おすすめ商品まとめ

通勤・通学にもオススメ!防水リュック10選!【元アウトドア店員が紹介】

防水リュック

こんにちは!元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

雨でリュックの中身が濡れて、いやーな思いをした経験はありませんか?

そんな時は防水性の高いリュック!

強い雨でも気にせず背負える、そんな防水のリュックを紹介していきます!

ウシたん
ウシたん
防水リュックって本当に防水なのー?

ウマたん
ウマたん
防水レベルはいくつかあるんだ!防水性が高いリュックはたくさんあるから、防水度と使いやすさを考えて選ぶと良いよ!

防水性の高い高機能リュックは使いにくいことがあるので、防水性だけで選ばない方がよいでしょう!

防水性の高いリュックにはどんな種類がある?

防水性が高いとは言っても、撥水加工がされていてある程度雨をはじく程度のタイプから、本格的に防水なタイプまであります。

防水のリュックといえば、CHROME(クローム)。そんなCHROMEの防水基準は以下の通り。

レベル1: Water Resistant 都市部での通常使用時に考えられる突然の雨や風から荷物を守る耐水性能を誇るレベル

レベル2: Water Proof (Moderate) いかなる天候においても、大切な荷物を守る防水性能を誇るレベル

レベル3: Water Proof (Heavy) メインのバッグ部分や仕切りが溶着加工し、水の侵入を遮断した完全防水仕様レベル

基本的にレベル2であれば、どんな状況でも中身が濡れることはありません。レベル3は、タウンユースには少しオーバースペックかもしれません。

防水性を追い求めると、その分荷物へのアプローチがしにくく使いにくくなってしまう可能性が高いのでバランスが重要です!

この記事でもこのCHROMEの基準に合わせてリュックを紹介していきます。

他のブランドのリュックに関しては、明確ではありませんがCHROMEの基準に照らし合わせていきます。

「レベル1: Water Resistant」のおすすめ防水リュック

レベル1のリュックは、都市部での通常使用時に考えられる突然の雨や風から荷物を守る耐水性能を誇るレベルです。

最低限このレベルの防水性は欲しいところ!

ROSTOV(ロストフ)【CHROME】

【価格】13000+税
【容量】23L
【防水レベル】レベル1
【オススメ度】

CHROMEは高機能で奇抜なデザインが特徴的なブランド!

そんなCHROMEのリュックの中でもロストフは、非常にシンプルで使いやすいリュック。

容量23Lでメインの荷室は大きく開きます。

クローム ロストフ メインコンパートメント

ボトルポケットが片方に付いているので折り畳み傘なども収納可能!

クローム ロストフ ボトルポケット

生地は1000デニールの高強度コーデュラナイロンを用いています。

レベル1の防水ですが、十分なスペックと使いやすさを誇っています。良くも悪くもCHROMEらしい奇抜なデザインはありませんが、非常にオススメです!

ロストフに関してはこちらの記事にまとめていますので良ければ見てみてください!

クローム ロストフ
元アウトドア店員がクロームROSTOV(ロストフ)の魅力を徹底レビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームのロストフを元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!クロームのリュックとは思えないシンプルさがウリのおすすめリュック!...

ハイタワー【CHROME】

【価格】21000+税
【容量】23L
【防水レベル】レベル1
【オススメ度】
ハイタワーはビジネスシーンでも使える重厚感のあるリュック。
 
クローム ハイタワー 全体
 

生地には1680デニールのバリスティックナイロンを用いており、最高級の耐久性を誇ります。

実はバリスティックナイロンって第二次世界大戦中に防弾チョッキのために開発されたくらい丈夫な生地なんです!オーバースペックな気もしますが!笑
 
メイン荷室のジッパーは大きく開くので、中の荷物へのアプローチは非常に容易です。
 
クローム ハイタワー メインコンパートメント
 
そして、厚いパッド入りコンパートメントでラップトップPCを完璧に保護します。
 
 
止水ジッパーを用いているので水の侵入はある程度防げます。
 
また、サイズ感も23Lとちょうど良く、プライベートでもビジネスでも間違いなく使えるバッグに仕上がっています!
 
様々なシーンでヘビロテ間違いないバッグですね!
 

ハイタワーについてはこちらでも詳しくまとめています!

クローム ハイタワー
耐久性と機能性が抜群!クロームのハイタワー・ベガ・ジュノを評価!!当ブログ【ウマブロ】の本記事では、クロームの展開するビジネスでも使えるリュック・バッグシリーズ「VEGA(ベガ)・JUNO(ジュノ)・HIGHTOWER(ハイタワー)」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!...

クーリー25 【ミステリーランチ】

【価格】22000+税
【容量】25L
【防水レベル】レベル1
【オススメ度】

ミステリーランチは米軍にも採用されるほど素晴らしい耐久性を持ったブランド!

そんなミステリーランチの数あるリュックの中でもイチオシなのが、この「クーリー」!

3ジップシステムという荷物へアプローチしやすい設計になっており、非常に使いやすいんです。

ミステリーランチ クーリー25 全体

ポケットも多彩で細かい荷物も小分けにして収納することが可能です。

また、フューチュラヨークシステムというミステリーランチ独自のフィッティング機能も搭載しており自分の肩にぴったり合わせるように調整することが可能なんです。

止水ジッパーですが、3ジップシステムなのでしっかり締めないと雨の侵入を防ぎきれません。

クーリーに関してはこちらの記事にまとめているので是非見てみてください!

圧倒的な使い心地で大人気!ミステリーランチ「クーリー」の評判と魅力に迫る!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ミステリーランチの使い勝手抜群バックパック「クーリー25」について徹底的にレビューしていきます!クーリーはミステリーランチの良いところを詰め込んだ素晴らしいバックパックに仕上がっているんです!...

Kaban【ノースフェイス】

【価格】18000+税
【容量】25L
【防水レベル】レベル1
【オススメ度】

ノースフェイスのリュックは必要最低限の耐水性が施されているタイプがほとんどです。

そんなノースフェイスのリュックの中でも、Kabanはユーザビリティが徹底的に考えた素晴らしいリュックなんです!

ノースフェイスのロゴの強調もなく全体的にブラックカラーでまとまっていて使いやすいデザインです。
 
通勤通学からちょっとした旅行まで使うことのできる幅広いシーンに対応したリュックになっています。
 
メインコンパートメントへのアクセスはトップから。大きく開くので中の荷物へのアクセスが容易になっています。
 
ノースフェイス Kaban メインコンパートメント
 
また、イジェクターという引っ張って荷物を取り出す機能が付いていて、さらにさらに簡単なアクセスが可能になっています。
 
小さなポケットの奥まで荷物を入れてしまうと取り出しにくくなってしまいますよね。
 
そんな時にこのイジェクターを引っ張れば底が押しあがって小物が上に引っ張り上げられる工夫がされています!すごい!
 
ノースフェイス Kaban フロントポケット
 
ちなみに裏地が全てオレンジになっていて荷物の視認性を上げています。
 
確かに裏地が黒だと中の荷物が見にくかったりしますね。
 

こちらの記事でKabanに関してまとめています!

ノースフェイス Kaban
圧倒的な使い心地!ノースフェイス「KABAN(カバン)」の魅力とレビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのユーザビリティ抜群リュック「Kaban」について徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスの数あるリュックの中でも最高のリュック!...

「レベル2: Water Proof  Moderate」のおすすめ防水リュック

レベル2はいかなる天候においても、大切な荷物を守る防水性能を誇るレベル。ここまでくるとほぼ完全防水と言ってもよいでしょう。

HONDO(ホンドー)【CHROME】

【価格】13000+税
【容量】21L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】

HONDOも先ほどのROSTOVと同じくシンプルで使いやすいリュック!止水ジッパーを搭載しており防水機能は十分!

リュック全体が直方体のような形をしていて、型が崩れず、自立して立たせることができます。

荷物が少ないときもリュックがつぶれないのは非常にうれしいですね。

また、両サイドにボトルポケットもあり痒いところに手が届く設計になっています。

クローム ホンドー ボトルポケット

メインコンパートメントの容量は21Lとアーバンスタイルにちょうど良いサイズ感。

大きくU字に開くので、荷物の出し入れがラクチンなんです。

クローム ホンドー メインコンパートメント

軽量シリーズWELTERWEIGHTの対象でもあるので、もし軽いタイプが欲しいのであれば、HONDO WELTERWEIGHTを購入すると良いでしょう!

HONDOに関してはこちらにまとめています!

クローム ホンドー
元アウトドア店員がクロームのHONDO(ホンドー)を評価する!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームのシンプルなスクエア型のリュック「HONDO(ホンドー)」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!クロームのリュックの中では派手過ぎないデザインで使いやすいデイリュックです!...

FORTNIGHT 2.0【CHROME】

【価格】26000+税
【容量】40L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】

FORTNIGHT(フォートナイト)の魅力はなんと言ってもその容量!この見た目で40Lもの容量なのです!!

John Cardielという有名なライダーの方が開発したリュックで、大量の荷物を詰め込んで旅をする人向けのリュックになっています。

こんな大容量なのですが、大きくU字に開くので奥まで手が届きます。

バックパックなど大型のモノになると途端に荷物へアプローチするのが難しくなってくるので、この容量で荷物へアプローチしやすいのは非常にうれしいですね!

こちらに詳しくまとめています!

クローム フォートナイト
元アウトドア店員がクロームのFORTNIGHT(フォートナイト)の魅力に迫る!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームのフォートナイトについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!大容量リュックのフォートナイトにはどんな魅力があるのでしょうか?...

ブラックホール 【パタゴニア】

【価格】17000+税
【容量】25L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】

アウトドア界の最高峰ブランドパタゴニアから定番リュック「ブラックホール・パック」

耐水性加工を施しているのである程度の雨を防ぐことが可能。ボトルポケット2つ、上部の小物ポケット、で収納にも困らないでしょう。

容量も25Lで多くの荷物が入ります。

パタゴニアのリュックに関しては以下の記事にまとめています!

レフュジオ・パック 全体
パタゴニアの人気おすすめリュック10選!人気の理由も徹底解説!当サイト【ウマブロ】の本記事では、パタゴニアのリュックについてアウトドア大好きライターさんに聞きながら紹介していきます!パタゴニアはアウターが有名ですがリュックもオススメなんですよー!...

アロー22 【アークテリクス】

【価格】27000+税
【容量】22L
【防水レベル】レベル2
【オススメ度】

アークテリクスの定番かつ大人気リュック。

アークテリクス アロー22 全体

止水ジッパーを用いているので雨水の侵入は許さず、前面ポケット・メインポケット・ボトルポケットなど収納スペースも充実。

メインコンパートメントが大きく開く!!

アークテリクス アロー22 メインコンパートメント

アロー22の特徴であるセンタージッパー!!

アークテリクス アロー22 センタージッパー

それなりのお値段はしますが、それでも購入する価値のあるリュックですよー!

アロー22に関しては以下の記事で詳しくまとめています!

アロー22
アークテリクスのアロー22を元アウトドア店員が徹底レビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、アークテリクスの超大人気リュック「アロー22」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!これだけ人気な秘密に迫っていきます!!...

「レベル3: Water Proof  Heavy」のおすすめ防水リュック

メインのバッグ部分や仕切りが溶着加工し、水の侵入を遮断した完全防水仕様レベル。

ここまで来るとちょっとオーバースペックすぎる気もします。そんな中でも使いやすいリュックを紹介していきます!

URBAN EX ROLLTOP【CHROME】

【価格】14000+税
【容量】18L
【防水レベル】レベル3
【オススメ度】

完全防水中の完全防水!ロールトップタイプのリュックです。

クローム URBAN EX ROLLTOP 全体

ロールトップリュックってどうしても使いにくいイメージがあるのですが、URBAN EX ROLLTOPに関しては圧倒的な使いやすさ!

ロールトップだとマジックテープをはがしたり止めたりして使うタイプが多くあります。

URBAN EX ROLLTOPはマジックテープは必要なく、サイドのバックルを用いて開け閉めするだけなので全然労力が違うんです。

クローム URBAN EX ROLLTOP ロールトップのストラップ

上部には小さい外部ポケットが付いていて小物を収納することができます。

クローム URBAN EX ROLLTOP 上部ポケット

URBAN EX ROLLTOPに関してはこちらの記事にまとめています!

クローム URBAN EX ROLLTOP
元アウトドア店員がクロームのURBAN EX ROLLTOPを徹底レビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームのロールトップリュック「URBAN EX ROLLTOP」を元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!URBAN EX ROLLTOPはロールトップリュックの中でも使いやすい!...

BARRAGE CARGO BACKPACK【CHROME】

【価格】18000+税
【容量】22L
【防水レベル】レベル3
【オススメ度】

こちらのBARRAGEもロールトップリュックですが、バックルが大きく開け閉めしやすい構造になっています。

クローム BARRAGE バックル

そのため、メインの荷室へのアプローチがそれほど苦ではありません。

クローム BARRAGE メインコンパートメント

小物を収納するスペースがあまりないので注意が必要です。

BARRAGE CARGOについては以下の記事で詳しくまとめています!

クローム BARRAGE
クロームの「BARRAGE CARGO(バラージカーゴ)」を元アウトドア店員が評価!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームの「BARRAGE CARGO」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!「BARRAGE CARGO」はクロームを代表するロールトップリュックで非常におすすめです!...

防水リュック まとめ

様々なタイプの防水リュックをまとめてきました!防水のレベルは以下の3タイプでしたね!

レベル1: Water Resistant 都市部での通常使用時に考えられる突然の雨や風から荷物を守る耐水性能を誇るレベル

レベル2: Water Proof (Moderate) いかなる天候においても、大切な荷物を守る防水性能を誇るレベル

レベル3: Water Proof (Heavy) メインのバッグ部分や仕切りが溶着加工し、水の侵入を遮断した完全防水仕様レベル

実際にレベル2まであればタウンユースでは間違いなく十分です。

防水リュックを使って、雨の日も快適に過ごしましょう!

防水のシューズに関してはこちらにまとめているので合わせて見てみてください!

完全防水 シューズ
大雨を乗り切る!元アウトドア店員がオススメする完全防水シューズ15選!当サイト【ウマブロ】の本記事では、アウトドアブランドから防水のシューズを徹底的に紹介していきます!防水のレベルにはゴム防水や完全防水などがありますのでそれぞれの良さを理解して選びましょう!防水シューズの中でも履き心地にこだわったタイプを見ていきましょう!...

 

 

0
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスあたりが大好き。 とにかく色んな人にアウトドアを身近に感じてもらえるような情報を発信中