クローム

元アウトドア店員がクロームROSTOV(ロストフ)の魅力を徹底レビュー!

クローム ロストフ

評価:4

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です。

シンプルなデザインで使いやすい、クロームのリュック”ROSTOV(ロストフ)

【価格】13000+税
【容量】23L
【オススメ度】

てか、これずっとロストヴって読んでました!笑

ロストフって読むんですねー。クロームの商品って読み方ムズイ!

他の記事で、HONDO(ホンドー)というリュックを紹介していますが、ホンドーと同じく非常にシンプルで使いやすいリュックです。

奇抜なデザイン性はないのでクロームらしくないと言えばクロームらしくないリュックですね!笑

ウシたん
ウシたん
たしかにクロームのわりには落ち着いたシンプルなデザインだねー!

ウマたん
ウマたん
万人受けするデザイン×クロームの耐久性・機能性!

この記事ではそんなロストフについて徹底的に見ていきます!

クロームとは

まずは、ROSTOV(ロストフ)を展開するクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください!!

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

デザイン性

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。

ROSTOV(ロストフ)はクロームのリュックの中では比較的落ち着いたデザインになっています!

防水性

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

ROSTOV(ロストフ)の防水レベルは1ですが、それでも十分雨をしのげる機能性です!

耐久性

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

ロストフの魅力

クローム ロストフ

それでは、そんなクロームから展開されているシンプルリュック、ロストフの魅力を見ていきましょう!

メインコンパートメントへのアクセスのしやすさ

容量は23Lで、メインコンパートメントは大きく開くので荷物の出し入れはしやすいです。

クローム ロストフ メインコンパートメント

ただ同様なタイプであるHONDOの方が深くジッパーが下がるのでよりオススメです。

収納スペースのちょうどよさ

収納スペースはちょうど良い数・大きさです。

あまりにも少ないと厳しいし、多すぎてもどうせ使わないオーバースペックだったりします。

例を挙げるなら同じクロームの中でもTHE ORPは収納スペースが少ない。

逆にブリーフィングのTR-3はポケット多すぎてオーバースペックかなと・・・半分以上使っていないポケットがあります笑

それに比べてロストフは非常にちょうど良い!

メインコンパートメントの中にはPCスリーブ。

クローム ロストフ メインコンパートメント内

メインコンパートメント以外に、結構大きめのモノでも入るフロントポケット

クローム ロストフ フロントポケット

ボトルポケットがサイドに搭載!!ドリンクや折り畳み傘などを収納できますね!

クローム ロストフ ボトルポケット

片方にしかボトルポケットは付いていないので注意が必要です!

欲を言えば、HONDOと同じように両サイドに欲しい!笑

耐久性の高さ&防水性

クロームのリュック全般に言えることなのですが、ロストフもご多分に漏れず、耐久性が非常に高い!

1000デニールのコーデュラナイロンを用いています。

また防水性に関しては、クロームの規定する3つのレベルの中では一番下のレベル1。

しかしそれでも十分の撥水性を発揮します。ジッパーは止水ジッパーになっているのでポケットの中への水の侵入を防ぎます。

デザインがシンプル

クロームのリュックは特徴的なタイプが多く、それがクロームの良さでもあります。

しかし、それゆえに敬遠してしまう人も多いはず!

そんな人にオススメなのがロストフなのです!クロームの耐久性・機能性を持ち合わせていながらシンプルなデザインで使いやすくなっています。

クロームのリュックの中にこれほどシンプルでアーバンスタイルに合うデザインがあるでしょうか!

無難と言えば無難、しかしクロームのリュックで少し迷っているならこいつを買っておけば問題ない。

ショルダーハーネス

ショルダーハーネスのクッション性は若干心もとない(クロームのリュック全般)ですが、肩へのフィット感は抜群です。

クローム ロストフ ショルダーハーネス

前面に暗闇で光リフレクター搭載!

クローム ロストフ ショルダーの反射板

クロームのアイテムは、自転車ライディングシーンを想定しているので、暗くても光る素材が色々なところに採用されているんです!

【価格】13000+税
【容量】23L
【オススメ度】

ROSTOV(ロストフ)の口コミ

ロストフの魅力について主観的に見てきました!

ウシたん
ウシたん
たしかにクロームのロストフの良さは分かったけど、実際に他の人の意見でどういうものがあるのか知りたいなー!

ウマたん
ウマたん
そうだね!他の人の口コミも見ていこう!

防水性と耐久性で選ぶならヤルタ

使いやすさで選ぶならロストフ!

デザインは好き嫌いあると思うので慎重に!

クロームはボディバッグ・メッセンジャーバッグのイメージが強いかもしれませんが、ロストフなどのバックパックもオススメなんですよー!

そうそう!ロストフは絶妙にちょうど良いリュックなんです!!

ROSTOV(ロストフ)レビュー まとめ

ROSTOVについて見てきました。非常にシンプルで使いやすいリュック!

最後に簡単にまとめておきましょう!

・シンプルでタウンユースにちょうど良いデザイン

・耐久性と使い勝手の良さがちょうど良い

・シンプル過ぎてせっかくのクロームらしさがない

・ボトルポケットは1つだけ

【価格】13000+税
【容量】23L
【オススメ度】
ウシたん
ウシたん
ロストフは失敗がなさそうなリュックだねー!使ってみようかな!

ウマたん
ウマたん
ロストフ・ホンドーあたりは失敗しないよー!もし攻めたいならヤルタとかロールトップ系を試してみてもよいかも!

最初にクロームのリュック買うならちょうどいい!

是非ROSTOV(ロストフ)使ってみてくださいねー!

ちなみにクロームのリュック・バッグはこちらの記事にまとめているので合わせて見てみてください!

クローム バッグ
18選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、クロームのバッグ・リュックに関して元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!クロームバッグ・リュックの魅力とランキングについて丁寧に伝えていきますよ!...

 

ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員で旅・本・映画などが大好き。とにかく好きなことを発信しています。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスが大好き。 デジタル特化のブログ「統計ラボ」も運営しています。