おすすめ商品まとめ

メンズにおすすめの大容量リュック10選【元アウトドア定員がオススメ】

大容量
ウマたん
ウマたん
当サイト【ウマブロ】の本記事では、アウトドアブランドの中でも大容量のおすすめリュックを元アウトドア店員の視点で紹介していきます!大容量だからこそ機能性や耐久性にはこだわりたいところ!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマたん(@umatan_ushitan)です!

大は小を兼ねる!

そんな言葉が大好きな僕は、ちょっとした荷物でも大容量リュックを背負って出かけちゃいます。

ただ大容量だから何でもよいというわけではありません。

大容量のリュックは大きい分、奥に入った荷物が取り出しにくかったり、小物が収納しにくかったりします。

また荷物がたくさん入る分、肩への負担は気になりますよね。なるべく背負い心地の良いタイプが良い!

そこで、この記事では大容量リュックでありながらユーザビリティの高いタイプ・機能性の高いタイプを紹介していきます!

ウマたん
ウマたん
大容量でかつ使いやすいリュックを見つけよう!

大容量リュックの選び方

ミステリーランチ クーリー25 全体

まずは、大容量リュックを選ぶ際にどのようなタイプを選ぶべきなのか見ていきたいと思います。

容量で選ぶ

当たり前ですが、まずは容量ですよね!大容量とは言え人それぞれ基準は違います。

この記事では28L以上の容量を持つリュックを大容量リュックとして紹介していきますが、いやいや40Lはないと・・・という人もいるかと思います。

自分の基準に合った容量を持っているリュックをまずは選びましょう!

メインコンパートメントへのアプローチのしやすさ

ただ、大容量リュックの購入を容量と見た目だけで決めてはいけません。

大容量リュックは往々にしてメインの荷室へのアプローチがしにくくなってきます。

大きくジップが開くリュックやサイドジップからアクセスできるリュックなど、メインの荷室へのアプローチがしやすくなるように工夫されているリュックを選びましょう!

ウマたん
ウマたん
アプローチのしやすさは本当に大事!実際に何回か使ってみないと分からない部分もあるから慎重に選定しよう!

小物の収納性

小物の収納性は非常に大事!容量は大きいけど、小物を収納するポケットがないリュックは非常に使いにくい!

是非購入の際は小物収納のチェックを行うようにしましょう!

ショルダーストラップの快適さ

大容量リュックであれば、荷物がたくさん入る分、重くなり肩に負担をかけることも多いです。

そう考えるとやはり肩への負担を軽減してくれるショルダーパッドの存在は大事ですよね!

クッションが厚くて肩への負担が少ないリュックを選びましょう!

大容量でユーザビリティの高いオススメリュック10選

それでは早速大容量リュックを見ていきましょう!

以下の観点から大容量リュックを評価していきます。今回はメンズ使用を想定してオススメしていきますが、女性でも使えるリュックです!

・ユーザビリティ
・背負い心地
・総合的なオススメ度

ウマたん
ウマたん
それぞれの項目に点数を付けて評価していくよ!

MACHETO(マチェット) travel pack【クローム】

【価格】23000+税
【容量】42L-48L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

機能性の高いリュックブランドと言えば必ず名前が挙がるのがこちらのクローム

非常に奇抜でオシャレなデザインでありながら機能性の高いリュックを展開しているブランドです。

そんなクロームから大容量のリュック「MACHETO(マチェット)」をまずご紹介!

クローム マチェト 全体

トラベルパックと名の付いている通り非常に大容量で使い勝手の最強なリュックです。

キャリーケースのように大きくバッグを開くことができます。

クローム マチェト メインコンパートメントは大きくU字に開く

容量は通常時42Lでマチを広げることで48Lまで拡張されます。

クローム マチェト 側面のマチ

収納可能なショルダーストラップが付いていて、ある時はボストンバッグのように、ある時はバックパックのように背負えます。

クローム マチェト ショルダーハーネスを取り出してバックパック状態に

ただ、ショルダーストラップは収納可能な分、背負いやすさは△。

容量42Lのバックパックのショルダーパッドとしては心もとない印象です。

生地には最強の耐久性を誇るバリスティックナイロンを用いていて、ちょっと雑に扱っても全く破けないでしょう。

詳しくは以下の記事でまとめています!

クローム マチェト
クロームのMACHETO(マチェト)トラベルパックを元アウトドア店員が評価する!当サイト【ウマブロ】の本記事ではクロームの長期旅行に使える大容量バックパック「MACHETO(マチェト)」を元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!耐久性の高い生地使っていて、かつ荷物の収納性も高い、旅行のお供に完璧なバックパックです!...

FORTNIGHT(フォートナイト)【クローム】

【価格】26000+税
【容量】40L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

続いて同じくクロームから「フォートナイト」という大容量リュックをご紹介!

フォートナイトは、ぱっと見そんなに大きなリュックではないのですが実は40Lもある大容量リュックなんです!

メインコンパートメントはU字に大きく開くようになっていて非常にアプローチしやすいです。

前面に取り付けられたフラップに様々なモノを取り付けて運ぶことができます。

デモビデオだとTHE ORPという違うリュックを取り付けています!

詳しくは以下の記事にまとめています!

クローム フォートナイト
元アウトドア店員がクロームのFORTNIGHT(フォートナイト)の魅力に迫る!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームのフォートナイトについて元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!大容量リュックのフォートナイトにはどんな魅力があるのでしょうか?...

URBAN EX ROLLTOP28 【クローム】

【価格】16000+税
【容量】28L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【防水性】
【オススメ度】

クロームが続きます!

ウマたん
ウマたん
クロームはまだまだ認知されていないけど、これから絶対に人気が広がるブランドだよ!

これまで紹介してきたリュックに比べると容量は小さめですが、それでも28Lありますので普段使いであれば十分問題ないでしょう!

クロームは防水性に力を入れていて、リュックの防水レベルを3つに分けています(以下参照)。

レベル1: Water Resistant
都市部での通常使用時に考えられる突然の雨や風から荷物を守る耐水性能を誇るレベル
 
レベル2: Water Proof (Moderate)
いかなる天候においても、大切な荷物を守る防水性能を誇るレベル
 
レベル3: Water Proof (Heavy)
メインのバッグ部分や仕切りが溶着加工し、水の侵入を遮断した完全防水仕様レベル
 

その中でもURBAN EX ROLLTOPシリーズはレベル3に位置付ける最強の防水性を持っています。

クローム URBAN EX ROLLTOP 全体

メインコンパートメントに入れた荷物であれば、例えリュックを川に流しても濡れることはないでしょう。

もし大容量でかつ防水性を求めているという方にはうってつけのリュックになります。

詳しくは以下の記事でまとめています!

クローム URBAN EX ROLLTOP
元アウトドア店員がクロームのURBAN EX ROLLTOPを徹底レビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、クロームのロールトップリュック「URBAN EX ROLLTOP」を元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!URBAN EX ROLLTOPはロールトップリュックの中でも使いやすい!...

スイートピー【ミステリーランチ】

【価格】36000+税
【容量】33L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

ミステリーランチは米軍御用達ブランドで、ユーザビリティ・機能性・耐久性の評判が良い最高のブランドです!大容量のリュックも多く展開しています。

そんなミステリーランチの中でも僕がオススメしたいのは、「スイートピー」!

元々米軍が使用していた「3デイアサルト」をタウンユース用に安くしたタイプです。

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)
¥77,000
(2020/09/28 01:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

33Lと大容量ながらミステリーランチ特有の3ジップアクセスが荷物への容易なアクセスを可能にしています。

ミステリーランチ アーバンアサルト 3ジップアクセス
ミステリーランチ「3ジップアクセスデザイン」の魅力について語りまくる当ブログ【ウマブロ】の本記事では、ミステリーランチの特徴である3ジップデザインについて元アウトドア店員が紹介!また、3ジップデザインを搭載している選りすぐりのミステリーランチリュックをまとめていきますよー!...

またショルダーには「フューチュラヨークシステム」という、背面長を自分にピッタリのサイズに可変することが出来る機能が搭載されており背負い心地抜群!

重い荷物を背負ってても肩への負担は少ないです。

スイートピーに関して詳しくは以下の記事にまとめています!

ミステリーランチ リュック・バッグ
使い心地抜群!ミステリーランチのスイートピーをアウトドア店員がレビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ミステリーランチのハイスペックバックパック「スイートピー」について元アウトドア店員が徹底的にレビューしていきます!スイートピーは3Dayアサルトのスペックをなるべく残し、タウンユース用に価格レンジを下げたタイプ!タウンでも旅行でも使える優れもの!...

クーリー40【ミステリーランチ】

【価格】29000+税
【容量】40L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

こちらのクーリー40はスイートピーと同様に「3ジップアクセス」と「フューチュラヨークシステム」を搭載しています。

ウェストベルトは取り外し自由なので重い荷物を背負う時は取り付けて、それ以外は外しておくと良いでしょう!

生地はスイートピーに比べると弱めのタイプを使っています。

クーリーの良いところは収納ポケットが多いこと!

ミステリーランチの他のリュックに比べると収納スペースが多めに設置されています!

フロントポケットには折り畳み傘や水筒をはじめとした様々な小物を入れることが可能です。

ミステリーランチ クーリー25 側面

クーリーに関しては以下の記事で詳しくまとめています!

圧倒的な使い心地で大人気!ミステリーランチ「クーリー」の評判と魅力に迫る!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ミステリーランチの使い勝手抜群バックパック「クーリー25」について徹底的にレビューしていきます!クーリーはミステリーランチの良いところを詰め込んだ素晴らしいバックパックに仕上がっているんです!...

ミッションローバー【ミステリーランチ】

【価格】25000+税
【容量】43L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

ミッションローバーは、ミステリーランチが展開する大容量トラベルリュック。

3Way仕様なので、ショルダーにもリュックにも手提げバッグにもなります。

メインコンパートメントは中央のジッパーで180度大きく開くことができます。

キャリーケースのように大きくガバっと開けるので荷物を詰め込むのも取り出すのも容易になってるんです。

また、両サイドにディバイダ―がついており、荷物の整理がしやすくなっています。

ディバイダーにはポケットがついているので小物の収納も問題ありません。

ミッションローバーに関しては以下の記事で詳しくまとめています!

元アウトドア店員がミステリーランチの2018年新作「ミッションローバー」を評価する!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ミステリーランチの大容量旅行バックパック「ミッションローバー」について元アウトドア店員がレビューしていきます!ミステリーランチの中でもおすすめの大容量バックパックなんです!...

ビッグショットクラシック【ノースフェイス】

【価格】16000+税
【容量】32L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

ノースフェイスは国内外ともに非常に人気の高いブランド。

機能性もさることながらタウンユースに合わせやすい万人受けするデザインが特徴的です。

ビッグショットはシンプルで使いやすいリュック。

ノースフェイス ビッグショット 全体

32Lの容量でメインコンパートメントも大きくジップが開き容易にアクセスが可能な作りになっています。

ノースフェイス ビッグショット メインコンパートメント

これまで紹介してきたリュックと比較すると価格がリーズナブル!

カビッグ(KABIG)【ノースフェイス】

【価格】22000+税
【容量】41L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

カビッグは、ノースフェイスの展開する使い心地抜群のリュック!

徹底的にユーザビリティにこだわっていて、小物収納スペースには取り出しやすいようにイジェクターというストラップが付いています。

ノースフェイス Kabanのフロントポケット

メインコンパートメントも大きく開きアプローチしやすく、裏地がオレンジになっているので視認性が高く荷物を見つけやすいです!

ウマたん
ウマたん
さすがノースフェイス!ユーザビリティをしっかり考えているね!

カビッグに関しては以下の記事で同じシリーズの「Kaban(カバン)」と共に紹介しているのでよければ見てみてください!

ノースフェイス Kaban
圧倒的な使い心地!ノースフェイス「KABAN(カバン)」の魅力とレビュー!当サイト【ウマブロ】の本記事では、ノースフェイスのユーザビリティ抜群リュック「Kaban」について徹底的にレビューしていきます!ノースフェイスの数あるリュックの中でも最高のリュック!...

SLCツーウェイオーバーナイトデイパック【チャムス】

【価格】16800+税
【容量】35L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

オシャレで可愛いイメージのあるチャムスから35Lの大容量リュック!

シンプルな直方体のリュックで航空機内にギリギリ持ち込めるサイズ感なので旅のお供にもなるでしょう!

メインコンパートメントは大きくU字に開くので中の荷物へアプローチしやすく、小物収納ポケットも多彩!

非常に優秀なリュックです。

コバートケース【アークテリクス】

【価格】32000+税
【容量】40L
【ユーザビリティ】
【背負い心地】
【オススメ度】

アークテリクスはアウトドアブランド界の中でも最高級の機能性を持っているブランドで、他のブランドを寄せ付けない魅力があります。

その分価格は非常に高くなってしまうんですけど。

こちらのコバートケースは、クロームのマチェットやミステリーランチのミッションローバーなどと同じタイプのトラベルリュック。

メインコンパートメントは大きく開くのでアクセスしやすく、全体にパッドが入っていて耐久性が高くなっています。

オススメの大容量リュック まとめ

オススメの大容量リュックを紹介してきました!

個人的に好きなブランドに偏っていますがどれもオススメなリュックなので是非参考にしてみてください!

各ブランドのリュックは以下の記事でまとめていますのでよければ見てみてください!

 
ウマたん
ウマたん
色んなリュックを試してみてね!!

 

 

 

0
ABOUT ME
ウマたん
元アウトドア店員。アウトドアブランドは、KEEN・メレル・ミステリーランチ・ノースフェイスあたりが大好き。 とにかく色んな人にアウトドアを身近に感じてもらえるような情報を発信中