ノースフェイス

ノースフェイスのクライムライトジャケットを元アウトドア店員が徹底レビュー!

ノースフェイス クライムライトジャケット

評価:5

ウマたん
ウマたん
本記事では、ノースフェイスのクライムライトジャケットの魅力について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!軽くてコンパクトに収納できて完全防水!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

ノースフェイスの数あるジャケットの中でも完全防水のゴアテックスを搭載している高機能シェルジャケット

クライムライトジャケット

【価格】30000+税
【オススメ度】
ウシたん
ウシたん
ノースフェイスのゴアテックスジャケットはいくつかあるけど、何が違うのー?

ウマたん
ウマたん
クライムライトジャケットは、その中でも非常に軽量なんだ!着心地も良いし!

この記事では、そんなノースフェイスのクライムライトジャケットについて徹底的に見ていきます!

ノースフェイスのジャケットの魅力

まずはじめにノースフェイスのジャケットの魅力について見ていきましょう!

ノースフェイスなんて知っとるわい!という方は読み飛ばしてください!

機能性の高さと豊富さ

ノースフェイスの商品はどれも機能性が高く、様々な機能があるんです。ありすぎて覚えられないくらい!

有名なものだと完全防水のGORE-TEXだったり、保温性の高い光電子だったり。

また、冬になると気になる静電気も静電ケア設計で除去。これまじで最強なんです。

静電気はもう気にならない!?ノースフェイスの静電ケア設計とは!?こんにちは! 元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。 昔から静電気が大嫌いで、冬になるとビクビクしながら...

静電気本当に嫌いなので、冬はノースフェイスのアウターに物凄く助けられています。

こんな感じで嬉しい機能が盛りだくさんなんです。

軽量性・動きやすさ・着心地

ノースフェイスのアウターは他のブランドと比べて圧倒的に軽くて動きやすいモノが多いように感じます。

本当に動きやすいんでびっくりします。

あまりにノースフェイスばっかり着ているといっつも同じだねと言われちゃうんで、なるべくローテーションするようにしているのですが、どうしても着やすすぎるんでノースフェイスに手が伸びちゃうんですよね笑

デザインの良さ

ノースフェイスはアウトドアブランドでありながら、ファッションとしても取り入れられるデザイン性が特徴です。

日本人に合ったサイズ感で、流行りのシルエットをしっかり取り入れているんですねー。

迷彩柄も多くのタイプに採用されていて、ファッションアイテムとして人気が高いです。

ノースフェイスのジャケット・アウターの良さに関しては以下の記事でもっと詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!

ノースフェイス ジャケット
アウトドア店員がおすすめするノースフェイスアウター/パーカー/ジャケット26選の評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのおすすめアウター・ジャケットについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのジャケットは機能性もデザイン性も抜群に良いんです!...

クライムライトジャケットの魅力

ノースフェイス クライムライトジャケット 全体

そんなノースフェイスのジャケットの中でも特にオススメできるクライムライトジャケットの魅力にせまっていきます!

軽量

クライムライトジャケットは非常に軽量!

なんとゴアテックス搭載のシェルジャケットでありながら、メンズLサイズで270gしかないんです!

同じくゴアテックス搭載のシェルジャケットであるクラウドジャケットは320g!

軽量シェルで定番ジャケットのドットショットジャケットは310g!

スタッフサックに収納可能

また、スタッフサックが付いていてコンパクトに収納することで持ち運びが可能!!

ノースフェイス クライムライトジャケット スタッフサック

登山や旅行に非常に便利な1着です!

着心地が良い

とにかく着心地が良い!

ノースフェイス クライムライトジャケット 着た状態 前方から

裏地はナイロン製!

パリッとしたゴアテックスの着心地感がありますが、動きやすく肩回りの可動域も広くなっています。

大きめのポケットが両サイドに

ノースフェイスのジャケットは、胸ポケットが1つと腹回りにポケットが2つあることが多いんですが、クライムライトジャケットは少し特殊なポケットになっています。

ノースフェイス クライムライトジャケット 前面のポケット

ゴアテックス搭載で完全防水

やっぱりクライムライトジャケットの特徴は完全防水のゴアテックスを搭載しているところ!!

ゴアテックスを搭載しているジャケットはノースフェイスの中でも、それほど多くはありません。

そんなゴアテックスジャケットの中でもクライムライトジャケットは最軽量なんです!

また、止水ジッパーを使用しているのでジッパーの縫い目から水が浸入してくることもありません。

ノースフェイス クライムライトジャケット 止水ジッパー

フード

フードのツバが硬くしっかりしていて、かつ後頭部のアジャスターコードで視界の調整を行うことが可能です。

ノースフェイス クライムライトジャケット フード

個人的には、フードが硬い方が好みです。

ノースフェイス クライムライトジャケット フードのツバ

冷気シャットダウン

薄手なので単体で着ると少し寒いですが、裾や首回りのアジャスターコードである程度の冷気ならシャットダウンすることが可能です!

ノースフェイス クライムライトジャケット 首回り

しっかりジッパーを上まで上げて、アジャスターコードを絞れば首回りは冷気から守ることが可能です。

ノースフェイス クライムライトジャケット 首回り ノースフェイス クライムライトジャケット 裾のアジャスターコード
【価格】30000+税
【オススメ度】

クライムライトジャケットのサイズ感

そんなクライムライトジャケットのサイズ感について見ていきましょう!

クライムライトジャケットは、以下のようなサイズ感!

 肩幅身幅着丈袖丈
S49576860
M50597062
L52617265
XL53637467
XXL55657669

少しゆったり目なサイズ感で、172㎝65㎏でMサイズだと少し大きめという感じ。

ノースフェイス クライムライトジャケット 着た状態 前方から

ただ、中にインナーを着込む予定ならMサイズでちょうどよい!

ノースフェイス クライムライトジャケット 着た状態側面 ノースフェイス クライムライトジャケット

クライムライトジャケットの口コミ

ウシたん
ウシたん
クライムライトジャケットの魅力についてよく分かったんだけど、他の人の意見も聞いてみたいなー!

ウマたん
ウマたん
そうだね!他の人の口コミものぞいてみようー!

まあ、そうなんですよねー!正直、ゴアテックスはタウンユース使いにはオーバースペック!

だけど、そんなゴアテックスの質感が良いんですよね笑

軽くてコンパクトにたためるのは本当に素晴らしい!旅行にも登山にも便利!

GORE-TEX素材でもシーズンによって厚手や薄手があり、来シーズンの春に着る薄手をお気に入りカラーがあるうちに購入しました。冬用より着丈や厚みが軽快になっており、とても着やすいです。
(引用元:ノースフェイスHP

クライムライトジャケットはだいぶ薄手ですので、ゴアテックス素材かつ厚手がよければマウンテンジャケット系をオススメします!

やはり、完全防水でかつコンパクトに持ち運べるのは評価高いですねー!

クラウドジャケットはタイト目ですねー!

クライムライトジャケットのレビュー まとめ

クライムライトジャケットについて徹底的にレビューしてきました!

完全防水でかつ軽量!コンパクトに収納できて持ち運びもしやすい!!

【価格】30000+税
【オススメ度】
ウシたん
ウシたん
クライムライトジャケット素晴らしい!悪いところが見当たらないね!

ウマたん
ウマたん
ノースフェイスのゴアテックスジャケットはいくつかあるけど、軽さでは圧倒的!

軽量で持ち運びやすいゴアテックスジャケットで、タウンユースでもアウトドアシーンでも使用したいならぜひクライムライトジャケットを試してみてください!

ちなみにノースフェイスのジャケットは以下の記事で詳しくまとめていますのでよければ見てみてください!

ノースフェイス ジャケット
アウトドア店員がおすすめするノースフェイスアウター/パーカー/ジャケット26選の評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのおすすめアウター・ジャケットについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスのジャケットは機能性もデザイン性も抜群に良いんです!...

防水マウンテンパーカーに関しては以下の記事でまとめていますのでこちらも合わせてチェックしてみてください!

防水 マウンテンパーカー
厳選8選!完全防水のマウンテンパーカー【元アウトドア店員が紹介】当ブログ【ウマブロ】の本記事では、完全防水マウンテンパーカーの選び方・おすすめアイテムを元アウトドア店員が紹介していきます!防水の種類や着心地、保温性を基に選びましょう!...

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。