いでしょう!
 
 

ノースフェイスリュックのランキングTOP3

 
続いて、これらのおすすめのリュックに独断と偏見でランキング付けをしたいと思います!
 

じゃじゃジャン!!

商品名オススメ度価格容量
ヒューズボックス
15000+税30L
シャトルデイパック
18000+税25L
KABAN(カバン)
18000+税26L

詳しくみていきましょうー!

第3位 BCヒューズボックス

【価格】15000+税
【容量】30L
【オススメ度】

やはりBCヒューズボックスは人気なバッグだけあって使い勝手は良いです!

 
普段使いはもちろん、30Lと大容量なので旅行などにも使える汎用的なリュックです!
 
派手なカラーから落ち着いたカラーまで展開しています。
 
メインコンパートメントの容量が大きくさらにU字に開くため荷物へのアプローチがしやすいです!
 
ノースフェイス BCヒューズボックス メインコンパートメント
 
小物を収納するスペースもたくさんあり小物収納に困らないのが意外と嬉しい!
 
 
ノースフェイス BCヒューズボックス メインコンパートメントのオーガナイザー ノースフェイス BCヒューズボックス メインコンパートメントのジッパー
 
BCヒューズボックスの良いところは、子供から大人まで使えるところ!親子でBCヒューズボックスを背負って旅行なんて行ってみたいですね!
 

 
個人的には、ノースフェイスのロゴの強調が強いのでブラックトーンの落ち着いたカラーの方がオススメです。
 

第2位 シャトルデイパック

【価格】18000+税
【容量】25L
【オススメ度】

ノースフェイスが展開するビジネスシーンに最適なリュックです。

 
ノースフェイス シャトルデイパック 全体
 
ビジネスリュックとして使っている人を良く見かけますねー!
 
非常にシンプルなデザインで書類やPCを収納するのに最適な構造になっております!
 
シンプルで使いやすいことから2位にランクインしました!
 
メインコンパートメントは大きく開くので使いやすい!
 
ノースフェイス シャトルデイパック メインコンパートメント
 
 
フロントポケットをはじめとして収納ポケットが多彩!
 
ノースフェイス シャトルデイパック フロントポケット
 
容量も25Lとちょうど良いと思います。
 
また自立するのも良いところですね!
 
1000デニールのコーデュラバリスティックナイロンを使っているので非常に耐久性に優れております。
 

 
どんなコーディネートにも合わせることができて、ビジネスシーン・カジュアルシーン問わず大活躍するリュックです!
 

第1位 カバン(KABAN)

【価格】18000+税
【容量】26L
【オススメ度】

こちらのカバン(KABAN)というリュックが第1位!

 
名前はださいですが、機能や収納性は素晴らしいです!笑
 
同じシリーズで容量の大きいカビッグというタイプもあります。
 
おそらくこの名前は、かばんが由来ではなくてKAシリーズのBANとBIGって感じ。
 
たまたま日本語だとカバンと被って紛らわしくなっちゃったんですね笑
 
とりあえず圧倒的おすすめです!
 
5位のアクセス28をソフトタイプにして、スペックを落としたようなタイプですが、軽量になりこちらの方が断然使いやすいと思っています!
 
メインコンパートメントは大きく開け口も広いため非常にシンプルでアクセスしやすい!
 
ノースフェイス Kaban メインコンパートメント
 
フロントコンパートメントはジッパーが下まであるので荷物へのアクセスが容易です。
 
ノースフェイス Kaban フロントポケット
 
また、イジェクターという引っ張って荷物を取り出す機能でさらにさらに簡単なアクセスが可能になっています。
 
ノースフェイス Kaban イジェクター
 
ボトルポケットもあるので収納には困らないと思います。
 
背面のPCスリーブにもイジェクターが付いているので簡単にアクセスが可能です!
 
ノースフェイス Kaban
 
ちなみに裏地がオレンジなのは中の荷物の視認性を上げるため!
 
どこまでこだわっているんだノースフェイス!!すごい!!
 
ランキングには入れませんでしたが、KABANをより大きくしたモデルのカビッグも使いやすいのでより容量を求める方はそちらの購入をご検討してもよいかもしれません!
 
KABANに関してはこちらに詳しくまとめているので良ければ見てみてください!
 
ノースフェイス Kaban
圧倒的な使い心地!ノースフェイス「KABAN(カバン)」の魅力とレビュー!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスのユーザビリティ抜群リュック「Kaban」について徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスの数あるリュックの中でも最高のリュック!...

ノースフェイスのオススメリュック まとめ

ノースフェイスのリュックについて徹底的にまとめてきました!
 
参考になりましたでしょうか?最後にノースフェイスのリュックの魅力と紹介してきたリュックについてカンタンにまとめておきます!

■ユーザビリティが高い
■デザインがかっこいい
■種類が豊富

 
ノースフェイスのリュックは他のアウトドアブランドと比較してコスパが良いと思います!ハイクオリティのリュックをそれなりにリーズナブルで使えちゃう!
 
ウシたん
ウシたん
欲しいんだけど、いろいろ種類があって悩んじゃうなー!

ウマたん
ウマたん
そうなんだよねーノースフェイスの難点は種類が多すぎ!ということ!

シンプルなタウンユースリュックを求めているならまずはホットショット

ビジネスシーンでの使用も考えていてシンプルに使いやすいものを選びたいならシャトルデイパック

ノースフェイスのリュックはいろんなものがあって悩むと思いますが、ご自分に合ったものを見つけてくださいね!!

ちなみにノースフェイス以外のアウトドアリュックブランドは以下の記事にまとめています!
 
タウンユースにも最適!アウトドアのリュックをブランド別に厳選10選!こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。 みなさんは普段どんなリュックを使ってますか?本当に使い...

特にオススメなのは、「ミステリーランチ」と「クローム

ミステリーランチはユーザビリティ、クロームはデザイン性が特徴的!

また、以下の記事でノースフェイスのアパレルシューズについてもご紹介しているので良ければ合わせて見てみてください!
 
ノースフェイス ジャケット
アウトドア店員がおすすめするノースフェイスジャケット/アウター/パーカー/26選の評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのおすすめアウター・ジャケットについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのジャケットは機能性もデザイン性も抜群に良いんです!...
ノースフェイス シューズ
アウトドア店員がオススメするノースフェイスのブーツ・シューズ20選の評判とランキング!当サイト【ちょいとどあ】の本記事では、ノースフェイスのおすすめブーツ・シューズについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのシューズ・ブーツは高機能でデザイン性にも優れているものが多い!...
0
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。
家で完結する不要なアウトドア用品買い取りサービスGEAR HACK!
GEAR HACK

不要なアウトドアアイテムをまとめて売るならGEAR HACK!

全部家で完結するラクチン買い取りシステムをお試しあれ!

詳細ページはこちら無料査定フォームへ

0